137件中 91 - 100件表示
  • ウォリック・ダン

    ウォリック・ダンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2007年にはアンドレ・アガシ、モハメド・アリ、ランス・アームストロング、ジェフ・ゴードン、ミア・ハム、トニー・ホーク、アンドレア・イエガー、ジャッキー・ジョイナー=カーシー、マリオ・ルミュー、アロンゾ・モーニング、カル・リプケン・ジュニアと共にathlete for HOPEというサイトを立ち上げた。ウォリック・ダン フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・レモン

    グレッグ・レモンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2001年に、レモンは当時ツール・ド・フランスを連覇中であったランス・アームストロングの成功をドーピングの力によるものと示唆し、論争を巻き起こした。グレッグ・レモン フレッシュアイペディアより)

  • ヤロスラフ・ポポヴィッチ

    ヤロスラフ・ポポヴィッチから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2005年、ランス・アームストロング擁するディスカバリーチャンネルへ移籍。ヤロスラフ・ポポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 変速機 (自転車)

    変速機 (自転車)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    一例として、ランス・アームストロングは山岳ステージ用の車両でフロントの変速のみダウンチューブシフターを用いていた。理由は軽量化のためだといわれている。ただし当時すでに競技車両の最低重量が決められており、インテグレーテッドレバーでも最低重量を達成することは可能であったため、今中は験担ぎの可能性を指摘している。変速機 (自転車) フレッシュアイペディアより)

  • ネバダシティ (カリフォルニア州)

    ネバダシティ (カリフォルニア州)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ネバダシティ・クラッシクは1960年に始まったプロの自転車レースであり、通常は父の日に行われ、数千人の観光客を集めている。2009年6月ではランス・アームストロングが優勝した。ネバダシティ (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ゴルスキー

    マーク・ゴルスキーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    その後程なくして現役を引退。引退後は全米自転車連盟(USCF)の評議委員に選出され、また、アメリカナショナルチームの監督も歴任した。1999年より、USポスタルサービスチームのレース監督に就任。丁度この年から、チームの一員であったランス・アームストロングがツール・ド・フランスにおける7連覇の第一歩を踏み出したが、ゴルスキーの下で、アームストロングは4回のツール総合優勝を果たした。マーク・ゴルスキー フレッシュアイペディアより)

  • リシャール・ヴィランク

    リシャール・ヴィランクから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2003年、クイックステップに移籍。この年のツールでは、第7ステージを制し、総合首位にも立った。しかし続くラルプ・デュエズがゴールの第8ステージにおいて、区間優勝のイバン・マヨに遅れること9分29秒差の35位と大敗し、マイヨ・ジョーヌは総合5連覇を狙うランス・アームストロングへと移動した。しかし、4年ぶりに山岳賞を獲得し、ついにフェデリコ・バーモンテス、ルシアン・バンインプとタイ記録となる6度目の受賞となった。リシャール・ヴィランク フレッシュアイペディアより)

  • クリスティン・アームストロング

    クリスティン・アームストロングから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    アイダホ大学・スポーツ心理学部卒業。なお、男子ロードのランス・アームストロングとは親戚関係はない(ランスの元妻と同名であるがまったくの別人である)。元はトライアスロン選手で、2001年に、変形性関節症を患ったことを契機に自転車競技選手に転身した。クリスティン・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • LIVESTRONG

    LIVESTRONGから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    LIVESTRONG(リブストロング財団(英語:LIVESTRONG Foundation))は、生存者のランス・アームストロングにより1997年に設立された、アメリカ合衆国の非営利団体。LIVESTRONG フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・パンターニ

    マルコ・パンターニから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    そして2000年のジロ・デ・イタリアで復帰。総合優勝を遂げたステファノ・ガルゼッリのアシストを積極的に努め、自分も総合28位に入り、復活をアピールした。しかしツール・ド・フランスではランス・アームストロングの前に苦戦。それでも難峰モン・ヴァントゥがゴールに設定された第11ステージでアームストロングとの一騎打ちを制して優勝するなどの見せ場を作り、ステージ2勝を挙げるが、結局途中棄権。シドニーオリンピックでも69位に沈んだ。マルコ・パンターニ フレッシュアイペディアより)

137件中 91 - 100件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード