141件中 91 - 100件表示
  • ジロ・デ・イタリア 2009

    ジロ・デ・イタリア 2009から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    前年覇者のアルベルト・コンタドールはツール・ド・フランスに備えるため欠場となったが、電撃復帰を果たしてジロ初参加となるツール7連覇の巨人ランス・アームストロングがリーヴァイ・ライプハイマーをアシストするという重厚な布陣でアスタナ・チームはチーム連覇を狙う。さらにダニーロ・ディルーカ(2007)、出場停止から復活のイヴァン・バッソ(2006)、2年ぶりのジロ参戦となるダミアーノ・クネゴ(2004)、「最後のジロになるかも知れない。」と語ったジルベルト・シモーニ(2001・2003)、ステファノ・ガルゼッリ(2000)と過去のジロ優勝者も集結。他にも、昨年総合4位のフランコ・ペッリツォッティ、2008年ツール覇者のカルロス・サストレ、2005、2007年ブエルタ覇者のデニス・メンショフなど100周年ジロにふさわしい強力なメンバーがマリア・ローザを争うこととなった。2008年、一気に頭角を現してきたマーク・カヴェンディッシュとこちらも出場停止から復帰してきたアレッサンドロ・ペタッキの新旧スプリンター対決にも注目が集まる。ジロ・デ・イタリア 2009 フレッシュアイペディアより)

  • ミラノ〜サンレモ2009

    ミラノ〜サンレモ2009から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    なお、ランス・アームストロングも出場。125位でゴールした。ミラノ〜サンレモ2009 フレッシュアイペディアより)

  • ネバダシティ (カリフォルニア州)

    ネバダシティ (カリフォルニア州)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ネバダシティ・クラシックは1960年に始まったプロの自転車レースであり、通常は父の日に行われ、数千人の観光客を集めている。2009年6月ではランス・アームストロングが優勝した。ネバダシティ (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • シェリル・クロウ

    シェリル・クロウから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2006年8月23日、CNNの『ラリー・キング・ライブ』に出演。この番組で彼女は再起、ランス・アームストロングとの破局、マイケル・ジャクソンのバックアップ・シンガーとしての過去、乳癌克服の経験について語った。シェリル・クロウ フレッシュアイペディアより)

  • エディ・メルクス

    エディ・メルクスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    選手のドーピングに関しては厳しい非難をしているが、ランス・アームストロングが薬物使用を疑われたときには、真っ先に擁護した(しかしデビュー当時のランスはメルクスのことを知らず、所属していたモトローラチームが使用していたフレームの「Eddy Merckx」のロゴを見て、「エディ・マークス(メルクスの英語読み)って誰だい?」と発言し「“カンピオニッシモ”エディ・メルクスを知らないとは」と周囲を驚かせた)。エディ・メルクス フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・パンターニ

    マルコ・パンターニから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    そして2000年のジロ・デ・イタリアで復帰。総合優勝を遂げたステファノ・ガルゼッリのアシストを積極的に努め、自分も総合28位に入り、復活をアピールした。しかしツール・ド・フランスではランス・アームストロングの前に苦戦。それでも難峰モン・ヴァントゥがゴールに設定された第11ステージでアームストロングとの一騎討ちを制して優勝するなどの見せ場を作り、ステージ2勝を挙げるが、結局途中棄権。シドニーオリンピックでも69位に沈んだ。マルコ・パンターニ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・チポリーニ

    マリオ・チポリーニから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    正反対の性格にもかかわらずマルコ・パンターニとは大親友だった。彼の死を知った時には「言葉が見つからない」と言ったきり絶句。葬儀を終えた後にも「僕はこれからもたくさん勝ちたい。これから勝利するたび、僕が勝っただけでなく、彼も、マルコも、勝ったと感じるだろう」という発言をしており、二人の間に強い絆があったことを感じさせた。また、パンターニはランス・アームストロングを嫌っていたが、チポリーニはランスとも仲がよく、チポリーニがジロの最多区間優勝記録を塗り替えたときはランスがお祝いのコメントを贈り、2003年にチポリーニのチームがツールに招待されなかったことに対し、ランスは「100周年記念大会に彼が招待されないのはおかしい」と主催者を批判した。マリオ・チポリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ルディー・ダーネンス

    ルディー・ダーネンスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1990年世界選手権で一緒に逃げ切って2位になったディルク・デヴォルフは2010年現在ベルギーのUCIプロチーム、オメガファルマ・ロットの助監督を務める。同じく1990年のベルギー代表チームの一員だったヨハン・ブリュイネールは後のランス・アームストロングのドーピングによる偽りの『ツール・ド・フランス7連覇』の際の監督だった。ルディー・ダーネンス フレッシュアイペディアより)

  • レイモン・プリドール

    レイモン・プリドールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランスに14回出場、そのうち12回完走し、総合2位3回、総合3位5回の好成績を収めるも一度も優勝できなかった(付け加えると、ただの1日もマイヨジョーヌを着用することもできなかった)ことから「永遠の二番手」と呼ばれた。プリドールは選手として十分な才能を持ちながらも、不運なことにジャック・アンクティルとエディ・メルクスという二人の傑出した名選手と同時代に活動した為に「永遠の二番手」に甘んじることとなった。しかし、ツール表彰台8回はランス・アームストロングと並んで史上最多である。レイモン・プリドール フレッシュアイペディアより)

  • シリル・ギマール

    シリル・ギマールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    またギマールは、1979年のジュニア世界自転車選手権の個人ロードレースで優勝したアメリカ人のグレッグ・レモンの才能を見出し、1981年にルノー・ジタン(ジタン・カンパーニョロの後身チーム名)入りさせた。その後のレモンの活躍ぶりは承知の通りであろう。この他にも、最後のスーパープレスティージュ受賞に輝いたシャーリー・モテ、マルク・マディオらを輩出し、さらにコフィディスの監督を務めていた1997年にはランス・アームストロングが選手の一員として加わっていた。シリル・ギマール フレッシュアイペディアより)

141件中 91 - 100件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード