141件中 11 - 20件表示
  • ヨハン・ブリュイネール

    ヨハン・ブリュイネールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1999年から2007年まで、ディスカバリーチャンネル(2004年まではUSポスタルサービス)のチームディレクターを務め、ランス・アームストロングのツール・ド・フランス総合7連覇(1999年?2005年)をもたらし、また、2007年と2009年のツール・ド・フランスではアルベルト・コンタドールが優勝し、合計9回のツール・ド・フランス総合優勝をもたらした人物とされていたが、1999年?2005年の7回については後にドーピング問題により取り消された。ヨハン・ブリュイネール フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果

    ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    3年連続となるチームTTで今ジロは開幕。第1走者としてスタートしたチーム・コロンビア=ハイロードが最速タイムを叩き出して優勝。チーム・コロンビア=ハイロードの先頭でゴールしたマーク・カヴェンディッシュがマリア・ローザを獲得した。(マリア・ビアンカも同時に獲得。)チームTT連覇を狙ったガーミン・スリップストリームは6秒差の2位。ランス・アームストロングの現役復帰で注目を集めるアスタナは13秒差の3位に終わった。ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ウルリッヒ

    ヤン・ウルリッヒから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2000年のツール・ド・フランスでは1999年優勝者のランス・アームストロングとの対決が注目されたが、ランスの前に歯が立たず、総合2位となった。しかしシドニーオリンピックではその鬱憤を晴らすように、個人ロードレースで金メダル、個人タイムトライアルで銀メダルを獲得する大活躍を見せた。ヤン・ウルリッヒ フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    パリ?ルーベ・エスポワールやジロ・デッラ・ヴァッレ・ダ・アオスタでの活躍により、2005年にはランス・アームストロングも所属したチームディスカバリーチャンネルへと2年契約で移籍した(その後、さらに契約を1年更新し2007年も同チームに所属)。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンチョッパー

    アメリカンチョッパーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ランス・アームストロングのバイク(このバイクの製作をきっかけとして、当時ディスカバリーチャンネルサイクルチームに所属していたランス・アームストロングとチャンネルのブランディングCMでの共演が実現した)アメリカンチョッパー フレッシュアイペディアより)

  • フロイド・ランディス

    フロイド・ランディスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    厳格なメノナイトの家庭に生まれる。1999年にマーキュリー・サイクリングチームとプロ契約。2002年からUSポスタル・サービス・チームに移籍しランス・アームストロングのアシストとして活躍した。その後2005年にフォナック・ヒアリングシステムに移籍。ツール・ド・フランス2006で総合優勝したが、その後発覚したドーピング疑惑によりタイトルを剥奪された。フロイド・ランディス フレッシュアイペディアより)

  • タイラー・ハミルトン

    タイラー・ハミルトンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    USポスタルには2001年まで在籍し、2000年にドーフィネ・リベレで総合優勝を飾ったが、主にランス・アームストロングのアシストを務めた。タイラー・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • アシスト (自転車競技)

    アシスト (自転車競技)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    アシストの人数が増えることによって、より複雑な戦略が可能となる(下記参照)。アシストがレースを完走することは、その役割を全うことに比べれば重要視されない。アシストは、エディ・メルクス、ベルナール・イノー、ミゲル・インドゥライン、ランス・アームストロングといったエースたちのように、栄誉を共有することはない。しかし、自分自身の栄光を勝ち取ることができる。ジャック・アンクティルをアシストしたルシアン・エマールはツール・ド・フランス1966で総合優勝しており、またツール・ド・フランス1985でベルナール・イノーのアシストをしたグレッグ・レモンは翌年のツール・ド・フランス1986で総合優勝した。2012年にブラッドリー・ウィギンスをサポートしたクリス・フルームも翌年に栄冠を得ている。アシスト (自転車競技) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ヒンカピー

    ジョージ・ヒンカピーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランスに1996年から2012年まで17年連続して出場し、ランス・アームストロングの1999年から2005年の7連覇全てをアシストした唯一の選手であり、2007年のアルベルト・コンタドールの総合優勝と、2011年のカデル・エヴァンスの総合優勝でもアシストとして貢献した。また、1998年と2006年そして2009年にもアメリカ選手権を制した実力者。パリ〜ルーベやロンド・ファン・フラーンデレンといったクラシックレースでもたびたび上位に入っており、ワンデーレースも得意とする。ジョージ・ヒンカピー フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア 2010

    ジロ・デ・イタリア 2010から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    昨年ジロ初出場で注目を集めたランス・アームストロング(チーム・レディオシャック)も、前述の通り同時期に開催されるツアー・オブ・カリフォルニアへの出場を早々と表明し、ジロは欠場。結局チーム・レディオシャックはチーム自体が招待されなかった。ジロ・デ・イタリア 2010 フレッシュアイペディアより)

141件中 11 - 20件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード