137件中 11 - 20件表示
  • ツール・ド・フランス

    ツール・ド・フランスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1990年代前半にはミゲル・インドゥラインが史上初の5連覇を達成。2000年代にはランス・アームストロングが7連覇を達成したが、2012年にドーピングによるものであるとして剥奪された。ツール・ド・フランス フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    アメリカ反ドーピング機関は自転車競技選手のランス・アームストロングをドーピング違反で告発した。アームストロングは否定している。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ウルリッヒ

    ヤン・ウルリッヒから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2000年のツール・ド・フランスでは1999年優勝者のランス・アームストロングとの対決が注目されたが、ランスの前に歯が立たず、総合2位となった。しかしシドニーオリンピックではその鬱憤を晴らすように、個人ロードレースで金メダル、個人タイムトライアルで銀メダルを獲得する大活躍を見せた。ヤン・ウルリッヒ フレッシュアイペディアより)

  • ラルプ・デュエズ

    ラルプ・デュエズから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    頂上までに全部で21のカーブがあり、それぞれのカーブにはステージ優勝者の名前入りパネルが立てられているが、そこにはファウスト・コッピ、ベルナール・イノー、マルコ・パンターニ、ランス・アームストロングなど、そうそうたる面々が名を連ねている。ラルプ・デュエズ フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果

    ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    前日に引き続き平坦基調のコースレイアウト。序盤からルーベン・ペレス(エウスカルテル)、サミュエル・デュムラン(コフィディス)、マキシム・ブエ(アグリテュベル)、クン・デコルト(スキル・シマノ)の4人が逃げる展開に。一時13分近い大差をつけられた集団だが、サクソバンクのペースアップで徐々に差を縮めていく。逃げとの差が1分半前後になった辺りで横風区間に突入。ここでチーム・コロンビア=HTCの牽きで集団が二つに分断。チーム・コロンビア=HTCの選手以外で、総合争いの選手ではマイヨ・ジョーヌのファビアン・カンチェラーラやランス・アームストロング(アスタナ)など、有力スプリンターではトル・フースホフト(サーヴェロ・テストチーム)、その他別府史之らスキル・シマノの大半の選手などは28人の先頭集団に残ったが、アルベルト・コンタドール(アスタナ)やその他総合争いやスプリンターの有力選手の大半は後方集団に取り残されてしまう。結局先頭集団が後続集団に差をつけてゴールスプリントに突入。昨日に続いてマーク・カヴェンディッシュが付き位置にポジショニングして有利なはずだったフースホフトを寄せ付けずに圧勝してステージ2連勝、もちろんマイヨ・ヴェールもキープしている。カンチェラーラも問題なくマイヨ・ジョーヌをキープ。別府はステージ3位に入ったシリル・ルモワーヌをアシストしつつ、自身も8位でフィニッシュ。2日連続で日本人選手がステージトップ10に食い込んだ。後続集団は大半の選手が41秒遅れでフィニッシュ。総合争いではアームストロングがじわり総合3位に浮上。また先頭集団でゴールしたトニー・マルティン(チーム・コロンビア=HTC)がマイヨ・ブランを奪取した。マイヨ・グランペールは動きなし。また逃げ吸収後も先頭集団で踏ん張り、最後のゴールスプリントに参加して4位に入ったデュムランが敢闘賞を獲得した。ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の自転車競技

    2010年の自転車競技から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    UCIとアメリカアンチドーピング機構(WADA)は、フロイド・ランディスが、ランス・アームストロングとヨハン・ブリュイネールがドーピングに関与していたとの含みをもたせた発言を行ったことに対し、見解を表明した。UCIは、ランディスが求める、2人に対するドーピングテストの要望を却下。2010年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の自転車競技

    2009年の自転車競技から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1月18日……前人未到のツール・ド・フランス総合7連覇達成者・ランス・アームストロング(アメリカ)が、同日開幕のツアー・ダウンアンダーにおいて、約3年半ぶりに実戦復帰。初日ダウンアンダー・クラシックは64位。2009年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア 2010

    ジロ・デ・イタリア 2010から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    昨年ジロ初出場で注目を集めたランス・アームストロング(チーム・レディオシャック)も、前述の通り同時期に開催されるツアー・オブ・カリフォルニアへの出場を早々と表明し、ジロは欠場。結局チーム・レディオシャックはチーム自体が招待されなかった。ジロ・デ・イタリア 2010 フレッシュアイペディアより)

  • アシスト (自転車競技)

    アシスト (自転車競技)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    アシストの人数が増えると、より複雑な戦略が可能となる(下記参照)。アシストが完走することは、その役割よりも重要ではない。アシストは、エディ・メルクス、ベルナール・イノー、ミゲル・インドゥライン、ランス・アームストロングといったエースの栄光を共有することはないが、自身の栄光を得ることができる。ジャック・アンクティルをアシストしたルシアン・エマールはツール・ド・フランス1966で総合優勝した。グレッグ・レモンは、ツール・ド・フランス1985でベルナール・イノーのアシストをした翌年ツール・ド・フランス1986で総合優勝した。作家のロジャー・セント・ピエールは次のように語った:アシスト (自転車競技) フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2009

    ツール・ド・フランス2009から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    チームのドーピング問題の影響で昨年のツールに出場できなかった2007年覇者アルベルト・コンタドール(アスタナ)が2年ぶりに参戦。4年ぶりカムバックのツール7連覇の巨人ランス・アームストロングを筆頭にリーヴァイ・ライプハイマー、アンドレアス・クレーデンなど錚々たるメンバーのアシストを受けてマイヨ・ジョーヌの奪回を目指す。昨年の覇者カルロス・サストレは新チームサーヴェロ・テストチームに移籍して心機一転、連覇を狙う。ツール・ド・フランス2009 フレッシュアイペディアより)

137件中 11 - 20件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード