137件中 21 - 30件表示
  • フロイド・ランディス

    フロイド・ランディスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    厳格なメノナイトの家庭に生まれる。1999年にマーキュリー・サイクリングチームとプロ契約。2002年からUSポスタル・サービス・チームに移籍しランス・アームストロングのアシストとして活躍した。その後2005年にフォナック・ヒアリングシステムに移籍。ツール・ド・フランス2006で総合優勝したが、その後発覚したドーピング疑惑によりタイトルを剥奪された。フロイド・ランディス フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア 2009 第12-第21ステージ結果

    ジロ・デ・イタリア 2009 第12-第21ステージ結果から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ネローネ峠、カトリア峠の両1級山岳をこなした後に、ペトラーノ峠への山頂ゴールという今ジロ屈指の難関山岳ステージ。20km過ぎからヤロスラフ・ポポヴィッチ(アスタナ)、ダミアーノ・クネゴ(ランプレ)、ガブリエーレ・ボジージオ(LPR・ブレークス)らの有力選手を含む20人の逃げ集団がレースを引っ張る展開となった。ネローネ峠通過後の小さな峠の下りで、クネゴ、ボジージオが抜け出し、ポポヴィッチが追う形となってカトリア峠の上りをこなす。頂上手前の残り約20km地点で2人に追いついたポポヴィッチが、下りで一気に加速。独走でペトラーノ峠に突入。20秒差でクネゴが食い下がり、メイン集団とは5分近い大差がつく展開となった。ペトラーノ峠の上りに入っても、ポポヴィッチの単独走行は続いたが、後続の総合上位陣が徐々に追い上げにかかった。イヴァン・バッソ(リクイガス)、カルロス・サストレ(サーヴェロ・テストチーム)、ダニーロ・ディルーカ(LPR・ブレークス)の相次ぐアタックで集団はマリア・ローザのデニス・メンショフ(ラボバンク)、ディルーカ、サストレ、バッソの4人に絞られる。逆にリーヴァイ・ライプハイマー(アスタナ)は大きく遅れてしまう。集団の中から、サストレが残り約6.5km付近で再アタック。失速したクネゴをパスしてポポヴィッチを追いかける。これに対して、バッソが単独でサストレを追うが、メンショフ、ディルーカは協調してサストレを追いかける。しかしサストレの勢いは止まらず、残り2km付近でついにポポヴィッチを捕らえて先頭に立ち、そのまま押し切って7時間11分54秒のタイムで見事にステージ優勝。後続は残り150mで一気に加速したメンショフがサストレから25秒差の2位、3位に26秒差でディルーカ、4位に29秒差でバッソが入った。総合首位のメンショフは2位のディルーカに対して1秒差+ボーナスタイム差4秒をつけることに成功し、両者のタイム差は39秒に開いた。またサストレがメンショフに対し2分19秒差の総合3位に浮上、逆にライプハイマーはランス・アームストロングの懸命のアシストも実らず2分51秒遅れのステージ11位に終わり、3分21秒差の総合6位に後退。また、カトリア峠でメイン集団から脱落したマリア・ビアンカのトーマス・ルヴクヴィスト(チーム・コロンビア=ハイロード)は24分46秒遅れのステージ62位と惨敗。総合24位まで後退してマリア・ビアンカも手放した。代わって3分2秒遅れのステージ16位に入ったケヴィン・セールドラーイエルス(クイックステップ)がマリア・ビアンカを獲得している。ジロ・デ・イタリア 2009 第12-第21ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオシャック

    ラジオシャックから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2002年から2006年まで、テキサス・モーター・スピードウェイで開催された NASCAR スプリントカップ・シリーズのレースのスポンサーを務めた。2009年、ランス・アームストロングとヨハン・ブリュイネールを擁する新たな自転車競技チームであるチーム・レディオシャックのメインスポンサーとなった。ラジオシャック フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・カンチェラーラ

    ファビアン・カンチェラーラから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2004年は再びスイス選手権のタイムトライアルで優勝したほか、ツール・ド・フランスプロローグの個人タイムトライアルでランス・アームストロングに2秒差をつけて勝利。グランツールでも初のステージ優勝を果たす。ファビアン・カンチェラーラ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ヒンカピー

    ジョージ・ヒンカピーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランスに1996年から2012年まで17年連続して出場し、ランス・アームストロングの1999年から2005年の7連覇全てをアシストした唯一の選手であり、2007年のアルベルト・コンタドールの総合優勝と、2011年のカデル・エヴァンスの総合優勝でもアシストとして貢献した。また、1998年と2006年そして2009年にもアメリカ選手権を制した実力者。パリ〜ルーベやロンド・ファン・フラーンデレンといったクラシックレースでもたびたび上位に入っており、ワンデーレースも得意とする。ジョージ・ヒンカピー フレッシュアイペディアより)

  • タイラー・ハミルトン

    タイラー・ハミルトンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    USポスタルには2001年まで在籍し、2000年にドーフィネ・リベレで総合優勝を飾ったが、主にランス・アームストロングのアシストを務めた。タイラー・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • マイヨ・アルカンシエル

    マイヨ・アルカンシエルから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ランス・アームストロング……1993年に優勝したが、3年後に癌を発病。マイヨ・アルカンシエル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンチョッパー

    アメリカンチョッパーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ランス・アームストロングのバイク(このバイクの製作をきっかけとして、当時ディスカバリーチャンネルサイクルチームに所属していたランス・アームストロングとチャンネルのブランディングCMでの共演が実現した)アメリカンチョッパー フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の自転車競技

    1971年の自転車競技から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    9月18日 - ランス・アームストロング (、ロードレース選手)1971年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • ミラノ〜サンレモ2009

    ミラノ〜サンレモ2009から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    なお、ランス・アームストロングも出場。125位でゴールした。ミラノ〜サンレモ2009 フレッシュアイペディアより)

137件中 21 - 30件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード