141件中 21 - 30件表示
  • ジロ・デ・イタリア 2009 第12-第21ステージ結果

    ジロ・デ・イタリア 2009 第12-第21ステージ結果から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ネローネ峠、カトリア峠の両1級山岳をこなした後に、ペトラーノ峠への山頂ゴールという今ジロ屈指の難関山岳ステージ。20km過ぎからヤロスラフ・ポポヴィッチ(アスタナ)、ダミアーノ・クネゴ(ランプレ)、ガブリエーレ・ボジージオ(LPR・ブレークス)らの有力選手を含む20人の逃げ集団がレースを引っ張る展開となった。ネローネ峠通過後の小さな峠の下りで、クネゴ、ボジージオが抜け出し、ポポヴィッチが追う形となってカトリア峠の上りをこなす。頂上手前の残り約20km地点で2人に追いついたポポヴィッチが、下りで一気に加速。独走でペトラーノ峠に突入。20秒差でクネゴが食い下がり、メイン集団とは5分近い大差がつく展開となった。ペトラーノ峠の上りに入っても、ポポヴィッチの単独走行は続いたが、後続の総合上位陣が徐々に追い上げにかかった。イヴァン・バッソ(リクイガス)、カルロス・サストレ(サーヴェロ・テストチーム)、ダニーロ・ディルーカ(LPR・ブレークス)の相次ぐアタックで集団はマリア・ローザのデニス・メンショフ(ラボバンク)、ディルーカ、サストレ、バッソの4人に絞られる。逆にリーヴァイ・ライプハイマー(アスタナ)は大きく遅れてしまう。集団の中から、サストレが残り約6.5km付近で再アタック。失速したクネゴをパスしてポポヴィッチを追いかける。これに対して、バッソが単独でサストレを追ったが、メンショフ、ディルーカは協調してサストレを追いかける。しかしサストレの勢いは止まらず、残り2km付近でついにポポヴィッチを捕らえて先頭に立ち、そのまま押し切って7時間11分54秒のタイムで見事にステージ優勝。後続は残り150mで一気に加速したメンショフがサストレから25秒差の2位、3位に26秒差でディルーカ、4位に29秒差でバッソが入った。総合首位のメンショフは2位のディルーカに対して1秒差+ボーナスタイム差4秒をつけることに成功し、両者のタイム差は39秒に開いた。またサストレがメンショフに対し2分19秒差の総合3位に浮上、逆にライプハイマーはランス・アームストロングの懸命のアシストも実らず2分51秒遅れのステージ11位に終わり、3分21秒差の総合6位に後退。また、カトリア峠でメイン集団から脱落したマリア・ビアンカのトーマス・ルヴクヴィスト(チーム・コロンビア=ハイロード)は24分46秒遅れのステージ62位と惨敗。総合24位まで後退してマリア・ビアンカも手放した。代わって3分2秒遅れのステージ16位に入ったケヴィン・セールドラーイエルス(クイックステップ)がマリア・ビアンカを獲得している。ジロ・デ・イタリア 2009 第12-第21ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオシャック

    ラジオシャックから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2002年から2006年まで、テキサス・モーター・スピードウェイで開催された NASCAR スプリントカップ・シリーズのレースのスポンサーを務めた。2009年、ランス・アームストロングとヨハン・ブリュイネールを擁する新たな自転車競技チームであるチーム・レディオシャックのメインスポンサーとなった。ラジオシャック フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の自転車競技

    2009年の自転車競技から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1月18日……前人未到のツール・ド・フランス総合7連覇達成者・ランス・アームストロング(アメリカ)が、同日開幕のツアー・ダウンアンダーにおいて、約3年半ぶりに実戦復帰。初日ダウンアンダー・クラシックは64位。2009年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • ラルプ・デュエズ

    ラルプ・デュエズから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    現在、登坂記録の1?5位はマルコ・パンターニが1、3、5位、ランス・アームストロングが2、4位でちょうど交互に並ぶ形になっている。また1位と2位の差、3位と4位の差がそれぞれ1秒ずつ(各々37分35秒と36秒、38分00秒と01秒)である。ラルプ・デュエズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    6月に米国反ドーピング機関から告発されていたランス・アームストロングの関係者3人がドーピングに関わっていたとして、同機関は3人を永久追放処分とした。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・カンチェラーラ

    ファビアン・カンチェラーラから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2004年は再びスイス選手権のタイムトライアルで優勝したほか、ツール・ド・フランスプロローグの個人タイムトライアルでランス・アームストロングに2秒差をつけて勝利。グランツールでも初のステージ優勝を果たす。ファビアン・カンチェラーラ フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2009

    ツール・ド・フランス2009から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    チームのドーピング問題の影響で昨年のツールに出場できなかった2007年覇者アルベルト・コンタドール(アスタナ)が2年ぶりに参戦。4年ぶりカムバックのツール7連覇の巨人ランス・アームストロングを筆頭にリーヴァイ・ライプハイマー、アンドレアス・クレーデンなど錚々たるメンバーのアシストを受けてマイヨ・ジョーヌの奪回を目指す。昨年の覇者カルロス・サストレは新チームサーヴェロ・テストチームに移籍して心機一転、連覇を狙う。ツール・ド・フランス2009 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・マッカートニー

    ジェイソン・マッカートニーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2005年、ランス・アームストロングを擁し、ヨハン・ブリュイネール率いるディスカバリーチャンネルに移籍。ジェイソン・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・ルビエラ

    ホセ・ルイス・ルビエラから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1996年から2000年までケルメに移籍した後、2001年から2007年まで、USポスタルサービス及びディスカバリーチャンネルに在籍。ランス・アームストロングの代表的ペロトンとして、とりわけ山岳コースで力強い走りを見せた。ホセ・ルイス・ルビエラ フレッシュアイペディアより)

  • コンパクトクランク

    コンパクトクランクから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ランス・アームストロングが軽いギア比で回転数を上げる走法によりツール・ド・フランスで華々しい活躍を見せるようになると、こうした走法の合理性が幅広く認識されると共に、52t-42tのような大きなギアが標準とされることが疑問視され始めた。こうした大きなギアを毎分90回転以上で回せるのは、プロの競技者かそれに近い身体能力を持つハイ・アマチュアだけで、他の多くの愛好家にとっては不要なだけでなく、ロードバイク愛好者の幅が広がり、従来山岳コースやヒルクライム競技に参加していた小柄な(概ね体重60キロ台中盤まで)人々だけではなく、80キロを超える人々もロードバイクに乗るようになったため、さらに従来のインナーギアの大きさが問題視されるようになった。コンパクトクランク フレッシュアイペディアより)

141件中 21 - 30件表示