141件中 31 - 40件表示
  • スポーツセンター

    スポーツセンターから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ESPNの看板番組ということもあり、同番組のCMには過去にタイガー・ウッズ、コービー・ブライアント、ペイトン・マニングとイーライ・マニング兄弟、ランス・アームストロングなど、米国内の有名スポーツ選手が数多く出演している(詳細はThis is SportsCenterを参照)。その中で日本人として唯一、2006年に小林尊が同番組のCMに出演を果たしている。スポーツセンター フレッシュアイペディアより)

  • エクステラ

    エクステラから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    チャンピオンシップは、通常スイム1.5km・MTB30km・ラン11kmで競われる。特に2011年度は、ランス・アームストロングの参戦もあり、今まで以上に多くのメディアに注目された。エクステラ フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ファンヒュメル

    ケニー・ファンヒュメルから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    スプリンターである彼は、山岳ステージを大の苦手としており、2009年にツール・ド・フランスに初出場すると、第2ステージ最初の3級山岳にて、最初に集団から離され、山に対する弱さが浮き彫りになった。しかし山岳コースを苦手とするスプリンタータイプの選手が何人かリタイアする中、ピレネー、アルプスの両山岳ステージにおいて、収容車に追われながらも常に制限時間すれすれでゴールした。両方とも100km以上をグルペットにも入れず個人タイムトライアル状態でゴールするという体力的には非常に厳しい状態であった。フランスのスポーツ紙・レキップから『史上最悪のクライマー』と皮肉混じりに取り上げられる一方で、僚友の別府史之はツイッターでファンヒュメルを「超人」と賞賛し、ランス・アームストロングもこれに賛同した。ケニー・ファンヒュメル フレッシュアイペディアより)

  • アクセル・メルクス

    アクセル・メルクスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2009年からはランス・アームストロングが創設したU-23を対象とした若手育成チーム「TREK-Livestrong U-23」の監督に就任。アクセル・メルクス フレッシュアイペディアより)

  • デニス・メンショフ

    デニス・メンショフから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2009年ジロ総合優勝について、こんなに嬉しい勝利は初めてで、自分のキャリアの中で最大の勝利であると述べている。その理由として、100周年という記念すべき大会でありメディアの注目度も高く、ハイレベルの選手が多数参加していたことを挙げているが、「10年間で初めて、メジャーレースでランス・アームストロングを負かしたしね(笑)」とも。デニス・メンショフ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・クレーデン

    アンドレアス・クレーデンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    シドニーオリンピック後はしばらくビッグタイトルとは縁がなくなり、アシストとして走る日々が続いた。ところが2004年のツール・ド・フランスでは山岳ステージで快走し、得意のタイムトライアルでイヴァン・バッソを逆転、エースのウルリッヒが4位に終わったのとは対照的に、ランス・アームストロングに続く総合2位に入った。さらにツール・ド・フランスの直前に行われた同年のドイツ選手権でも個人ロードレース部門を制覇し、再び世間から注目を浴びるようになる。アンドレアス・クレーデン フレッシュアイペディアより)

  • UCI・ロードワールドランキングス

    UCI・ロードワールドランキングスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    しかし、例えばツール・ド・フランスの連覇を毎年更新していたランス・アームストロングが、レース出走回数が少ないことなどの要因も重なってトップに立つケースがほとんどないといった弊害(アームストロングが1位になったのは2001年7月1日〜9月29日の期間のみ)が表面化。さらに次第にワールドカップと似通ったランキングとなっていったこともあり、2004年限りでワールドカップ共々廃止。2005年にUCIプロツアーを導入することになった。UCI・ロードワールドランキングス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ルデュック

    アンドレ・ルデュックから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1939年に引退。ツールの区間通算25勝はランス・アームストロングと並んで歴代3位である。アンドレ・ルデュック フレッシュアイペディアより)

  • ロンド・ファン・フラーンデレン2010

    ロンド・ファン・フラーンデレン2010から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    前年覇者で3連覇を狙ったステイン・デヴォルデルは2分35秒遅れの25位、今季初のクラシックレース出場で注目を集めたランス・アームストロングも同タイムの27位だった。ロンド・ファン・フラーンデレン2010 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・レディオシャック

    チーム・レディオシャックから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    過去にツール・ド・フランスで前人未到の7連覇をしたランス・アームストロングが2009年シーズンをもってアスタナのバイクがスペシャライズドになるためチームを離れたことによって創設されたプロチームである。チーム・レディオシャック フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示