137件中 31 - 40件表示
  • ロンド・ファン・フラーンデレン2010

    ロンド・ファン・フラーンデレン2010から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    前年覇者で3連覇を狙ったステイン・デヴォルデルは2分35秒遅れの25位、今季初のクラシックレース出場で注目を集めたランス・アームストロングも同タイムの27位だった。ロンド・ファン・フラーンデレン2010 フレッシュアイペディアより)

  • シリル・ギマール

    シリル・ギマールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    またギマールは、1979年のジュニア世界自転車選手権の個人ロードレースで優勝したアメリカ人のグレッグ・レモンの才能を見出し、1981年にルノー・ジタン(ジタン・カンパーニョロの後身チーム名)入りさせた。その後のレモンの活躍ぶりは承知の通りであろう。この他にも、最後のスーパープレスティージュ受賞に輝いたシャーリー・モテ、マルク・マディオらを輩出し、さらにコフィディスの監督を務めていた1997年にはランス・アームストロングが選手の一員として加わっていた。シリル・ギマール フレッシュアイペディアより)

  • イバン・マヨ

    イバン・マヨから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2002年にはブエルタ・ア・エスパーニャ総合5位の成績を収め、2003年にツール・ド・フランスにおいてラルプ・デュエズ峠を含むステージで自身初のステージ優勝を飾り総合6位と健闘する。このため、ポストランス・アームストロングの最有力候補とも囁かれることとなった。  イバン・マヨ フレッシュアイペディアより)

  • UCI・ロードワールドカップ

    UCI・ロードワールドカップから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    この制度に関する問題点はUCIプロツアーの項目で詳しく述べられているが、要はドーピング問題が顕著化するにつれてロードレースの人気が下火になってきたことや、ランス・アームストロングなどのトップ選手が例えば、ツール・ド・フランスに照準を合わせるため、他の出場レースにはさほど力を入れてこなくなったことで、真の意味での年間表彰制度に値しなくなったことが挙げられよう。また、UCIが独自に考案したワールドランキングスとの兼ね合いの問題から、クラシックレースだけしか対象にできなかったことについても問題があったと考えられる。UCI・ロードワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ペダル (自転車)

    ペダル (自転車)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ペダルはサドル、シューズに次いで選手の好みが分かれるパーツで、とくにランス・アームストロングはシマノの古いLOOKタイプのペダルを探し回り、指示を受けたチームスタッフが全米の自転車問屋やサイクルショップに在庫を問い合わせたという話が広く知られている。これがきっかけでシマノは当時のモデルを改良した「SPD-SL」を開発することとなった。ヒトの足は一般に、利き足が身体の外側に向く傾向があるので、膝の傷害を予防するために、「タイム」のように左右にスライド幅を持たせたビンディングペダルもあり、プロレーサーに愛用者も多い。逆に「タイムはペダルの上で足がスルスル動いて気になる」「足首をがっちりとペダルに固定してこそ自分の力を十二分に出せる」という選手もいる。ペダル (自転車) フレッシュアイペディアより)

  • ツアー・ダウンアンダー2009

    ツアー・ダウンアンダー2009から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ランス・アームストロングが、2005年のツール・ド・フランス以来の現役復帰を果たした大会。アスタナのリーダーとして出場し、総合優勝のアラン・デイヴィスに対し29秒差の総合29位となった。ツアー・ダウンアンダー2009 フレッシュアイペディアより)

  • コンポーネント (自転車)

    コンポーネント (自転車)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    日本のメーカーである。1980年代から頭角を現し、マウンテンバイクの急速な進歩によって現在では世界的なメーカーとなった。マウンテンバイクの部品ではほぼ独占に近い存在で、1990年代からはロードバイクの部品でほぼ独占状態だったカンパニョーロと競合するようになり、現在では少なくとも日本国内での売り上げにおいてカンパニョーロを完全に追い越している。とくに「STI」の開発によりカンパニョーロより一歩抜きん出た存在となった(現在はカンパニョーロも追従)。高品質・低価格であることから、発売されている完成車の多くはシマノのパーツを(一部だけでも)採用していることが多い。最上位機種の「デュラエース」はロードレースからトライアスロンまで、幅広く利用できる。ツール・ド・フランスで7連覇を達成したランス・アームストロングにもアマチュア時代から供給していた。コンポーネント (自転車) フレッシュアイペディアより)

  • レイモン・プリドール

    レイモン・プリドールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランスに14回出場、そのうち12回完走し、総合2位3回、総合3位5回の好成績を収めるも一度も優勝できなかった(付け加えると、ただの1日もマイヨジョーヌを着用することもできなかった)ことから「永遠の二番手」と呼ばれた。プリドールは選手として十分な才能を持ちながらも、不運なことにジャック・アンクティルとエディ・メルクスという二人の傑出した名選手と同時代に活動した為に「永遠の二番手」に甘んじることとなった。しかし、ツール表彰台8回はランス・アームストロングと並んで史上最多である。レイモン・プリドール フレッシュアイペディアより)

  • スポーツセンター

    スポーツセンターから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ESPNの看板番組ということもあり、同番組のCMには過去にタイガー・ウッズ、コービー・ブライアント、ペイトン・マニングとイーライ・マニング兄弟、ランス・アームストロングなど、米国内の有名スポーツ選手が数多く出演している(詳細はThis is SportsCenterを参照)。その中で日本人として唯一、2006年に小林尊が同番組のCMに出演を果たしている。スポーツセンター フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス1995

    ツール・ド・フランス1995から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    華やかな山岳ステージではあったが、ここで大きな悲劇が発生した。34km地点、ポルテ・ダスペット峠の下りで集団落車が発生。モトローラチームでランス・アームストロングのアシストを務めていたバルセロナ五輪金メダリスト、ファビオ・カサルテッリがコンクリート製の車止めに激突して死亡したほか、崖下に転落した数名が重傷を負った。このため第16ステージは追悼走行となり、モトローラの選手を先頭に時速30km前後で走行し全員同タイムで終了、このステージの各ポイントにかけられていた賞金は全てカサルテッリ夫人に寄贈された。ツール・ド・フランス1995 フレッシュアイペディアより)

137件中 31 - 40件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード