137件中 41 - 50件表示
  • カルロス・サストレ

    カルロス・サストレから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2002年からはデンマークのチームであるチームCSCへと移籍。チーム内にクライマーが少なく、貴重な山岳アシストとして同年のジロ・デ・イタリアでは途中落車で負傷したエースのタイラー・ハミルトンをアシストして総合2位に導き、ツール・ド・フランスでもエースのローラン・ジャラベールの山岳賞をアシストして、自身も第16ステージの超級山岳ステージでランス・アームストロングに先着して2位となり、チームトップの総合10位の結果を残す(ジャラベールは42位だった)。また、ジャラベール最後の勝利となった同年のクラシカ・サンセバスティアンでも献身的なアシストを見せた。ジャラベールはこの年で引退するが、オンセ・CSCとチームメイトだったサストレの走りを大変評価しており、2007年ツール・ド・フランスでは優勝候補に挙げた。カルロス・サストレ フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス1993

    ツール・ド・フランス1993から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ところで、後に当大会史上初の7連覇を達成することになる、ランス・アームストロングがモトローラチームの一員としてツール初出場を果たしたのが今大会であった。ツール・ド・フランス1993 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・レディオシャック

    チーム・レディオシャックから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    過去にツール・ド・フランスで前人未到の7連覇をしたランス・アームストロングが2009年シーズンをもってアスタナのバイクがスペシャライズドになるためチームを離れたことによって創設されたプロチームである。チーム・レディオシャック フレッシュアイペディアより)

  • クライマー (自転車競技)

    クライマー (自転車競技)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    なお、ランス・アームストロング(アメリカ)、アルベルト・コンタドール(スペイン)といった選手も傑出した登坂力を持ち、かつ山岳ステージでの優勝も多く経験しているが、彼らはタイムトライアルでも顕著な実績を挙げており、クライマーではなくオールラウンダーに分類されることが多い。また、アルフレッド・ビンダ、ファウスト・コッピ、ジーノ・バルタリ(いずれもイタリア)も同様にオールラウンダーに分類されることが多い(ちなみにジーノ・バルタリは英語版ではクライマーとされている)。クライマー (自転車競技) フレッシュアイペディアより)

  • トレック・バイシクル

    トレック・バイシクルから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2004年に黄色いブレスレット"LIVE STRONG"で有名になったランス・アームストロングはトレックのロードレーサーに乗り、1999年から2005年の引退までにツール・ド・フランスで前人未到の個人部門7連覇を達成した。トレック・バイシクル フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・サヴォルデッリ

    パオロ・サヴォルデッリから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    そのため2005年にはディスカバリーチャンネルにチャンスを求めて移籍。そこで本来の実力を発揮し、3年ぶりの出場となったジロ・デ・イタリアでは途中までしのぎを削り合っていたイヴァン・バッソが腸炎を引き起こして脱落、終盤の山岳ステージにおけるジルベルト・シモーニの猛追をかわして、見事2回目の総合優勝をなしとげた。さらにツール・ド・フランスでもランス・アームストロングの総合7連覇のためにアシストを務めながら、自らも第17ステージで勝利。完全復活の印象を与えた。パオロ・サヴォルデッリ フレッシュアイペディアより)

  • UCI・ロードワールドランキングス

    UCI・ロードワールドランキングスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    しかし、例えばツール・ド・フランスの連覇を毎年更新していたランス・アームストロングが、レース出走回数が少ないことなどの要因も重なってトップに立つケースがほとんどないといった弊害(アームストロングが1位になったのは2001年7月1日〜9月29日の期間のみ)が表面化。さらに次第にワールドカップと似通ったランキングとなっていったこともあり、2004年限りでワールドカップ共々廃止。2005年にUCIプロツアーを導入することになった。UCI・ロードワールドランキングス フレッシュアイペディアより)

  • オールラウンダー (自転車競技)

    オールラウンダー (自転車競技)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ただ、代表格であるエディ・メルクスやベルナール・イノーはツール・ド・フランスにおいて総合優勝とスプリント賞を同時獲得したことがあり、またショーン・ケリーやランス・アームストロングのようにスプリンターとしてデビューし、後にオールラウンダーに転向した選手もいることなどから分かるように、スプリントが全く出来ないわけではない。しかし、ゴールスプリントでは混戦になる事が多いため、落車の危険や足に負担のかかるスプリントを避ける場合が多い(総合優勝を狙う選手はゴールスプリントになった場合、ステージ優勝を譲るという暗黙の了解があることも一因)。オールラウンダー (自転車競技) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国郵便公社

    アメリカ合衆国郵便公社から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1996年から2004年にかけては自転車のロードレースチームのスポンサーも務め、同チームに所属するランス・アームストロングが1999年から2004年にかけてツール・ド・フランス6連覇を達成したことでも知られる。(その後同チームはスポンサーをディスカバリーチャンネルに交代し、アームストロングはツール・ド・フランス7連覇を達成した)アメリカ合衆国郵便公社 フレッシュアイペディアより)

  • アクセル・メルクス

    アクセル・メルクスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2009年からはランス・アームストロングが創設したU-23を対象とした若手育成チーム「TREK-Livestrong U-23」の監督に就任。アクセル・メルクス フレッシュアイペディアより)

137件中 41 - 50件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード