141件中 51 - 60件表示
  • トレック・バイシクル

    トレック・バイシクルから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2010年からランス・アームストロングが率いたチーム・レディオシャックがmadone6.9SSLを使用し、クリス・ホーナーがバスク一周で、ヤネス・ブライコヴィッチがクリテリウム・デュ・ドフィネで、同年にそれぞれ総合優勝している。トレック・バイシクル フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス1993

    ツール・ド・フランス1993から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ところで、ランス・アームストロングがモトローラチームの一員としてツール初出場を果たしたのが今大会であった。ツール・ド・フランス1993 フレッシュアイペディアより)

  • ヤロスラフ・ポポヴィッチ

    ヤロスラフ・ポポヴィッチから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2005年、ランス・アームストロング擁するディスカバリーチャンネルへ移籍。ヤロスラフ・ポポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 自己血輸血

    自己血輸血から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスで7回優勝したランス・アームストロングは、2013年1月のオプラ・ウィンフリーとのインタビューでかつて自己血輸血ドーピングを行なっていたことを認めた。自己血輸血 フレッシュアイペディアより)

  • ペダル (自転車)

    ペダル (自転車)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ペダルはサドル、シューズに次いで選手の好みが分かれるパーツで、とくにランス・アームストロングはシマノの古いLOOKタイプのペダルを探し回り、指示を受けたチームスタッフが全米の自転車問屋やサイクルショップに在庫を問い合わせたという話が広く知られている。これがきっかけでシマノは当時のモデルを改良した「SPD-SL」を開発することとなった。ヒトの足は一般に、利き足が身体の外側に向く傾向があるので、膝の傷害を予防するために、「タイム」のように左右にスライド幅を持たせたビンディングペダルもあり、プロレーサーに愛用者も多い。逆に「タイムはペダルの上で足がスルスル動いて気になる」「足首をがっちりとペダルに固定してこそ自分の力を十二分に出せる」という選手もいる。ペダル (自転車) フレッシュアイペディアより)

  • パスカル・リシャール

    パスカル・リシャールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    山岳レースでの活躍が目立つためクライマーとしての印象が強いが、少人数で逃げた際のゴールスプリントが非常に巧みで、ランス・アームストロング、ロルフ・ソレンセン、マキシミリアン・シャンドリ、イェスパー・スキッビーといったスプリント力のある選手を相手に度々ゴール勝負で打ち負かす番狂わせを演じた。パスカル・リシャール フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ドンブロウスキー

    ジョー・ドンブロウスキーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2011年、ランス・アームストロングが立ち上げたチーム・レディオシャックのU23下部組織チーム、トレック・リブストロング・プレゼンテッドバイ・rrディオシャックに加入しU23レースを転戦。ジョー・ドンブロウスキー フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・インドゥライン

    ミゲル・インドゥラインから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    インドゥラインのレーススタイルは、基本的にタイムトライアルでライバルに大差を付け、その差を山岳ステージでコントロールするというものであった。その大柄な体格から山岳コースが苦手と思われがちであるが、実際にはデルガドの山岳アシストとして活躍し、ツール・ド・フランス最初の区間優勝はカテゴリー超級の山岳(リュザルディダン)がゴールとなるステージであったように山岳コースを得意としていた。山岳でインドゥラインが先頭に立つとライバルのほとんどはそれに付いて行くのがやっとという状態になるのが常であった。こういったレーススタイルは、その後ランス・アームストロングに受け継がれることになる。ミゲル・インドゥライン フレッシュアイペディアより)

  • ホアン・リャネラス

    ホアン・リャネラスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1991年から1995年まではオンセチームに在籍し、ロードレースとの兼用選手であったが、オンセを離れて以降はトラックレースを主体に競技を行っている。一方、1998年だけ、ランス・アームストロングがエースを務める、USポスタルサービスに在籍していたこともあった。ホアン・リャネラス フレッシュアイペディアより)

  • ホセバ・ベロキ

    ホセバ・ベロキから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    そして2002年のツール・ド・フランスでは序盤からマイヨ・ジョーヌ争いに加わり、中盤あたりまではランス・アームストロングと互角に渡り合った。中央高地、アルプス越えステージで徐々にアームストロングに引き離されていったが、最終的に同レースでは自身最高順位となる総合2位となった。また、同年のブエルタ・ア・エスパーニャでは第1?第4ステージまでマイヨ・オロ(ゴールデンジャージ)を着用。最終的に総合3位となった。ホセバ・ベロキ フレッシュアイペディアより)

141件中 51 - 60件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード