137件中 51 - 60件表示
  • ホセバ・ベロキ

    ホセバ・ベロキから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    そして2002年のツール・ド・フランスでは序盤からマイヨ・ジョーヌ争いに加わり、中盤あたりまではランス・アームストロングと互角に渡り合った。中央高地、アルプス越えステージで徐々にアームストロングに引き離されていったが、最終的に同レースでは自身最高順位となる総合2位となった。また、同年のブエルタ・ア・エスパーニャでは第1?第4ステージまでマイヨ・オロ(ゴールデンジャージ)を着用。最終的に総合3位となった。ホセバ・ベロキ フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ファンヒュメル

    ケニー・ファンヒュメルから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    スプリンターである彼は、山岳ステージを大の苦手としていたが、2009年に憧れのツール・ド・フランスに初出場すると、第2ステージ最初の3級山岳にて、いの一番に集団からちぎれる姿をカメラに映し出されるなど、山へ対するぶっちぎりの弱さが浮き彫りになる。しかし山岳コースを苦手とするスプリンタータイプの選手が何人かリタイアする中、ツール・ド・フランス完走を目指し、ピレネー、アルプスの両山岳ステージにおいて、収容車に追われながらも常にタイムオーバーすれすれでゴール。両方とも100km以上をグルペットにも入れず個人TT状態でゴールするという体力的には非常に厳しい状態であった。フランスのスポーツ紙・レキップから『史上最悪のクライマー』と皮肉混じりに取り上げられる一方で、彼の僚友である別府史之やツール・ド・フランス7連覇の英雄ランス・アームストロングはそれぞれのツイッターでファンヒュメルを「超人」と賞賛する。こうしてファンヒュメルは一躍、世界中の自転車ファンの注目の的となり、沿道のファンの声援も日増しに大きくなった。ケニー・ファンヒュメル フレッシュアイペディアより)

  • サンティアゴ・ボテロ

    サンティアゴ・ボテロから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    そして2002年、ツール・ド・フランスでは第9ステージの個人タイムトライアルで、王者、ランス・アームストロングを11秒差退け勝利。また5つの峠を通過する第15ステージでは、エディ・メルクスの息子である、アクセル・メルクスと序盤から競り合った末、最後はメルクスらを退けて勝利。総合では自身最高位となる4位に食い込んだ。そして同年10月10日、ゾルダーで行われた世界選手権の個人タイムトライアルで優勝し、悲願のアルカンシエルを手中にする。サンティアゴ・ボテロ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ベルトラン

    マヌエル・ベルトランから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    その後、マペイを経て、2003年チームコーストに移籍。ヤン・ウルリッヒのアシストとして期待されたが、チームの経営難により(その後コーストからビアンキがチームを買い取ったが、切り替わる際にチームの移籍か残留するか選手が自由に選ぶことができたため移籍を選択)シーズン途中でUSポスタルサービスに移籍。2005年にUSポスタルからディスカバリーチャンネルにスポンサーが移った後も在籍し、ランス・アームストロングのアシストとしてその間、ツール・ド・フランスに出場している。また、2004年のブエルタ・ア・エスパーニャでは3日間総合首位を経験。2007年、ディスカバリーチャンネルの解散に伴い、リクイガスに移籍。マヌエル・ベルトラン フレッシュアイペディアより)

  • ヘルト・ステーフマンス

    ヘルト・ステーフマンスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2010年、ランス・アームストロングが設立する新チーム、チーム・レディオシャックへ加入。ヘルト・ステーフマンス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ルデュック

    アンドレ・ルデュックから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1939年に引退。ツールの区間通算25勝はランス・アームストロングと並んで歴代3位である。アンドレ・ルデュック フレッシュアイペディアより)

  • コンパクトクランク

    コンパクトクランクから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ランス・アームストロングが軽いギア比で回転数を上げる走法によりツール・ド・フランスで華々しい活躍を見せるようになると、こうした走法の合理性が幅広く認識されると共に、52t-42tのような大きなギアが標準とされることが疑問視され始めた。こうした大きなギアを毎分90回転以上で回せるのは、プロの競技者かそれに近い身体能力を持つハイ・アマチュアだけで、他の多くの愛好家にとっては不要なだけでなく、ロードバイク愛好者の幅が広がり、従来山岳コースやヒルクライム競技に参加していた小柄な(概ね体重60キロ台中盤まで)人々だけではなく、80キロを超える人々もロードバイクに乗るようになったため、さらに従来のインナーギアの大きさが問題視されるようになった。コンパクトクランク フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・マッカートニー

    ジェイソン・マッカートニーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2005年、ランス・アームストロングを擁し、ヨハン・ブリュイネール率いるディスカバリーチャンネルに移籍。ジェイソン・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • ルディー・ダーネンス

    ルディー・ダーネンスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1990年世界選手権で一緒に逃げ切って2位になったディルク・デヴォルフは2010年現在ベルギーのUCIプロチーム、オメガファルマ・ロットの助監督を務める。同じく1990年のベルギー代表チームの一員だったヨハン・ブリュイネールは後のランス・アームストロング選手のツール・ド・フランス7連覇の偉業に監督として貢献した。ルディー・ダーネンス フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・インドゥライン

    ミゲル・インドゥラインから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    インドゥラインのレーススタイルは、基本的にタイムトライアルでライバルに大差を付けた上で、その差を山岳ステージでコントロールするというもの。その大柄な体格から山岳コースが苦手と思われがちだが、実際にはアシスト時代にはデルガドの山岳アシストとして活躍している上、ツール・ド・フランスの最初の区間優勝はカテゴリー超級の山岳(リュザルディダン)がゴールとなるステージだったように山岳コースを得意としており、山岳でインドゥラインが先頭に立つとライバルのほとんどはそれに付いて行くのがやっとという状態になるのが常だった。こういったレーススタイルは、その後ランス・アームストロングに受け継がれることになる。ミゲル・インドゥライン フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード