137件中 61 - 70件表示
  • パスカル・リシャール

    パスカル・リシャールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    山岳レースでの活躍が目立つためクライマーとしての印象が強いが、少人数で逃げた際のゴールスプリントが非常に巧みで、ランス・アームストロング、ロルフ・ソレンセン、マキシミリアン・シャンドリ、イェスパー・スキッビーといったスプリント力のある選手を相手に度々ゴール勝負で打ち負かす番狂わせを演じた。パスカル・リシャール フレッシュアイペディアより)

  • ヴィアチェスラフ・エキモフ

    ヴィアチェスラフ・エキモフから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2000年、ランス・アームストロングがエースである、USポスタルサービスに移籍。その年行われたシドニーオリンピック・ロード個人タイムトライアルにおいて、チームメイトのアームストロングや、ドイツのヤン・ウルリッヒといったビッグネームを破って金メダルを獲得。また、ツールではアシスト役として、アームストロングの連覇更新に貢献した形となった。ヴィアチェスラフ・エキモフ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ツェーレ

    アレックス・ツェーレから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    だがそのフェスティナ時代、ツール・ド・フランスにおけるドーピングスキャンダル事件が発生して、チーム全員が大会から追放されるという悲哀を味わう。しかしバネストに移籍した翌1999年のツールでは、序盤の集団落車により絶望的な状況に追い込まれるものの、この大会から連覇街道をひた走ることになるランス・アームストロングに続いて再び総合2位に食い込んだ。2002年はツール・ド・スイスで総合優勝を果たす。2004年に引退した。アレックス・ツェーレ フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ザブリスキー

    デヴィッド・ザブリスキーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランス・第1ステージ(ITT)では、ランス・アームストロングを2秒差退け勝利し、マイヨ・ジョーヌを手中にした。デヴィッド・ザブリスキー フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ハドソン

    ケイト・ハドソンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    クリス・ロビンソンと離婚前に『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』で共演した俳優のオーウェン・ウィルソンと交際を始め、2007年5月に破局(その後オーウェンの自殺未遂となる)。2007年には俳優ダックス・シェパードと、2008年には再びオーウェン・ウィルソンや自転車レース選手のランス・アームストロングらと浮名を流した 。2009年5月に野球選手のアレックス・ロドリゲスと交際を始めたが、同年12月に破局。ケイト・ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2006

    ツール・ド・フランス2006から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    前年まで7連覇を達成したランス・アームストロングの引退、およびドーピング疑惑によるヤン・ウルリッヒとイヴァン・バッソの出場差し止めにより大混戦の大会となった。ツール・ド・フランス2006 フレッシュアイペディアより)

  • イヴァン・バッソ

    イヴァン・バッソから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    チームCSCに移籍した2004年のツール・ド・フランスでは総合3位を獲得し、一躍打倒ランス・アームストロングの一番手へと踊りでる。2005年には強さを見せつけジロ・デ・イタリアで総合優勝のチャンスがありながら途中体調を崩し、そのチャンスを逃している。ただし、危うくタイムオーバーになる程に体調を崩しても棄権せず、その後のステージでは活躍を見せた。同年のツール・ド・フランスではランスについに勝つ事が出来なかったが、総合2位に入った。イヴァン・バッソ フレッシュアイペディアより)

  • 世界選手権自転車競技大会ロードレース1993

    世界選手権自転車競技大会ロードレース1993から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    アメリカの21歳、ランス・アームストロングが、ツール・ド・フランス総合3連覇をこの年果たしたミゲル・インドゥラインらを下して優勝。世界選手権自転車競技大会ロードレース1993 フレッシュアイペディアより)

  • リストバンド

    リストバンドから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    この種のリストバンドの流行の火付け役となったプロジェクトとしては「LIVESTRONG」プロジェクトが有名である。同プロジェクトは、精巣腫瘍(癌)から復活しツール・ド・フランスを7連覇したランス・アームストロング率いる「ランス・アームストロング財団」が、癌撲滅運動のための資金集めを目的として、2003年にナイキとタイアップし始めた。小野伸二など、ナイキと契約を結ぶ多くのスポーツ選手がこの運動に賛同し、同プロジェクトの黄色のリストバンドを身につけたことから、同プロジェクトは一気に世界的に有名になった。リストバンド フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス1999

    ツール・ド・フランス1999から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    パンターニは過去最大級の山岳戦となるジロに専念し、山岳コースの減少したツールには不出走を宣言、ライバルのウルリッヒ、リースも怪我で欠場と40年振りに歴代優勝者が1人も出場しないツールとなった。 他にも前年のドーピングスキャンダルによるチーム丸ごとの出場拒否や怪我、自己都合などからローラン・ジャラベール、ミケーレ・バルトリ、フランチェスコ・カーザグランデ、オスカル・カーメンツィント等有力選手の多くが出場せず、「もはやツール・ド・ラブニール」とまで揶揄される事態となった。一方、ドーピングスキャンダルの主役とも言えるリシャール・ビランクはすったもんだの末出場が決定した。 同じく移籍の末出場が決まったアレックス・ツェーレ、癌から奇跡の復活を果たし殴り込みを掛けるランス・アームストロングの走りに注目が集まる。ツール・ド・フランス1999 フレッシュアイペディアより)

137件中 61 - 70件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード