141件中 61 - 70件表示
  • ショーン・ケリー

    ショーン・ケリーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    とりわけ、パリ〜ニースの1982年から1988年までの総合7連覇という記録はステージレースにおける同一大会連覇記録である。同様の記録として後にランス・アームストロングがツールで7連覇を果たしたが、ドーピング違反により抹消された。また、年間表彰制度であるスーパープレスティージュ、UCI・ロードワールドランキングスにおいても長らく1位を記録しており、ベルナール・イノーやグレッグ・レモンといった選手たちの追随を許さなかった。ショーン・ケリー フレッシュアイペディアより)

  • 剃毛

    剃毛から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    自転車競技選手は、脛毛を剃毛している選手が多い。これに関し、ランス・アームストロング(元自転車プロロードレース選手)は、自身のトレーニングコーチとの共著において、自転車競技をする際には、脛毛を剃るようにアドバイスしている。これは、落車して負傷した場合に治療がしやすいことや、治癒の最中に体毛が傷口に入って化膿するのを避けることが理由である。剃毛 フレッシュアイペディアより)

  • 李富玉

    李富玉から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2010年、ブリュイネールが監督を務め、ランス・アームストロングが中心選手となって活動する、チーム・レディオシャックへ移籍することが決まった。3月に開催されたドワルス・ドール・フラーンデレン終了後に採取されたAサンプルにおいて、クレンブテロールの陽性反応が出たことが4月22日に判明したため、出場保留を受けた。同年8月1日、Bサンプルでも陽性反応が出たため、2年間の出場停止処分を受けた。これについては、中国では養豚場でのクレンブテロールの違法使用が後を絶たず国内外で中毒事件などが問題となっており、WADAアンチドーピング研究室のディレクターだったダウ・ディボアーは検出値が余にも低いため食物汚染であり故意の不正行為ではないのではないかという見解を示している。李富玉 フレッシュアイペディアより)

  • リシャール・ヴィランク

    リシャール・ヴィランクから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2003年、クイックステップに移籍。この年のツールでは、第7ステージを制し、総合首位にも立った。しかし続くラルプ・デュエズがゴールの第8ステージにおいて、区間優勝のイバン・マヨに遅れること9分29秒差の35位と大敗し、マイヨ・ジョーヌは総合5連覇を狙うランス・アームストロングへと移動した。しかし、4年ぶりに山岳賞を獲得し、ついにフェデリコ・バーモンテス、ルシアン・バンインプとタイ記録となる6度目の受賞となった。リシャール・ヴィランク フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2011

    ツール・ド・フランス2011から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    グランデパールはフランス国内、ヴァンデ県が担当。1999年、大落車を引き起こし、ランス・アームストロングに運で初勝利をプレゼントしたとも言われてしまったパサージュ・デュ・ゴワがスタート地点となった(ただしこの区間はセレモニースタート地点と設定され、通過後にアクチュアルスタートとなっている)。そして2008年以来3年ぶりに第1ステージがタイムトライアルとならず、ゴール前もパンチャー有利の4級山岳山頂ゴールとなり(ただし山頂フィニッシュの山岳賞ボーナスポイントはつかない)、意外な選手がマイヨ・ジョーヌを獲得する可能性が予想された。また、このステージにはこの1つしか山岳賞ポイント地点が無いため、マイヨ・ジョーヌに袖を通す選手は自動的にマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュも獲得、中間スプリントの結果にもよるがマイヨ・ヴェールの3ジャージ獲得チャンスもあるため、一層狙える選手には力が入るゴールであった。ツール・ド・フランス2011 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ミラー (自転車競技)

    デヴィッド・ミラー (自転車競技)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランスに初登場。フュテュロスコープで行われたプロローグの個人タイムトライアルでランス・アームストロングを2秒差退けてマイヨ・ジョーヌ(総合首位)を手中にし、通算3日間マイヨ・ジョーヌを堅持した。デヴィッド・ミラー (自転車競技) フレッシュアイペディアより)

  • イバン・マヨ

    イバン・マヨから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2002年にはブエルタ・ア・エスパーニャ総合5位の成績を収め、2003年にツール・ド・フランスにおいてラルプ・デュエズ峠を含むステージで自身初のステージ優勝を飾り総合6位と健闘する。このため、ポストランス・アームストロングの最有力候補とも囁かれることとなった。  イバン・マヨ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ベルトラン

    マヌエル・ベルトランから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    その後、マペイを経て、2003年チームコーストに移籍。ヤン・ウルリッヒのアシストとして期待されたが、チームの経営難により(その後コーストからビアンキがチームを買い取ったが、切り替わる際にチームの移籍か残留するか選手が自由に選ぶことができたため移籍を選択)シーズン途中でUSポスタルサービスに移籍。2005年にUSポスタルからディスカバリーチャンネルにスポンサーが移った後も在籍し、ランス・アームストロングのアシストとしてその間、ツール・ド・フランスに出場している。また、2004年のブエルタ・ア・エスパーニャでは3日間総合首位を経験。2007年、ディスカバリーチャンネルの解散に伴い、リクイガスに移籍。マヌエル・ベルトラン フレッシュアイペディアより)

  • ツアー・ダウンアンダー2009

    ツアー・ダウンアンダー2009から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ランス・アームストロングが、2005年のツール・ド・フランス以来の現役復帰を果たした大会。アスタナのリーダーとして出場し、総合優勝のアラン・デイヴィスに対し29秒差の総合29位となった。ツアー・ダウンアンダー2009 フレッシュアイペディアより)

  • サンティアゴ・ボテロ

    サンティアゴ・ボテロから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    そして2002年、ツール・ド・フランスでは第9ステージの個人タイムトライアルで、王者、ランス・アームストロングを11秒差退け勝利。また5つの峠を通過する第15ステージでは、エディ・メルクスの息子である、アクセル・メルクスと序盤から競り合った末、最後はメルクスらを退けて勝利。総合では自身最高位となる4位に食い込んだ。そして同年10月10日、ゾルダーで行われた世界選手権の個人タイムトライアルで優勝し、悲願のアルカンシエルを手中にする。サンティアゴ・ボテロ フレッシュアイペディアより)

141件中 61 - 70件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード