137件中 71 - 80件表示
  • ジョナサン・ヴォーターズ

    ジョナサン・ヴォーターズから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    10月10日、合衆国アンチドーピング機関(USADA)が、ランス・アームストロングのドーピング問題についての調査報告書を公表した際、かつてUSポスタルサービス、ディスカバリーチャンネルでチームぐるみのドーピングが行われていたことを証言した11名の元チームメイトの名前を発表し、その中にヴォーターズの名前も含まれていたことが明らかになった。ジョナサン・ヴォーターズ フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア 2009

    ジロ・デ・イタリア 2009から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    前年覇者のアルベルト・コンタドールはツール・ド・フランスに備えるため欠場となったが、電撃復帰を果たしてジロ初参加となるツール7連覇の巨人ランス・アームストロングがリーヴァイ・ライプハイマーをアシストするという重厚な布陣でアスタナ・チームはチーム連覇を狙う。さらにダニーロ・ディルーカ(2007)、出場停止から復活のイヴァン・バッソ(2006)、2年ぶりのジロ参戦となるダミアーノ・クネゴ(2004)、「最後のジロになるかも知れない。」と語ったジルベルト・シモーニ(2001・2003)、ステファノ・ガルゼッリ(2000)と過去のジロ優勝者も集結。他にも、昨年総合4位のフランコ・ペッリツォッティ、2008年ツール覇者のカルロス・サストレ、2005、2007年ブエルタ覇者のデニス・メンショフなど100周年ジロにふさわしい強力なメンバーがマリア・ローザを争うこととなった。2008年、一気に頭角を現してきたマーク・カヴェンディッシュとこちらも出場停止から復帰してきたアレッサンドロ・ペタッキの新旧スプリンター対決にも注目が集まる。ジロ・デ・イタリア 2009 フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・バルベルデ

    アレハンドロ・バルベルデから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ケスに移籍した2005年はツール・ド・フランスでは第10ステージでランス・アームストロングを競り落として区間優勝するなど途中まで奮闘したが、膝の故障のため第13ステージで棄権。一方、同年の世界選手権・個人ロードでは、怪我のため欠場となった同種目3回優勝の実績者・オスカル・フレイレの代役としてスペインのリーダーを務め、トム・ボーネンに続く2位に入った。アレハンドロ・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • リーヴァイ・ライプハイマー

    リーヴァイ・ライプハイマーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2000年、ランス・アームストロングを擁するUSポスタルサービスに移籍。翌2001年のブエルタ・ア・エスパーニャでは、総合3位に食い込む健闘を見せた。ただし、アームストロングとはチーム内では別グループだったため、いっしょに走ったことはほとんどなかったという。リーヴァイ・ライプハイマー フレッシュアイペディアより)

  • USA・プロ・サイクリング・チャレンジ

    USA・プロ・サイクリング・チャレンジから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2010年9月15日、ランス・アームストロング、ビル・リッター・コロラド州知事、そしてスポンサーであるクイズノス・サブの3者により、1979年から1988年まで開催されていたクアーズ・クラシックを継承する形でステージレースを開催することが発表され、2011年に第一回の開催が行われた。2012年、前年開催の2.1カテゴリから格上げされ、2.HCカテゴリとなった。USA・プロ・サイクリング・チャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・ヴィノクロフ

    アレクサンドル・ヴィノクロフから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    その雪辱を期した2003年はキャリアの中で最高の活躍をみせ、春にはパリ〜ニースを連覇し、クラシックのアムステルゴールドレースでも優勝。ツール・ド・スイスでも総合優勝を果たし、好調のまま乗り込んだ ツール・ド・フランスでは初めてのステージ優勝を獲得。さらに一時は総合1位のランス・アームストロングに18秒差まで迫る活躍をみせて最終的に総合3位に入り表彰台に立った。アレクサンドル・ヴィノクロフ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・ルビエラ

    ホセ・ルイス・ルビエラから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1996年から2000年までケルメに移籍した後、2001年から2007年まで、USポスタルサービス及びディスカバリーチャンネルに在籍。ランス・アームストロングの代表的ペロトンとして、とりわけ山岳コースで力強い走りを見せた。ホセ・ルイス・ルビエラ フレッシュアイペディアより)

  • 剃毛

    剃毛から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    自転車競技選手は、脛毛を剃毛している選手が多い。これに関し、ランス・アームストロング(ツール・ド・フランス7連覇を達成した選手)は、自身のトレーニングコーチとの共著において、自転車競技をする際には、脛毛を剃るようにアドバイスしている。これは、落車して負傷した場合に治療がしやすいことや、治癒の最中に体毛が傷口に入って化膿するのを避けることが理由である。剃毛 フレッシュアイペディアより)

  • トマ・ヴォクレール

    トマ・ヴォクレールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランスにおいて、一躍その名を世界に轟かせることになる。第5ステージで区間優勝のスチュアート・オグレディら5人とトップ集団を形成して4位に入り、後続の集団を12分以上引き離したことからマイヨ・ジョーヌをランス・アームストロングから奪取。その後、中央高地、ピレネー山脈と続いたステージでも粘り強い走りを披露し、第14ステージまで総合首位を保った。なお、最終総合順位は18位。トマ・ヴォクレール フレッシュアイペディアより)

  • トラヴィス郡 (テキサス州)

    トラヴィス郡 (テキサス州)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ランス・アームストロング - ツール・ド・フランス1999年 - 2005年度の優勝者。トラヴィス郡 (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

137件中 71 - 80件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード