141件中 71 - 80件表示
  • ロードバイク

    ロードバイクから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    サドルの相性は個人差が大きく、価格だけでは必ずしもその性能を評価できない。気に入ったサドルを長年使い続ける選手も多く、ランス・アームストロングのコンコールライト(刺繡なし)やマリオ・チポリーニのリーガルなどが有名である。日本人でも藤野智一は引退までロールスを愛用し続けた。ロードバイク フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・ヴォーターズ

    ジョナサン・ヴォーターズから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    10月10日、合衆国アンチドーピング機関(USADA)が、ランス・アームストロングのドーピング問題についての調査報告書を公表した際、かつてUSポスタルサービス、ディスカバリーチャンネルでチームぐるみのドーピングが行われていたことを証言した11名の元チームメイトの名前を発表し、その中にヴォーターズの名前も含まれていたことが明らかになった。ジョナサン・ヴォーターズ フレッシュアイペディアより)

  • Over Drive (漫画)

    Over Drive (漫画)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    主人公ミコトの脚質(得意分野)を表した語。登りでのスプリントを得意とするの意味で使われているが、「スプリンターヒル」という言葉は、ランス・アームストロングとクリス・カーマイケルの共著である『ミラクルトレーニング7週間完璧プログラム』の中で短く急な登りの呼称として使われているだけで、こうした脚質は存在しない。Over Drive (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・サヴォルデッリ

    パオロ・サヴォルデッリから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    そのため2005年にはディスカバリーチャンネルにチャンスを求めて移籍。そこで本来の実力を発揮し、3年ぶりの出場となったジロ・デ・イタリアでは途中までしのぎを削り合っていたイヴァン・バッソが腸炎を引き起こして脱落、終盤の山岳ステージにおけるジルベルト・シモーニの猛追をかわして、見事2回目の総合優勝をなしとげた。さらにツール・ド・フランスでもランス・アームストロングの総合7連覇のためにアシストを務めながら、自らも第17ステージで勝利。完全復活の印象を与えた。パオロ・サヴォルデッリ フレッシュアイペディアより)

  • USA・プロ・サイクリング・チャレンジ

    USA・プロ・サイクリング・チャレンジから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2010年9月15日、ランス・アームストロング、ビル・リッター・コロラド州知事、そしてスポンサーであるクイズノス・サブの3者により、1979年から1988年まで開催されていたクアーズ・クラシックを継承する形でステージレースを開催することが発表され、2011年に第一回の開催が行われた。2012年、前年開催の2.1カテゴリから格上げされ、2.HCカテゴリとなった。2015年の第5回大会で終了した。コロラド州においては、2017年よりUCIアメリカツアー2.HCカテゴリのステージレースとして同じく8月にが開催されている。USA・プロ・サイクリング・チャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • エリスロポエチン

    エリスロポエチンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    エリスロポエチン(EPO)は赤血球の増加効果を持つことから、筋肉への酸素供給量を高め持久力を向上させる目的で、長距離系スポーツ(自転車競技、クロスカントリーなど)のドーピングに使用されている。2009年には複数の自転車競技選手からEPOが検出された。また2013年1月には、ツール・ド・フランスで7回優勝したランス・アームストロングがオプラ・ウィンフリーとのインタビューで、かつてEPOを使ったドーピングを行なっていたことを認めた。エリスロポエチン フレッシュアイペディアより)

  • コフィディス

    コフィディスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1997年に活動を開始し、トニー・ロミンゲル、マウリツィオ・フォンドリエスト、ランス・アームストロング、ボビー・ジュリック、デヴィッド・ミラー、クリストフ・リネロ、フィリップ・ゴーモンらが加入。また、現在も当チームに在籍するダヴィ・モンクティエがプロ初年度を迎えた年でもあった。コフィディス フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    個人総合優勝 : ランス・アームストロング(アメリカ、ディスカバリー・チャンネル)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    カムバック賞:ランス・アームストロング(アメリカ、ツール・ド・フランス)2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • オールラウンダー (自転車競技)

    オールラウンダー (自転車競技)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ただ、代表格であるエディ・メルクスやベルナール・イノーはツール・ド・フランスにおいて総合優勝とスプリント賞を同時獲得したことがあり、またショーン・ケリーやランス・アームストロングのようにスプリンターとしてデビューし、後にオールラウンダーに転向した選手もいることなどから分かるように、スプリントが全く出来ないわけではない。しかし、ゴールスプリントでは混戦になる事が多いため、落車の危険や足に負担のかかるスプリントを避ける場合が多い(総合優勝を狙う選手はゴールスプリントになった場合、ステージ優勝を譲るという暗黙の了解があることも一因)。オールラウンダー (自転車競技) フレッシュアイペディアより)

141件中 71 - 80件表示