141件中 81 - 90件表示
  • ヘルト・ステーフマンス

    ヘルト・ステーフマンスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2010年、ランス・アームストロングが設立する新チーム、チーム・レディオシャックへ加入。ヘルト・ステーフマンス フレッシュアイペディアより)

  • トマ・ヴォクレール

    トマ・ヴォクレールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランスにおいて、一躍その名を世界に轟かせることになる。第5ステージで区間優勝のスチュアート・オグレディら5人とトップ集団を形成して4位に入り、後続の集団を12分以上引き離したことからマイヨ・ジョーヌをランス・アームストロングから奪取。その後、中央高地、ピレネー山脈と続いたステージでも粘り強い走りを披露し、第14ステージまで総合首位を保った。なお、最終総合順位は18位。トマ・ヴォクレール フレッシュアイペディアより)

  • キャノンデール・プロサイクリング

    キャノンデール・プロサイクリングから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2005年から心機一転UCIプロチームとして活動を再開し再開初年でダニーロ・ディルーカがUCIプロツアーの初代王者に輝く。2007年はダニーロ・ディルーカがジロ・デ・イタリアに優勝しチームにグランツール初制覇をもたらしてくれる。2008年にはかつてツール・ド・フランスにてランス・アームストロングと鎬を削ったこともあるイヴァン・バッソが加入し今後の飛躍が期待される。2010年、ジロ・デ・イタリアにてイヴァン・バッソが、ブエルタ・ア・エスパーニャにてヴィンチェンツォ・ニバリが、それぞれ個人総合優勝を果たし、チームとしては1シーズンで、2つのグラン・ツールを制覇するという快挙となった。キャノンデール・プロサイクリング フレッシュアイペディアより)

  • イヴァン・バッソ

    イヴァン・バッソから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    チームCSCに移籍した2004年のツール・ド・フランスでは総合3位を獲得し、一躍打倒ランス・アームストロングの一番手へと踊りでる。2005年には強さを見せつけジロ・デ・イタリアで総合優勝のチャンスがありながら途中体調を崩し、そのチャンスを逃している。ただし、危うくタイムオーバーになる程に体調を崩しても棄権せず、その後のステージでは活躍を見せた。同年のツール・ド・フランスではランスについに勝つ事が出来なかったが、総合2位に入った。イヴァン・バッソ フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・レモン

    グレッグ・レモンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2001年に、レモンは当時ツール・ド・フランスを連覇中であったランス・アームストロングの成功をドーピングの力によるものと示唆し、論争を巻き起こした。グレッグ・レモン フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2006

    ツール・ド・フランス2006から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    前年まで7連覇を達成したランス・アームストロングの引退、およびドーピング疑惑によるヤン・ウルリッヒとイヴァン・バッソの出場差し止めにより大混戦の大会となった。ツール・ド・フランス2006 フレッシュアイペディアより)

  • ディスカバリー・チャンネル プロ・サイクリングチーム

    ディスカバリー・チャンネル プロ・サイクリングチームから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    このチームはジロ・デ・イタリア(2005年、パオロ・サヴォルデッリ)とツール・ド・フランス(2007年、アルベルト・コンタドール)、ブエルタ・ア・エスパーニャ(2003年、ロベルト・エラス)でそれぞれ1回ずつ総合優勝を獲得しており、チームとしてグランツール完全制覇を達成している。ランス・アームストロングが1999年から2005年までツール・ド・フランスを7連覇したが、ドーピングによるものとして剥奪されている。ディスカバリー・チャンネル プロ・サイクリングチーム フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ハドソン

    ケイト・ハドソンから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    クリス・ロビンソンと離婚前に『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』で共演した俳優のオーウェン・ウィルソンと交際を始め、2007年5月に破局(その後オーウェンの自殺未遂となる)。2007年には俳優ダックス・シェパードと、2008年には再びオーウェン・ウィルソンや自転車レース選手のランス・アームストロングらと浮名を流した 。2009年5月に野球選手のアレックス・ロドリゲスと交際を始めたが、同年12月に破局。ケイト・ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・エラス

    ロベルト・エラスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2001年、ランス・アームストロング擁するUSポスタルサービスへと移籍。得意の山岳コースで力強い走りを披露して、アームストロングを強力にサポートした。以後2003年までUSポスタルに在籍するが、エラスの力強い走りは、一介のアシスト役としてはもったいないという見方もされるようになり、翌2004年のリベルティ・セグロス移籍に繋がっていく。同年のブエルタにおいて、エラスはイシドロ・ノザルと激しくマイヨ・オロ争いを演じ、第20ステージの個人タイムトライアルでノザルを逆転し、最後は2度目の総合優勝を飾るが、ノザルとのタイム差は28秒とわずかなものだった。ロベルト・エラス フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ゴルスキー

    マーク・ゴルスキーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    その後、程なくして現役を引退。引退後は全米自転車連盟(USCF)の評議委員に選出され、また、アメリカナショナルチームの監督も歴任した。1999年より、USポスタルサービスチームのレース監督に就任。丁度この年から、チームの一員であったランス・アームストロングがツール・ド・フランスにおける7連覇の第一歩を踏み出したが、ゴルスキーの下で、アームストロングは4回のツール総合優勝を果たした。マーク・ゴルスキー フレッシュアイペディアより)

141件中 81 - 90件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード