137件中 81 - 90件表示
  • ツール・ド・フランス2011

    ツール・ド・フランス2011から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    今年のグランデパールはフランス国内、ヴァンデ県が担当。1999年、前代未聞の大落車を引き起こし、ランス・アームストロングに運で初勝利をプレゼントしたとも言われてしまった悪名高きパサージュ・デュ・ゴワがスタート地点となった(ただしこの区間はセレモニースタート地点と設定され、通過後にアクチュアルスタートとなっている)。そして2008年以来3年ぶりに第1ステージがタイムトライアルとならず、ゴール前もパンチャー有利の4級山岳山頂ゴールとなり(ただし山頂フィニッシュの山岳賞ボーナスポイントはつかない)、意外な選手がマイヨ・ジョーヌを獲得する可能性が出てきている。また、このステージにはこの1つしか山岳賞ポイント地点が無いため、マイヨ・ジョーヌに袖を通す選手は自動的にマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュも獲得、中間スプリントの結果にもよるがマイヨ・ヴェールの3ジャージ獲得チャンスもあるため、一層狙える選手には力が入るゴールとなる。ツール・ド・フランス2011 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・エラス

    ロベルト・エラスから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2001年、ランス・アームストロング擁するUSポスタルサービスへと移籍。得意の山岳コースで力強い走りを披露して、アームストロングを強力にサポートした。以後2003年までUSポスタルに在籍するが、エラスの力強い走りは、一介のアシスト役としてはもったいないという見方もされるようになり、翌2004年のリベルティ・セグロス移籍に繋がっていく。同年のブエルタにおいて、エラスはイシドロ・ノザルと激しくマイヨ・オロ争いを演じ、第20ステージの個人タイムトライアルでノザルを逆転し、最後は2度目の総合優勝を飾るが、ノザルとのタイム差は28秒とわずかなものだった。ロベルト・エラス フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ケリー

    ショーン・ケリーから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    とりわけ、パリ〜ニースの総合7連覇という記録は特筆すべきものであり、同様の記録としてステージレースにおける同一大会連覇記録としては、後にランス・アームストロングがツールで7連覇を果たしているのみである。また、年間表彰制度であるスーパープレスティージュ、UCI・ロードワールドランキングスにおいても長らく1位を記録しており、ベルナール・イノーやグレッグ・レモンといった選手たちの追随を許さなかった。ショーン・ケリー フレッシュアイペディアより)

  • トル・フースホフト

    トル・フースホフトから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ステージ序盤であれば1級山岳すら単独または一、二名のアシストで逃げ切れるという、珍しいタイプのスプリンターである。このようなタイプはスプリントもできない事はないアレハンドロ・バルベルデやランス・アームストロング以外ではほとんどいないため、起伏に富んだコースでは他のスプリンターよりも有利になる。トル・フースホフト フレッシュアイペディアより)

  • ロジェ・デフラミンク

    ロジェ・デフラミンクから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    また、ティレーノ〜アドリアティコでは1972年から1977年まで6連覇を達成。ちなみに現在UCIプロツアーの対象レースとなっているステージレースにおいて、6連覇以上の記録を果たしているのはロジェのこの記録と、あとはショーン・ケリーがパリ〜ニース(1982-1988)、ランス・アームストロングがツール・ド・フランス(1999-2005)でそれぞれ7連覇を果たしているのみである。ロジェ・デフラミンク フレッシュアイペディアより)

  • デニス・メンショフ

    デニス・メンショフから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2009年ジロ総合優勝について、こんなに嬉しい勝利は初めてで、自分のキャリアの中で最大の勝利であると述べている。その理由として、100周年という記念すべき大会でありメディアの注目度も高く、ハイレベルの選手が多数参加していたことを挙げているが、「10年間で初めて、メジャーレースでランス・アームストロングを負かしたしね(笑)」とも。デニス・メンショフ フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    9月18日 - ランス・アームストロング(アメリカ、自転車競技)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アストゥリアス皇太子賞

    アストゥリアス皇太子賞から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2000 - ランス・アームストロング(アメリカ)アストゥリアス皇太子賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    カムバック賞:ランス・アームストロング(アメリカ、ツール・ド・フランス)2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ミラー (自転車競技)

    デヴィッド・ミラー (自転車競技)から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ツール・ド・フランスに初登場。フュテュロスコープで行われたプロローグの個人タイムトライアルでランス・アームストロングを2秒差退けてマイヨ・ジョーヌ(総合首位)を手中にし、通算3日間マイヨ・ジョーヌを堅持した。デヴィッド・ミラー (自転車競技) フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード