126件中 31 - 40件表示
  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たミゲル・インデュライン

    2003年もドーフィネ・リベレを連覇し、ミゲル・インデュラインに並ぶ5連覇の期待がかかるなかでツール・ド・フランスに出場。しかしこの年はヤン・ウルリッヒが絶好調で、第12ステージの個人タイムトライアルでは補給ミスからの脱水症状に襲われ1分以上もタイムを詰められてしまう。さらに次の第13ステージではウルリッヒのアタックにランスが付いていけずに遅れるという事態が発生。マイヨ・ジョーヌこそ守ったものの、第14ステージ終了時点で両者の差は15秒、さらに3位のアレクサンドル・ヴィノクロフとも18秒差というかつてない危機をランスは迎えることになった。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たエディ・メルクス

    元々トライアスロン出身のため、プロデビュー当時は自転車競技に疎かったらしく、所属していたモトローラ・チームに供給されていた自転車のロゴを指して「エディ・マークス(エディ・メルクスの英語読み)って誰だい?」と発言し、「“カンピオニッシモ”メルクスを知らないとは」と周囲を驚かせたことがある。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たアンディ・シュレク

    7月にはツール・ド・フランスに4年ぶりに出場。第4ステージのチームタイムトライアルでは通算25勝目となるステージ優勝を飾り、アンドレ・ルデュックと並ぶ歴代3位タイとなった。その後は総合優勝したチームメイトのアルベルト・コンタドールのアシストを努め、アンディ・シュレクやブラッドリー・ウィギンスらライバル達を徹底マーク。全盛期のような勢いは無かったものの、安定した走りを見せ、4年のブランクがあったことを考えると驚異的な走りで総合3位に入った。なお、通算8度目の表彰台(1位7回-3位1回)はレイモン・プリドール(1位0回-2位3回-3位5回)と並んで史上最多となった。また、ツール・ド・フランスの期間中にはラジオシャックをメインスポンサーとする新チームの設立を発表し、2010年のツール・ド・フランスにこのチームから出場することを表明した。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たアンドレアス・クレーデン

    2004年の第17ステージではアシストを務めたフロイド・ランディスとともにライバルのヤン・ウルリッヒを封じ込め、決死のアタックをかけたアンドレアス・クレーデンをスプリントで差して5勝目を挙げたが、その後の「(4勝もしているのだから)勝利を譲ってもよかったのでは?」という質問に「考えてもいない("No gifts, no gifts this year.")」と言い切った。これは、前述したパンターニとの一件をふまえてのものと考えられる。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たフロイド・ランディス

    2004年の第17ステージではアシストを務めたフロイド・ランディスとともにライバルのヤン・ウルリッヒを封じ込め、決死のアタックをかけたアンドレアス・クレーデンをスプリントで差して5勝目を挙げたが、その後の「(4勝もしているのだから)勝利を譲ってもよかったのでは?」という質問に「考えてもいない("No gifts, no gifts this year.")」と言い切った。これは、前述したパンターニとの一件をふまえてのものと考えられる。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たアンドレ・ルデュック

    7月にはツール・ド・フランスに4年ぶりに出場。第4ステージのチームタイムトライアルでは通算25勝目となるステージ優勝を飾り、アンドレ・ルデュックと並ぶ歴代3位タイとなった。その後は総合優勝したチームメイトのアルベルト・コンタドールのアシストを努め、アンディ・シュレクやブラッドリー・ウィギンスらライバル達を徹底マーク。全盛期のような勢いは無かったものの、安定した走りを見せ、4年のブランクがあったことを考えると驚異的な走りで総合3位に入った。なお、通算8度目の表彰台(1位7回-3位1回)はレイモン・プリドール(1位0回-2位3回-3位5回)と並んで史上最多となった。また、ツール・ド・フランスの期間中にはラジオシャックをメインスポンサーとする新チームの設立を発表し、2010年のツール・ド・フランスにこのチームから出場することを表明した。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たブエルタ・ア・エスパーニャ

    その後もリハビリとトレーニングを続け、デビュー時に所属していたモトローラが、1997年に解散したのに伴い、新たに結成されたUSポスタル・サービスと契約し、翌年にプロとして復帰。初戦となったパリ?ニースで以前のように動かない自分の体に苛立ち途中リタイア、一時はそのまま自転車人生もリタイアしかかる。妻やヨハン・ブリュイネールらの説得により全米選手権をラストランとすることにしたが、そこで好成績をあげた事で本人のやる気も復活し、同年のブエルタ・ア・エスパーニャで総合4位、世界選手権タイムトライアル、同ロードレースでもそれぞれ4位に入り、復活をアピールした。山岳ステージの厳しさではツール・ド・フランスを上回るとされる同レースで上位入賞を果たしたことにより、彼はステージレースを戦い抜く自信を持ったといわれている。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見た健康保険

    社会活動家としての顔も持ち、ランス・アームストロング基金やNPOのLIVESTRONGを設立し、癌患者と生存者の支援や教育活動を実施している。2007年に「30億ドル(2468億円)を癌の研究や予防プログラムに充てて、テキサス州を癌研究のリーダーにする」という条例案Proposition15がテキサス州議会で可決されたが、これはアームストロングの功績が大きかった。医療格差の大きい米国の健康保険制度改革の提唱者としても知られており、一時期は政治家に転身するのではと噂されたこともある。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たニューヨークシティマラソン

    癌撲滅チャリティーの為に出場した2006年のニューヨークシティマラソンではほぼイーブンペースを保って、856位でゴール。2時間59分35秒の好タイムで、3時間を切るという目標を果たしたが、レース後に足の痛みを訴え検査したところ、それまでのトレーニングのせいで右脛骨が疲労骨折しており、そのまま参加、完走していたことが発覚した。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たタバコ税

    LIVESTRONGは、2012年2月、タバコを値上げしてその収益を癌研究に充当するというカリフォルニア州条例案Proposition29(住民投票事項29)の運動に、1500万ドル(12億3400万円)を寄付した。これに関し「現在のタバコ税に1ドルをプラスすることにより、多くの人の命が救われ、喫煙者を減少できる」とアームストロングはコメントしている。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

126件中 31 - 40件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード