137件中 71 - 80件表示
  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たアメリカンフットボール

    ランスの誕生時、父親はおらず、彼は母によって育てられた(母の自立の精神は、自分にも強い影響を与えたと彼自身しばしば言及している)。3歳の時、母の再婚により現在の姓であるアームストロングを名乗ることになった。しかし継父との関係は良好とはいかなかった。子どものころはアメリカンフットボールが人気だったが、自分にはその才能がないと悟ったランスは水泳、そして母が多忙なため送り迎えが出来ず、ジムとの行き帰りに使用していた自転車、それらを複合させたトライアスロンを最終的に始めることとなる。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たエクステラ

    その後、ランスはエクステラ(マウンテンバイクを利用したオフロード版トライアスロン)への参戦を表明し、引き続きTREK社のバイクを用いて、アメリカチャンピオンシップで5位となった。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たバドワイザー

    2009年の10月には、バドワイザーを製造するアンハイザー・ブッシュ・インベブ社と3年間の個人契約を結んだと報じられた。同社の低カロリー飲料「ミケロブ・ウルトラ」の広告に出演する予定だという。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見た間質性肺炎

    精巣腫瘍には化学療法を施すのが一般的だが、治療薬のブレオマイシンには肺毒性があり、間質性肺炎を引き起こすなど、心肺機能を低減してしまう副作用があるため、プロの自転車選手として復帰することは不可能になると判断したランスはこれを拒否。結局インディアナ大学医学部で心肺機能へのダメージは少ないが、より過酷な化学療法を施し、さらに脳の浸潤部を切除することとなった。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たグランツール

    翌1993年、アメリカチャンピオンになりツールドフランスを迎えた。第8ステージで、ラウル・アルカラらと数人での逃げを決め、ゴールスプリントで区間優勝。数日後に監督の指令によりリタイアしたものの、プロ転向2年目にして早くもグランツールでの勝利を収め、大器の片鱗をのぞかせた。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見た人工授精

    精巣腫瘍にかかったため、癌からの復帰後に凍結保存精子を用いた人工授精によって、妻との間に男の子を、2年後には双子の女児を授かった。しかし、夫妻は5年間の結婚生活の後、2003年に離婚。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たフレッシュ・ワロンヌ

    そして翌1996年もツアー・デュポン連覇をはじめ、パリ〜ニース総合2位、フレッシュ・ワロンヌ優勝などの好成績をおさめ、一時は世界ランク1位を記録するなど成功は続いた。しかしシーズン中盤以降はツール・ド・フランスを途中棄権したほか、アトランタオリンピックでも12位と期待はずれの結果に終わるなど目立った活躍ができなかった。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たドッジボール (映画)

    ツール連覇を続けていた2004年には、映画『ドッジボール』で、本人役でのカメオ出演を果たしている。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たコロラド州

    USADAによる裁定の翌日にあたる2012年8月25日、コロラド州アスペン-スノーマスで行われたマウンテンバイクの大会に出場した。ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロング

    ランス・アームストロングから見たツール・ド・フランス2002

    ツール・ド・フランス 総合優勝、区間4勝(プロローグ、第11、12、19)ランス・アームストロング フレッシュアイペディアより)

137件中 71 - 80件表示