前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • 2013年の阪神タイガース

    2013年の阪神タイガースから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    藤川球児がメジャー移籍し、守護神を失った阪神は前年に16試合先発していた久保康友を新守護神とした。先発陣ではドラフトで1984年の嶋田章弘以来、28年ぶりにドラフト1位のくじ引きを引き当て(4球団競合)、即戦力でローテーションに入ることが期待された藤浪晋太郎を獲得した。野手では、金本知憲、城島健司が現役引退し、ブラゼルが退団し、平野恵一がオリックスにFA移籍した。その一方、メジャーから帰国した福留孝介と西岡剛を獲得した。外国人選手はマートン、スタンリッジ、メッセンジャーが安定した成績を残し、主力外国人の退団が前述のブラゼルのみに留まったため、ブラゼルに代わる外国人野手としてコンラッドのみを獲得した。阪神が新外国人で野手を獲得するのは2010年のマートン以来であった。2013年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 川端崇義

    川端崇義から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    ''、新人選手から投手の海田智行と共に開幕一軍入りを果たすと、3月30日に福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)8回裏から、右翼手として一軍デビュー。このカードを終えた後にいったん出場選手登録を抹消された。抹消後に11試合出場したウエスタン・リーグ公式戦で打率.295、10打点と好調だったことや、一軍で正右翼手が決まらなかったことから、4月21日の対北海道日本ハムファイターズ5回戦(ほっともっとフィールド神戸)で「9番・右翼手」としてスタメンで一軍に復帰。この試合で、一軍公式戦での初安打を放った。後にT-岡田が左太もも裏の肉離れで戦線を離れたことから、岡田に代わる左翼手としてレギュラーに定着。セ・パ交流戦では、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、11回表に満塁の局面からの打席で走者一掃の決勝適時二塁打を放ったことによって、チームに交流戦7試合目での初勝利をもたらした。さらに、5月22日の対阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)では、一軍公式戦での初本塁打をランディ・メッセンジャーからの満塁本塁打で記録した。オリックスの新人選手による一軍公式戦での初本塁打が満塁本塁打であった事例は、阪急ブレーブス時代の1956年4月11日に投手の米田哲也が記録して以来56年振り。オリックスではこの試合で、1番打者としてスタメンに起用された入団2年目の宮崎祐樹も1回裏に一軍公式戦初本塁打を先頭打者本塁打で記録したことから、「同じチームで2人の選手が同じ試合の初回先頭打者本塁打と満塁本塁打によって一軍公式戦初本塁打を記録」というNPB史上3例目のチーム記録も達成した。川端自体は、6月に月間打率を.140まで下げたものの、7月には.371、8月には.340と復調。8月18日の対ソフトバンク戦から9月4日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム)まで15試合連続安打を記録するとともに、9月3日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(クリネックススタジアム宮城)3回表の安打で、一軍公式戦での安打数が通算100本に到達した。NPBがプロ野球ドラフト会議を導入した以降に新人扱いで阪急・オリックスへ入団した野手で、入団1年目に一軍公式戦でシーズン100安打を記録した事例は、当時のチームメイトで入団の大引啓次以来3人目であった。9・10月には月間打率が.176にとどまるなど大幅に調子を落としたが、シーズン全体では、一軍公式戦125試合の出場でパ・リーグの最終規定打席に到達。阪急時代のに熊野輝光が樹立した新人野手としての一軍公式戦シーズン通算安打数の記録(114安打)に並んだほか、打率.266、2本塁打、6盗塁という成績を残すなど、最下位に低迷するチームにあって孤軍奮闘の働きを見せた。川端崇義 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原将志

    桑原将志から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    には、ポジション登録を外野手に変更。6月28日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、一軍外野陣のレギュラーだった荒波翔の故障・金城龍彦の不調などを背景に、外野手としてのスタメン起用が相次いだ。「6番・中堅手」として出場した7月4日の対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)では、阪神先発のランディ・メッセンジャーから第1打席で9球、第2打席で10球、第3打席で10球を投げさせた末に、2つの四球で出塁。8月の対読売ジャイアンツ(巨人)戦では、新潟で催された8月5日の延長12回裏と、横浜で催された30日の9回裏にサヨナラ安打を放っている。さらに、9月28日に横浜で開かれた同カードでは、6回裏に一軍初本塁打を澤村拓一からのソロ本塁打で記録。一軍公式戦全体では、53試合の出場で、打率.257、1本塁打、13打点、4盗塁という成績を残した。桑原将志 フレッシュアイペディアより)

  • 平良拳太郎

    平良拳太郎から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    4月7日の対阪神タイガース戦でプロ初登板・初先発。3回までは4者連続三振を奪うなど無失点の好投で、3回裏の初打席ではランディ・メッセンジャーから右前に運んだが、前進守備の右翼手福留孝介が一塁に素早く送球し「ライトゴロ」となった。直後の4回表にはその福留に先制2ラン本塁打を浴び、さらにメッセンジャーに2点適時打を打たれるなど4回途中4失点で降板した。オフにはチームメイトの岡本和真・高木勇人と共に、プエルトリコのウインターリーグへ派遣平良拳太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 堂林翔太

    堂林翔太から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    ''、一軍監督・野村謙二郎からの期待を受けて、公式戦の開幕を初めて一軍で迎えた。3月30日には、地元のナゴヤドームで催された中日ドラゴンズとの開幕戦に、「7番・三塁手」としてスタメンで一軍デビュー。この試合で一軍初安打を記録すると、高校3年夏の選手権決勝以来3年振りに甲子園へ登場した4月24日の対阪神タイガース戦で、ランディ・メッセンジャーから一軍初本塁打を放った。7月25日の対東京ヤクルトスワローズ戦で石川雅規から神宮球場のバックスクリーンに放ったソロ本塁打によって、シーズン2桁本塁打に到達。広島の高卒3年目に一軍公式戦へ出場した野手では、緋本祥好()・江藤智()・前田智徳()に次ぐ球団記録を、この一打で達成した。結局、シーズン全体では、一軍公式戦でチーム最多の14本塁打を放っている。オールスターゲームには、「SKYACTIV TECHNOLOGY プラスワン ドリーム投票」(最後の出場選手を決める投票)での選出によって、広島の野手では史上最年少の20歳で初出場。全3試合の出場で6打席ノーヒットに終わったが、第2戦では「1番・三塁手」としてスタメン出場を果たした。シーズン終了後の11月には、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」で、初めて日本代表に選出。11月18日の第2戦(札幌ドーム)では、代打で三塁打を放った。シーズン通算では、一軍公式戦全144試合出場を果たしながら、両リーグワーストの29失策、150三振、得点圏打率.192を記録。広島の選手による一軍公式戦のシーズン最多三振記録も達成したため、シーズン終了後には、三振に倒れる堂林の姿を集めた写真展がマツダスタジアム内で開かれた。その一方で、12月17日には、前年から1,000万円増の推定年俸1,700万円で契約を更改した。堂林翔太 フレッシュアイペディアより)

  • ウラディミール・バレンティン

    ウラディミール・バレンティンから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    10月4日の対阪神戦(神宮)でランディ・メッセンジャーから60号を放ち、日本プロ野球史上初のシーズン本塁打60本台とした。最終戦までブランコとの打撃タイトル三冠争いとなったものの、僅かに逆転の可能性が残っていた10月8日のシーズン最終戦の対巨人戦(東京ドーム)では満塁の場面で四球を選び1打点を挙げるが、3回の守備から交代して今シーズンを終えた。バレンティンは本塁打王と最高出塁率の2冠を獲得したが、首位打者は3厘差、打点王は5点差でブランコが獲得し、バレンティンはいずれも2位に終わる。また、シーズン長打率を.779として、ランディ・バースを抜いて日本プロ野球史上最高を記録、2年連続のベストナインと、初のMVPを受賞。最下位球団からの受賞は史上初。ウラディミール・バレンティン フレッシュアイペディアより)

  • ソエジマ隊員

    ソエジマ隊員から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    「上からメッセンジャー!」ソエジマ隊員 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の阪神タイガース

    2009年の阪神タイガースから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    12月10日 - 新外国人選手のランディ・メッセンジャーと契約の締結を発表。2009年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 篠田純平

    篠田純平から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初打点:2010年8月10日、対阪神タイガース13回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、4回裏にランディ・メッセンジャーから右中間へ3点適時三塁打篠田純平 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東京ヤクルトスワローズ

    2013年の東京ヤクルトスワローズから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    10月4日 - ウラディミール・バレンティンが対阪神戦(神宮)でランディ・メッセンジャーから日本プロ野球史上初のシーズン60本塁打2013年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード