前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • 堂林翔太

    堂林翔太から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    春季キャンプ中から監督の野村謙二郎にマンツーマンで打撃指導を受け、3月30日の中日ドラゴンズとの開幕戦に「7番・三塁手」として一軍初出場し、8回に初安打を記録した。4月24日の阪神タイガース戦で8回にランディ・メッセンジャーからプロ初本塁打を甲子園のバックスクリーン右に放った。オールスターゲームでは、最後の1人を決める投票「SKYACTIV TECHNOLOGY プラスワン ドリーム投票」で選出され、6打席無安打ながら全3試合に出場、第2戦では「1番・三塁手」で先発出場を果たした。7月25日のヤクルト戦で石川雅規からプロ入り初の二桁本塁打となる10号本塁打を放つ。高卒3年目での二桁本塁打は球団では江藤智、前田智徳以来3人目。全試合出場を果たすものの、両リーグワーストの29失策、150三振、得点圏打率.192と課題が残った。150三振は広島の球団最多記録(今までの最多三振はアンディ・シーツの140三振)を更新するもので、シーズン終了後にマツダスタジアム内で三振に倒れる堂林の姿を集めた写真展が開かれた。11月の侍ジャパンのキューバ戦に選出され、代打で出場し三塁打を放った。契約更改では、1000万円増の1700万円で更改し、野村が現役時代につけていた背番号「7」に変更した。堂林翔太 フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー・フォッサム

    ケーシー・フォッサムから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    しかし、交流戦が明けると調子を大きく崩す。7月4日の対巨人戦では2回1/3で3本塁打を含む9安打を浴び7失点。同じく3本塁打を許して3回2/3で降板した6月20日の対横浜ベイスターズ戦から続く3戦連続の先発失敗で期待に添えられず、一軍登録を抹消された。その後は二軍で活躍するもジェイソン・スタンリッジとランディ・メッセンジャーらの活躍で再び一軍に上がれないままシーズンを終え10月4日に帰国。10月26日に阪神タイガースより翌年の契約を結ばないことが発表された。ケーシー・フォッサム フレッシュアイペディアより)

  • スコット・オルセン

    スコット・オルセンから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    短気な性格で、何度もチーム内で暴力沙汰となった。はミゲル・カブレラ、ランディ・メッセンジャーと一戦を交えた。7月には制限速度オーバーが警察にみつかったが、それを無視して自宅へ逃走。その後警察が来て現行犯逮捕となったが、翌日保釈金を払った。スコット・オルセン フレッシュアイペディアより)

  • マット・マートン

    マット・マートンから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    7月8日の対フロリダ・マーリンズ戦でメジャーリーグデビュー。このデビュー戦では、のちに阪神でチームメイトとなるランディ・メッセンジャーがマーリンズの2番手投手として登板し、2打席対戦して右犠飛と右二塁打を放っている。このシーズンは打率.321, 7本塁打、14打点、OPS .908という成績を残した。特に左投手に対しては打率.380と結果を出した。マット・マートン フレッシュアイペディアより)

  • 川端崇義

    川端崇義から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初本塁打:2012年5月22日、対阪神タイガース1回戦(京セラドーム大阪)、6回裏にランディ・メッセンジャーから左越決勝満塁本塁打川端崇義 フレッシュアイペディアより)

  • カート・スズキ

    カート・スズキから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    2012年に東京ドームで行われたプレシーズンゲームでは対巨人戦でレビ・ロメロから、対阪神戦ではランディ・メッセンジャーから本塁打を放った。また、この試合では、東日本大震災で被災した福島県の親戚を招待していた。同年8月3日、トレードでワシントン・ナショナルズに移籍した。カート・スズキ フレッシュアイペディアより)

  • 鄭凱文

    鄭凱文から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    は二軍スタートとなり、ウエスタン・リーグでは好調を見せ連続無失点の登板を続けていたが、外国人4選手が一軍で揃って活躍していたため昇格機会がなかった。前半戦最後の9連戦である7月16日の対横浜ベイスターズ戦で前半戦の登板機会を終えたランディ・メッセンジャーとの入れ替わりでシーズン一軍初昇格・初先発登板し、6回2/3を投げ2失点に抑え、加えて味方の大量援護もあり664日ぶりの一軍白星を挙げた。その後、外国人枠の関係から二軍落ちし、7月30日の対に再び一軍で先発したが、3回2失点で降板し翌日二軍落ちした。その後は、二軍での登板を続け、5勝1敗防御率1.72で、ウエスタン・リーグ最優秀防御率、最高勝率(.833)となった。鄭凱文 フレッシュアイペディアより)

  • 二神一人

    二神一人から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    6月30日に腰を痛めた福原忍の入れ替わりで一軍に昇格。7月6日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初登板し、先発のランディ・メッセンジャーが6失点し、降板した後の3回から2イニングを被安打1の無失点に抑えた。二神一人 フレッシュアイペディアより)

  • ウラディミール・バレンティン

    ウラディミール・バレンティンから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初盗塁:2011年4月30日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、6回表に二盗(投手:ランディ・メッセンジャー、捕手:城島健司)ウラディミール・バレンティン フレッシュアイペディアより)

  • 鳥谷敬

    鳥谷敬から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    1000試合出場:2011年5月22日、対埼玉西武ライオンズ1回戦(阪神甲子園球場)、6回裏にランディ・メッセンジャーの代打として出場、帆足和幸から左前安打 ※史上442人目鳥谷敬 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード