66件中 21 - 30件表示
  • ジェフ・ウィリアムス

    ジェフ・ウィリアムスから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    からは2年契約を結んだが、37歳という年齢と、推定年俸が200万ドルと高い選手であることから、2年目の契約更新は阪神球団が選択権を持つ形(事実上オプション)となった。シーズンでは6月下旬に左肩を痛めて登録を抹消、7月に復帰したものの再び抹消された。その後は二軍で調整を続けていたが、8月下旬に手術のため帰国。球団は「肩のリハビリに相当時間がかかり、来期の戦力には厳しい」と判断し、11月6日に正式に退団が発表された。阪神での7年の在籍期間はジーン・バッキーと並び、ランディ・メッセンジャーに次いで阪神の外国人投手として2番目に長い契約期間である。ジェフ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の阪神タイガース

    2014年の阪神タイガースから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    最多勝利:ランディ・メッセンジャー(13勝、初受賞)2014年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・メンデス

    ロマン・メンデスから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    阪神球団では、2016年に契約していた6人の外国人選手のうち、ランディ・メッセンジャーとマルコス・マテオに対してのみシーズンの契約を結んでいた。その一方で、入団1年目の2016年にシーズン中盤まで一軍のセットアッパーを務めながら、10月に右肘の手術を受けたラファエル・ドリス(いずれもメンデスと同じ右投手)との契約更新を一時的に保留。このような事情から、ドリスとの再契約に至らない可能性を視野に入れながら、救援陣を強化する目的でメンデスの獲得に踏み切った。なお、メンデスを獲得した直後には、正三塁手候補としてエリック・キャンベル内野手とも契約している。ロマン・メンデス フレッシュアイペディアより)

  • スコット・オルセン

    スコット・オルセンから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    短気な性格で、何度もチーム内で暴力沙汰となった。はミゲル・カブレラ、ランディ・メッセンジャーと一戦を交えた。7月には制限速度オーバーが警察に見つかったが、それを無視して自宅へ逃走した。その後警察が来て現行犯逮捕となったが、翌日保釈金を払った。スコット・オルセン フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    9月2日 - 阪神のランディ・メッセンジャーが対DeNA戦(甲子園)で、12奪三振でシーズン201奪三振とし、2リーグ制以降での外国人選手の最多記録2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • カイル・デイビーズ

    カイル・デイビーズから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初打席・初安打:同上、2回表にランディ・メッセンジャーから遊撃内野安打カイル・デイビーズ フレッシュアイペディアより)

  • 宮本慎也

    宮本慎也から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    350犠打:2010年4月9日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、8回表にランディ・メッセンジャーから投手前犠打 ※史上3人目宮本慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    しかし、2013年8月20日には三浦大輔の代打として阪神の右投手、ランディ・メッセンジャーと対戦したが、右打席に入った。この頃から、内村自身は右打ちだけでやりたいという意思があった。ただ、9月半ば以降はまた左打席にも立つようになった。内村賢介 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    全球団から本塁打:2011年5月22日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、6回表にランディ・メッセンジャーから中越ソロ ※史上20人目ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 藤井彰人

    藤井彰人から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    には、開幕戦から13試合連続でスタメンマスクを任されていた梅野の不調を受けて、4月12日からスタメンに起用された。レギュラーシーズンでは、前年から続く鶴岡・梅野との併用策の下で、ランディ・メッセンジャーの先発登板試合を中心に71試合へ出場。チームがシーズン3位で臨んだ巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージでも、10月12日の第2戦(東京ドーム)にメッセンジャーとのバッテリーで出場すると、チームの同ステージ唯一の勝利に貢献した。その一方で、レギュラーシーズンの終盤には、先発機会が減ったことや体力面での不安などを理由にこの年限りでの引退を決意。チームがクライマックスシリーズのファーストステージで敗退した翌日(10月13日)に、甲子園球場内での記者会見で現役引退を発表した。同月30日に、NPBから任意引退選手として公示。藤井彰人 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード