66件中 31 - 40件表示
  • 福元淳史

    福元淳史から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初打点:2013年5月17日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、2回表にランディ・メッセンジャーから左前適時打福元淳史 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・スタンリッジ

    ジェイソン・スタンリッジから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    は先発陣の一員として26試合に登板。投球回は160回以上で、セ・リーグ3位の防御率2.74を記録。しかし、先発した試合で打線の援護に恵まれないことが多く、8勝12敗でシーズンを終えた。さらに、球団ではシーズン終了後に、投打の柱であるマット・マートンおよびランディ・メッセンジャーの残留を内定。その一方で、新外国人選手として投手の呉昇桓と内野手のマウロ・ゴメスの獲得に動いた。このため、同時に一軍へ登録できる外国人選手数の上限(最大4人)との兼ね合いで、11月中旬にスタンリッジの退団が決まった。スタンリッジは、退団決定の直後に、自身のTwitterを通じてファンへの感謝の言葉を綴っている。阪神からの退団を受けて、複数球団がスタンリッジの獲得に動いた。ジェイソン・スタンリッジ フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    日本シリーズは5戦全てに出場。第1戦、第2戦は代打で結果が出なかったが、10月28日の第3戦で7番指名打者として先発出場すると、2回に藤浪晋太郎から四球を選び先頭で出塁し、今宮健太の犠打で進塁、続く細川亨への7球目が暴投となり、ファウルゾーンを転がる間に二塁から一気に生還した。日本シリーズでの暴投による二塁走者からの一気生還は1999年の日本シリーズの川上憲伸から得点した浜名千広以来15年ぶりとなった。6回にも藤浪から先頭打者安打で出塁すると、二死満塁となった場面で安藤優也が内川聖一を三塁前への打球で詰まらせたが、西岡剛の判断ミスによるフィルダースチョイスが発生し、三塁から生還した。12打数2安打で打率.167だったが以上の2得点が勝利へつながりチームの勝利に貢献した。10月30日、第5戦では同点の3回にランディ・メッセンジャーからショートへの内野安打でヘッドスライディングした際に左手を負傷したことにより、日米野球2014において、11月10日に開催される野球日本代表との強化試合に北海道日本ハム・福岡ソフトバンク連合側で選出されていたが、辞退した。突き指と発表していたが、オフの12月10日のV旅行中に左指を骨折していた事を明かした。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    8回は無死一塁から2ストライクと追い込まれながらランディ・メッセンジャーの投球後の癖を計算して冷静にスリーバントを決めて松田宣浩の先制決勝打を呼んだ。1点リードで迎えた9回裏に、デニス・サファテが3四球で一死満塁のピンチを作って迎えた西岡剛のファーストゴロを、冷静に捌いて本塁へ送球し封殺。細川亨の返球を受けて3-2-3の併殺で、自身がボールを受けゲームセットと思いきや、ボールは西岡の体に当たって外野へ転がる。このプレーが守備妨害による併殺完成となり、チームの日本一を決めた。14打数3安打3四球3得点、打率.214だったが3の犠打が全て得点と勝利へ繋がった。明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の阪神タイガース

    2017年の阪神タイガースから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    年間を通してリーグの上位を推移しており、一時は首位広島東洋カープに肉薄するなど12年ぶりのリーグ優勝も狙えたシーズンであったが、糸井や上本博紀、ランディ・メッセンジャーらの故障離脱や岩貞、藤浪の不振など投打の主力を欠いたことが終盤の戦いに響き、最終的には首位に10ゲーム差を付けられ2位に終わった。クライマックスシリーズでは3位横浜DeNAベイスターズを本拠地甲子園球場に迎えるも、1勝2敗で1stステージ敗退。2017年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 8月13日

    8月13日から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    1981年 - ランディ・メッセンジャー、プロ野球選手8月13日 フレッシュアイペディアより)

  • レスリー・アンダーソン

    レスリー・アンダーソンから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    は相手の徹底マークや怪我、立岡宗一郎らの台頭で83試合の出場に終わり、打率も大きく落とすなどと前年よりもに不本意な成績で終わった。なお、チームはリーグ4連覇を逃してCSファイナルステージでも敗退したが、阪神とのCSファーストステージ第2戦ではチームは敗れたものの7回に代打でランディ・メッセンジャーから2点差に詰め寄るソロ本塁打を放った。オフの契約更改ではシーズンでの成績不振のため年俸500万円ダウンとなった。レスリー・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝広

    中村勝広から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    2013年のシーズン終了後には、クローザ―候補として韓国プロ野球・三星ライオンズから呉昇桓、4番候補としてマウロ・ゴメスを獲得。その影響で、先発陣の一角を担っていたジェイソン・スタンリッジに自由契約を通告した。翌2014年には、呉がセーブ王、ゴメスが打点王のタイトルを獲得。GM就任前の2010年から在籍していたマット・マートンが首位打者、ランディ・メッセンジャーが最多勝利と最多奪三振のタイトルを獲得するなど、在籍する外国人全4選手がタイトルホルダーになった。なお、スタンリッジは福岡ソフトバンクホークスへの復帰後も、先発投手として活躍。2015年には、呉がNPB外国人投手のシーズン最多セーブ記録(41セーブ)を達成するとともに、2年連続のセーブ王に輝いた。中村勝広 フレッシュアイペディアより)

  • ジーン・バッキー

    ジーン・バッキーから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    1964年には、29勝9敗、防御率1.89の好成績を挙げ、最多勝利、最優秀防御率のタイトルを獲得し、沢村賞に選ばれた。外国人選手が沢村賞を受賞するのはこれが初めてだった。バッキーの活躍でこの年の阪神はセントラル・リーグの優勝を果たした。同年の日本シリーズでは南海ホークスと対戦、第6戦でエースのジョー・スタンカと投げ合ったが0-4で敗れた。この年のシーズン200奪三振は、2014年にランディ・メッセンジャーが226奪三振を記録するまで、球団所属外国人投手の最多シーズン奪三振記録であった。ジーン・バッキー フレッシュアイペディアより)

  • 山本泰寛

    山本泰寛から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初打点:2016年7月18日、対阪神タイガース14回戦(阪神甲子園球場)、6回表にランディ・メッセンジャーから一塁適時内野安打山本泰寛 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード