66件中 41 - 50件表示
  • 久保康生

    久保康生から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    コーチとしては長身の右投げ投手、それらと似た要素の強い外国人右腕投手への指導や欠点修正などに定評があるといわれており、ランディ・メッセンジャーが中継ぎとして結果を残せず、退団の可能性もあった中で先発として起用した。ジェイソン・スタンリッジからも慕われている。近鉄時代は岩隈久志を育てた。久保康生 フレッシュアイペディアより)

  • 板山祐太郎

    板山祐太郎から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初出場・初打席:2016年4月22日、対広島東洋カープ4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、6回表にランディ・メッセンジャーの代打で出場、ブレイディン・ヘーゲンズから二塁ゴロ板山祐太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大山悠輔

    大山悠輔から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初出場・初打席:2017年6月23日、対広島東洋カープ10回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、5回表にランディ・メッセンジャーの代打で出場、クリス・ジョンソンから空振り三振大山悠輔 フレッシュアイペディアより)

  • 大城卓三

    大城卓三から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初打席・初安打:同上、ランディ・メッセンジャーから右前安打大城卓三 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎太一

    岡崎太一から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    ''、前年の秋季キャンプでの動きが新任の首脳陣に高く評価されたことから、春季キャンプを一軍の「沖縄組」でスタート。正捕手格で自身7年振りの開幕一軍入りを果たした。3月25日には、中日との開幕戦(京セラドーム大阪)に「8番・捕手」としてスタメン出場。阪神生え抜きの捕手としては球団史上最も遅い入団12年目で、初めて一軍開幕戦のスタメンマスクを任された。この試合で一軍公式戦自身4年振りの安打を記録すると、翌26日の同カードでは、適時打によって自身7年(2545日)振りの打点を挙げた。4月10日の対巨人戦(東京ドーム)では、5回表1死満塁の打席で放った2点二塁打によって、一軍公式戦自身初の長打を記録。打力で勝る原口文仁が一軍の正捕手に抜擢された5月以降も、ランディ・メッセンジャーや能見が先発する試合を中心に、随時スタメンへ起用されていた。しかし、7月12日の対東京ヤクルトスワローズ戦(長野オリンピックスタジアム)で左手の有鉤骨を骨折。14日に出場選手登録を抹消されると、15日に骨折部分の除去手術を受けた。8月にウエスタン・リーグ公式戦で実戦に復帰したが、自身の戦線離脱中に新人の坂本誠志郎が一軍に抜擢されたことなどから、一軍への復帰までには至らなかった。しかし、一軍公式戦全体では、自己最多の38試合に出場。打率は.200ながら、安打数(13)・打点(5)・犠打(3)などで自己記録を更新したほか、一軍初の犠飛や盗塁も記録した。岡崎太一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    からは肩書きが監督兼選手に変更となる。3月27日の開幕戦にはスタメンを松井雅人に譲り、2014年まで続いていた開幕スタメン連続出場が21年で途切れた。4月30日の対巨人戦(東京ドーム)でスタメン出場し、野村克也以来史上2人目の通算3000試合出場を達成した(本人は実感がなかったらしい)。5月2日のDeNA戦では9回からマスクをかぶったが、本塁上のクロスプレーでセーフと判定されたことを巡り、山路哲生球審に触れて抗議したとして退場が宣告された。退場処分を受けたのはプロ27年目、出場3001試合目で初めて。翌5月3日に日本プロフェッショナル野球組織の熊崎勝彦コミッショナーから厳重注意と制裁金20万円の処分が科されたが、翌々日の5月4日の阪神甲子園球場で行われた阪神タイガース7回戦でシーズン初の安打・得点を記録すると、ランディ・メッセンジャーから3点本塁打もマークして汚名返上を果たし、これで安打・本塁打ともに27年連続となり、自身の持つプロ野球記録を更新した。後半戦、チームは最下位と思わしくない状況であったが、7月25日の明治神宮野球場での東京ヤクルトスワローズ戦の7回から捕手として途中交代出場。この出場により野村克也(当時は西武ライオンズ)が持つ通算試合出場数の3017試合に肩を並べ、迎えた7月28日の本拠地ナゴヤドームでの阪神タイガースとの試合で8番・捕手で先発出場し、通算3018試合出場を達成。野村の記録を塗り替え前人未到の記録を達成した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • マット・マートン

    マット・マートンから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    7月8日の対フロリダ・マーリンズ戦でメジャーリーグデビュー。このデビュー戦では、のちに阪神でチームメイトとなるランディ・メッセンジャーがマーリンズの2番手投手として登板し、2打席対戦して右犠飛と右二塁打を放った。このシーズンは打率.321, 7本塁打、14打点、OPS .908という成績を残した。特に左投手に対しては打率.380と結果を出した。マット・マートン フレッシュアイペディアより)

  • 鄭凱文

    鄭凱文から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    は二軍スタートとなり、ウエスタン・リーグでは好調を見せ連続無失点の登板を続けていたが、外国人4選手が一軍で揃って活躍していたため昇格機会がなかった。前半戦最後の9連戦である7月16日の対横浜DeNAベイスターズ戦で前半戦の登板機会を終えたランディ・メッセンジャーとの入れ替わりでシーズン一軍初昇格・初先発登板し、6回2/3を投げ2失点に抑え、加えて味方の大量援護もあり664日ぶりに一軍での勝利を挙げた。その後、外国人枠の関係から二軍落ちし、7月30日の対に再び一軍で先発したが、3回2失点で降板し翌日二軍落ちした。鄭凱文 フレッシュアイペディアより)

  • with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!

    with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    2017年度の最終放送(2018年3月25日)では、過去に採用されたフレーズの一部を取り入れて収録した2018年度『MBSベースボールパーク』阪神戦中継用のジングル(金本1パターン、ランディ・メッセンジャー1パターン、秋山拓巳3パターン、ウィリン・ロサリオ3パターン)を発表した。with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン! フレッシュアイペディアより)

  • 多和田真三郎

    多和田真三郎から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初打席:2016年6月4日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、3回表にランディ・メッセンジャーから空振り三振多和田真三郎 フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード