66件中 51 - 60件表示
  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    2010年 - スタンリッジ(阪神)が「スタン(改行、右へ一文字下げて)リッジ」と表示された。これは、「ッ」と「ジ」の濁点が干渉し一行で表示しづらくなるためこの表示になった。また、メッセンジャー(阪神)は7文字だが「ッ」と「ャ」の表示を工夫して一行で表示している。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

  • ネルソン・ペレス

    ネルソン・ペレスから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    には、入団後の約3ヶ月間に、ウエスタン・リーグ公式戦でチーム最多の14本塁打を記録した。ペレスの獲得直後にゴメスとマートンが揃って復調したことや、両野手に加えて主力投手のランディ・メッセンジャーや呉昇桓が一軍でプレーを続けていたことから、外国人選手の出場選手登録に関するNPBの規定(同時に4選手まで登録可能)との兼ね合いで9月中旬までは二軍でプレー。打線全体の不振で一軍がセントラル・リーグの優勝争いから後退したことや、呉が右足内転筋の張りを訴えて9月27日に登録を抹消されたことを受けて、翌28日に一軍昇格し、同日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(阪神甲子園球場)で6番・右翼手として一軍デビューした。なお、阪神はこの試合で、ペレス・ゴメス・マートンをスタメンに起用。NPBで同一球団の外国人野手3名による公式戦への同時出場が可能になった以降、阪神では初めての事例であった。ペレス自身は、この試合を含めて、一軍公式戦3試合に出場。いずれもスタメンに起用されたが、通算10打席で9打数無安打で、レギュラーシーズン最終戦前日の10月3日に登録を抹消された。一軍がシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージに出場しない一方で、翌2016年の残留を目標に若手選手主体のフェニックスリーグへ参加。12月5日には、1年契約で残留することが球団から発表された。ネルソン・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • 田中俊太

    田中俊太から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    初打席・初安打:同上、ランディ・メッセンジャーから二塁内野安打 田中俊太 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    ''、2月26日の試合前練習中、内野ノックで捕球する際に右手に打球を受け、右手人差し指第一関節の骨折と診断される。その後手術を受け回復、5月17日の二軍戦で実戦復帰し、5月31日の対オリックス戦で一軍復帰。7番右翼手で先発出場すると0対0で迎えた延長12回表に馬原孝浩から決勝のソロ本塁打を放った。その後も右翼手のレギュラーとしてスタメン出場を続け、勝負強い打撃と守備でチームの勝利に貢献。チームを2度目の交流戦優勝に導き、交流戦MVPを獲得した。69試合の出場ながら3割近い打率を残した。クライマックスシリーズではファイナルステージで阪神と対戦。チームはストレートの4連敗で敗退したが、第3戦ではランディ・メッセンジャー、第4戦には能見篤史からそれぞれソロホームランを打つなど、不振だった打撃陣においてレスリー・アンダーソンと共に気を吐いた。オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 新井貴浩

    新井貴浩から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    350二塁打:2016年4月22日、対阪神タイガース4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、1回裏にランディ・メッセンジャーから3点適時二塁打 ※史上40人目新井貴浩 フレッシュアイペディアより)

  • 山井大介

    山井大介から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    、8月に初めて国内FA権を取得。9月6日の対阪神戦(ナゴヤドーム)で7イニングを6安打2失点で、自身初の10勝目を挙げるなど13勝を挙げ、阪神のランディ・メッセンジャーと共に最多勝、また単独で最高勝率のタイトルを獲得した。なお、36歳で初めて10勝を記録したのはNPB史上最年長記録となった。また、規定投球回をクリアしたのもこの年が初だった。オフに国内FA権を行使せず中日に残留を決断。契約更改交渉にて、年俸は倍増の1億2000万円にあがり、合わせて36歳と高齢ながらも年俸固定制の3年契約を結んだ。山井大介 フレッシュアイペディアより)

  • 今成亮太

    今成亮太から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    2013年:紅組の「4番・三塁手」として迎えた最初の打席では、西岡剛・上本・新井良太のレプリカユニホームを着込んで登場。1球ごとにユニフォームを1枚ずつ脱ぎながら、初球に新井良太、2球目に上本、3球目に左打席で西岡の打撃フォームの真似を披露した(結果は3球目を打って投手へのゴロ)。第2打席でも、関本賢太郎のレプリカユニフォーム姿で、バットを極端に短く持つ関本独特の打撃フォームを再現。投手として登板したマウンドでも、ランディ・メッセンジャーの投げ方を真似て場内を沸かせたことから、紅白戦の終了後には「敢闘賞」に選ばれた。今成亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田悠岐

    柳田悠岐から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    クライマックスシリーズファイナルステージでは、10月15日第1戦に浦野博司から先制タイムリー二塁打を放ち、10月18日第4戦では木佐貫洋から初回先頭打者本塁打で先制するなど、全6試合に出場し25打数で打率.280、3打点の成績だった。日本シリーズでは10月25日第1戦では、先発のランディ・メッセンジャーから6回に日本シリーズ初安打を放つと、7回二死三塁でも同投手からライトへ安打を放ち日本シリーズ初打点を記録。全5試合に出場、20打数8安打(打率4割)、5得点と活躍してチームの日本一に貢献、同選手権の優秀選手賞も受賞した。他にも三井ゴールデン・グラブ賞と、ベストナインを初受賞した。柳田悠岐 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・メンドーサ

    ルイス・メンドーサから見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    2017年8月30日に阪神タイガースがNPBに対して、ウエーバー公示中のメンドーサを獲得することを申請。翌31日には、日本ハム球団との間で、メンドーサの保有権譲渡に関する契約が成立したことを発表した。NPBの野球協約第13章第119条「選手契約の譲渡(優先順位)」の適用による移籍で、背番号は75。阪神では、前年にシーズン途中から終了まで在籍していたコーディ・サターホワイトに続いて、途中入団の外国人右投手がこの背番号を付けることになった。2017年時点での野球協約では、基本として、日本シリーズの終了翌日から翌年の7月31日までを選手契約の譲渡可能期間に定めている。ただし、ウエーバー公示選手に限っては、「公示日から7日以内にNPBを通じて当該選手の契約譲渡を申請する」「レギュラーシーズン中に複数の球団から申請があった場合には、(1)保有権を放棄した球団と同じリーグに加盟する球団(2)申請期限日時点で当該シーズンにおけるリーグ戦の勝率が相対的に低い球団の順に申請を優先する(優先順位)」「申請した球団への移籍を当該選手が拒否しない」などの条件付きで、上記以外の期間での譲渡も認めている(当該項に詳述)。2017年8月時点でセントラル・リーグ(セ・リーグ)の2位だった阪神では、ランディ・メッセンジャーの故障による戦線離脱や藤浪晋太郎の不調などを背景に、首位・広島との逆転によるリーグ優勝へ向けて先発要員の補強を模索し、NPB実働4シーズンで一軍公式戦通算27勝や平均防御率3点台の実績を持つメンドーサに白羽の矢を立てたうえで、ウエーバー公示から6日後に獲得を申請した。申請した球団が阪神だけで、メンドーサも移籍を拒否しなかったことから、阪神球団はウェーバー公示期間最終日の8月31日にメンドーサの獲得へ至った。ルイス・メンドーサ フレッシュアイペディアより)

  • 田中広輔

    田中広輔から見たランディ・メッセンジャーランディ・メッセンジャー

    2017年6月23日の対阪神戦(マツダスタジアム)1回裏の第1打席で、阪神の先発ランディ・メッセンジャーから放った打球は、左翼手・福留孝介が頭上にかざしたグラブをかすめた末に外野のラバーフェンスを直撃。審判団はこの打球をいったん本塁打と判定したが、打球の行方が分からない状況での判定であったことから、阪神の首脳陣は審判団にビデオ判定を要求した。田中広輔 フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード