50件中 21 - 30件表示
  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たニューヨーク・ヤンキース

    にシアトル・マリナーズに移籍し、中継ぎで13試合に登板し防御率3.55, は3Aで52試合に登板、防御率2.86で25セーブの好成績を残した。メジャーでは12試合に登板、0勝1敗で防御率4.35であった。9月19日の対ニューヨーク・ヤンキース戦は松井秀喜を全て直球で3球三振に打ち取った。同年オフにロースターから外されて自由契約となった。これに対し、阪神が、同年限りで退団となったスコット・アッチソンに代わる右のセットアッパーとして獲得に動き、12月10日に契約した。推定年俸60万ドルの1年契約。マリナーズ時代の同僚で、やはり同年オフに阪神に入団した城島健司からも「彼なら絶対できる」と評価された。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た阪神甲子園球場

    初奪三振:2010年4月8日、対読売ジャイアンツ3回戦(阪神甲子園球場)、9回表に高橋由伸からランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た天下一品

    来日後ラーメンが好物となり、今では先発登板の前日は験担ぎとして必ずラーメンを食べるようになっている。天下一品では「こっさり」(「こってり」と「あっさり」のミックス)がお気に入りという。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たフォークボール

    身長198cm, 体重119kgの巨漢投手で、オーバースローから速球はかつては最速98mph(約158km/h)をマークしており、その後コントロールを重視するようになったものの、依然として平均球速約145km/h、最速154km/hの球速を維持している。変化球は変化の大きい縦のカーブと、スライダー、フォークボールランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た速球

    身長198cm, 体重119kgの巨漢投手で、オーバースローから速球はかつては最速98mph(約158km/h)をマークしており、その後コントロールを重視するようになったものの、依然として平均球速約145km/h、最速154km/hの球速を維持している。変化球は変化の大きい縦のカーブと、スライダー、フォークボール。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た大阪ドーム

    初登板:2010年3月26日、対横浜ベイスターズ1回戦(京セラドーム大阪)、8回表に4番手で救援登板、1回無失点ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たカーブ (球種)

    身長198cm, 体重119kgの巨漢投手で、オーバースローから速球はかつては最速98mph(約158km/h)をマークしており、その後コントロールを重視するようになったものの、依然として平均球速約145km/h、最速154km/hの球速を維持している。変化球は変化の大きい縦のカーブと、スライダー、フォークボール。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た投手

    ランドール・ジェローム・メッセンジャー(Randall Jerome "Randy" Messenger, 1981年8月13日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(投手)。アメリカ合衆国ネバダ州出身。スポーツ新聞などの見出しでは「メッセ」と略されることもある。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た横浜DeNAベイスターズ

    初登板:2010年3月26日、対横浜ベイスターズ1回戦(京セラドーム大阪)、8回表に4番手で救援登板、1回無失点ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たリリーフ

    にシアトル・マリナーズに移籍し、中継ぎで13試合に登板し防御率3.55, は3Aで52試合に登板、防御率2.86で25セーブの好成績を残した。メジャーでは12試合に登板、0勝1敗で防御率4.35であった。9月19日の対ニューヨーク・ヤンキース戦は松井秀喜を全て直球で3球三振に打ち取った。同年オフにロースターから外されて自由契約となった。これに対し、阪神が、同年限りで退団となったスコット・アッチソンに代わる右のセットアッパーとして獲得に動き、12月10日に契約した。推定年俸60万ドルの1年契約。マリナーズ時代の同僚で、やはり同年オフに阪神に入団した城島健司からも「彼なら絶対できる」と評価された。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

50件中 21 - 30件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード