105件中 41 - 50件表示
  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たトレイ・ムーア

    には、前年に続いて、京セラドームで中日との開幕戦(3月25日)に先発。7回途中4失点(10被安打)という内容で敗戦投手になったが、5回裏の第2打席で三塁ゴロながら一塁へ出ると、次打者・高山俊の打席中に単独で二塁への盗塁を企図した。公式戦では来日後初の企図であったが、この盗塁を成功させたばかりか、中日の捕手・桂依央利から二塁への送球が逸れる間に三塁まで進んだ。阪神の投手が一軍の公式戦で盗塁を記録した事例は、1981年の小林繁以来35年振りで、外国人投手に限れば初めてであった。また、5月29日の対巨人戦(東京ドーム)8回裏に、亀井善行からの三振でNPB史上145人目(外国人投手では3人目)の一軍公式戦1000奪三振を達成。8月には、34歳最後の日(12日)に対中日戦(京セラドーム)で自身2年振り・5度目のシーズン10勝に到達すると、25日の対DeNA戦(横浜)で11勝目と来日後初の猛打賞(3安打)を記録した。阪神の投手が自身の登板試合で猛打賞を記録した事例は、2006年の福原忍以来10年振りで、外国人投手では2002年のトレイ・ムーア以来であった。さらに、9月24日の対中日戦(ナゴヤドーム)では、シーズンの12勝目を自身2年振りの完封で挙げている。一軍公式戦には通算28試合の登板で、11敗を喫しながらも、チーム唯一の2桁勝利(12勝)と防御率3.01をマーク。シーズン終了後の11月29日には、2年契約でチームに残留することが球団から発表された。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    には、前年から2kg増の体重122kgで春季キャンプをスタート。公式戦では2年連続で開幕投手を任されたが、中日との開幕戦(3月27日・京セラドーム大阪)では、前年と同じ6回3失点という内容ながら2年連続の勝利を逸した(試合は延長10回の末に阪神が5-4でサヨナラ勝利)。その後の先発登板でも不安定な投球が続いたため、5月10日の対広島戦(甲子園)でリーグ最多の5敗目を喫したことを機に、新外国人投手のマリオ・サンティアゴと入れ替わる格好で翌11日に出場選手登録を抹消された。なお、抹消後の5月23日には、東北楽天ゴールデンイーグルスとのファーム交流戦(阪神鳴尾浜球場)に先発。5回1失点6奪三振という結果を残している。同月29日に再登録を果たすと、同日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)での先発登板でシーズン3勝目と11奪三振を記録。来日後の公式戦通算803奪三振も達成したことから、セントラル・リーグ在籍外国人投手の通算奪三振数で歴代2位に浮上した。さらに、この試合の1回裏から6月20日の対ヤクルト戦(甲子園)3回表まで、4試合にわたって自己最長の27イニング連続無失点を達成。同月28日の対DeNA戦(甲子園)で来日後の通算奪三振数が832(NPBの歴代外国人投手では単独5位の記録)に達すると、8月12日の対中日戦(京セラドーム)では日米通算1000奪三振、9月10日の対巨人戦(甲子園)ではNPB公式戦1000イニング登板に至った。しかし、レギュラーシーズンの一軍公式戦通算成績は9勝12敗で、来日1年目(2010年)以来5年振りのシーズン1桁勝利に終わった。なお、チームのシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージ第2戦の先発登板(10月11日・東京ドーム)でチームにシリーズ唯一の勝利をもたらしている。また、シーズン終了後の12月8日には、1年契約で残留することが球団から発表された。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たシアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズに移籍し、中継ぎで13試合に登板し防御率3.55の記録を残した。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たラーメン

    来日後にラーメンが好物となり、遠征先に必ず行きつけのラーメン店を作り、先発登板の前日は必ずラーメンを食べている。ラーメン店チェーンの天下一品では「こっさり」(「こってり」と「あっさり」のミックス)がお気に入り。最も好きなラーメン店は吉村家。「もやしを入れるとダシの味が変わってしまう」との理由で「チャーシューだけラーメン」にこだわっていることをテレビ番組で公言したり、甲子園球場内限定で販売するラーメンのプロデュースを手掛けたりするなど、ラーメンに対する熱意も非常に高い。2015年シーズンから同球場で販売中のプロデュースメニュー「メッセの豚骨醤油ラーメン」については、(麺以外の料理を含む)阪神選手のプロデュースメニューで、2016年シーズンまでに2シーズン続けてトップの売上を記録。「メッセ盛り」と称する大盛りも注文できることが特徴で、期間限定メニューや派生メニューの販売にまで発展している。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たラーメン店

    来日後にラーメンが好物となり、遠征先に必ず行きつけのラーメン店を作り、先発登板の前日は必ずラーメンを食べている。ラーメン店チェーンの天下一品では「こっさり」(「こってり」と「あっさり」のミックス)がお気に入り。最も好きなラーメン店は吉村家。「もやしを入れるとダシの味が変わってしまう」との理由で「チャーシューだけラーメン」にこだわっていることをテレビ番組で公言したり、甲子園球場内限定で販売するラーメンのプロデュースを手掛けたりするなど、ラーメンに対する熱意も非常に高い。2015年シーズンから同球場で販売中のプロデュースメニュー「メッセの豚骨醤油ラーメン」については、(麺以外の料理を含む)阪神選手のプロデュースメニューで、2016年シーズンまでに2シーズン続けてトップの売上を記録。「メッセ盛り」と称する大盛りも注文できることが特徴で、期間限定メニューや派生メニューの販売にまで発展している。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たシカゴ・カブス

    6月22日にフロリダ・マーリンズでメジャーデビュー。メジャーで59試合に登板したが、2勝7敗で防御率は5.67に終わった。なおデビュー4戦目にあたる7月8日の対シカゴ・カブス戦では、5回一死からドントレル・ウィリスに次ぐ2番手投手として登板し、後に阪神でチームメイトとなるマット・マートンと2打席対戦して右犠飛と右二塁打であったが、この試合がマートンのメジャーデビュー戦であった。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た埼玉西武ライオンズ

    には、前年から2kg増の体重122kgで春季キャンプをスタート。公式戦では2年連続で開幕投手を任されたが、中日との開幕戦(3月27日・京セラドーム大阪)では、前年と同じ6回3失点という内容ながら2年連続の勝利を逸した(試合は延長10回の末に阪神が5-4でサヨナラ勝利)。その後の先発登板でも不安定な投球が続いたため、5月10日の対広島戦(甲子園)でリーグ最多の5敗目を喫したことを機に、新外国人投手のマリオ・サンティアゴと入れ替わる格好で翌11日に出場選手登録を抹消された。なお、抹消後の5月23日には、東北楽天ゴールデンイーグルスとのファーム交流戦(阪神鳴尾浜球場)に先発。5回1失点6奪三振という結果を残している。同月29日に再登録を果たすと、同日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)での先発登板でシーズン3勝目と11奪三振を記録。来日後の公式戦通算803奪三振も達成したことから、セントラル・リーグ在籍外国人投手の通算奪三振数で歴代2位に浮上した。さらに、この試合の1回裏から6月20日の対ヤクルト戦(甲子園)3回表まで、4試合にわたって自己最長の27イニング連続無失点を達成。同月28日の対DeNA戦(甲子園)で来日後の通算奪三振数が832(NPBの歴代外国人投手では単独5位の記録)に達すると、8月12日の対中日戦(京セラドーム)では日米通算1000奪三振、9月10日の対巨人戦(甲子園)ではNPB公式戦1000イニング登板に至った。しかし、レギュラーシーズンの一軍公式戦通算成績は9勝12敗で、来日1年目(2010年)以来5年振りのシーズン1桁勝利に終わった。なお、チームのシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージ第2戦の先発登板(10月11日・東京ドーム)でチームにシリーズ唯一の勝利をもたらしている。また、シーズン終了後の12月8日には、1年契約で残留することが球団から発表された。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ敢闘選手賞:1回(2014年)ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たニューヨーク・ヤンキース

    は3Aで52試合に登板、防御率2.86で25セーブの好成績を挙げた。メジャーでは12試合に登板、0勝1敗で防御率4.35であった。9月19日の対ニューヨーク・ヤンキース戦は松井秀喜を全て直球で3球三振に打ち取った。同年オフにロースターから外されて自由契約となった。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た阪神甲子園球場

    初奪三振:2010年4月8日、対読売ジャイアンツ3回戦(阪神甲子園球場)、9回表に高橋由伸から空振り三振ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

105件中 41 - 50件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード