105件中 71 - 80件表示
  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た投手

    ランドール・ジェローム・メッセンジャー(Randall Jerome "Randy" Messenger, 1981年8月13日 - )は、阪神タイガースに所属するアメリカ合衆国ネバダ州出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。スポーツ新聞などの見出しでは「メッセ」と略されることもある。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たネバダ州

    ランドール・ジェローム・メッセンジャー(Randall Jerome "Randy" Messenger, 1981年8月13日 - )は、阪神タイガースに所属するアメリカ合衆国ネバダ州出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。スポーツ新聞などの見出しでは「メッセ」と略されることもある。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たオーバースロー

    身長198cm、体重121kgの巨漢投手で、オーバースローからフォーシームはかつては最速98mph(約157.7km/h)をマークしており、その後コントロールを重視するようになったものの、依然として平均球速約147km/h(日本での最速は156km/h)の球速を維持している。変化球の主な持ち球は、スライダー、SFF、落差のあるカーブなどである。中でもSFFが高く評価されている。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たプロ野球選手

    ランドール・ジェローム・メッセンジャー(Randall Jerome "Randy" Messenger, 1981年8月13日 - )は、阪神タイガースに所属するアメリカ合衆国ネバダ州出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。スポーツ新聞などの見出しでは「メッセ」と略されることもある。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た西武プリンスドーム

    には、前年から2kg増の体重122kgで春季キャンプをスタート。公式戦では2年連続で開幕投手を任されたが、中日との開幕戦(3月27日・京セラドーム大阪)では、前年と同じ6回3失点という内容ながら2年連続の勝利を逸した(試合は延長10回の末に阪神が5-4でサヨナラ勝利)。その後の先発登板でも不安定な投球が続いたため、5月10日の対広島戦(甲子園)でリーグ最多の5敗目を喫したことを機に、新外国人投手のマリオ・サンティアゴと入れ替わる格好で翌11日に出場選手登録を抹消された。なお、抹消後の5月23日には、東北楽天ゴールデンイーグルスとのファーム交流戦(阪神鳴尾浜球場)に先発。5回1失点6奪三振という結果を残している。同月29日に再登録を果たすと、同日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)での先発登板でシーズン3勝目と11奪三振を記録。来日後の公式戦通算803奪三振も達成したことから、セントラル・リーグ在籍外国人投手の通算奪三振数で歴代2位に浮上した。さらに、この試合の1回裏から6月20日の対ヤクルト戦(甲子園)3回表まで、4試合にわたって自己最長の27イニング連続無失点を達成。同月28日の対DeNA戦(甲子園)で来日後の通算奪三振数が832(NPBの歴代外国人投手では単独5位の記録)に達すると、8月12日の対中日戦(京セラドーム)では日米通算1000奪三振、9月10日の対巨人戦(甲子園)ではNPB公式戦1000イニング登板に至った。しかし、レギュラーシーズンの一軍公式戦通算成績は9勝12敗で、来日1年目(2010年)以来5年振りのシーズン1桁勝利に終わった。なお、チームのシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージ第2戦の先発登板(10月11日・東京ドーム)でチームにシリーズ唯一の勝利をもたらしている。また、シーズン終了後の12月8日には、1年契約で残留することが球団から発表された。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た吉村家

    来日後にラーメンが好物となり、遠征先に必ず行きつけのラーメン店を作り、先発登板の前日は必ずラーメンを食べている。ラーメン店チェーンの天下一品では「こっさり」(「こってり」と「あっさり」のミックス)がお気に入り。最も好きなラーメン店は吉村家。「もやしを入れるとダシの味が変わってしまう」との理由で「チャーシューだけラーメン」にこだわっていることをテレビ番組で公言したり、甲子園球場内限定で販売するラーメンのプロデュースを手掛けたりするなど、ラーメンに対する熱意も非常に高い。2015年シーズンから同球場で販売中のプロデュースメニュー「メッセの豚骨醤油ラーメン」については、(麺以外の料理を含む)阪神選手のプロデュースメニューで、2016年シーズンまでに2シーズン続けてトップの売上を記録。「メッセ盛り」と称する大盛りも注文できることが特徴で、期間限定メニューや派生メニューの販売にまで発展している。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たアメリカ合衆国

    ランドール・ジェローム・メッセンジャー(Randall Jerome "Randy" Messenger, 1981年8月13日 - )は、阪神タイガースに所属するアメリカ合衆国ネバダ州出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。スポーツ新聞などの見出しでは「メッセ」と略されることもある。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たチェーンソー

    オフシーズンにはアメリカの自宅で過ごすが、ケンタッキー州に住んでいた時期には、自宅の庭に自主トレーニング用のマウンドや馬小屋を自ら作って。阪神入団後の2016年に購入したテネシー州の自宅でも、チェーンソーで樹木を切るなど、独自のトレーニングを継続している。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たテネシー州

    オフシーズンにはアメリカの自宅で過ごすが、ケンタッキー州に住んでいた時期には、自宅の庭に自主トレーニング用のマウンドや馬小屋を自ら作って。阪神入団後の2016年に購入したテネシー州の自宅でも、チェーンソーで樹木を切るなど、独自のトレーニングを継続している。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見たバスター

    2015年4月22日には、横浜スタジアムでの対DeNA戦に先発で登板したが、6回7失点という内容で敗戦投手になった。また、3回表無死1塁で迎えた第1打席では、DeNA先発のギジェルモ・モスコーソに対してスイングの気配を見せないまま見逃し三振。4回表1死1塁で迎えた第2打席では、首脳陣から犠打の指示が出ていたにもかかわらず、ボールコースの初球でバスターを失敗すると3球で見逃し三振に倒れた。打席でのこのような様子が「ナインの士気を下げかねない無気力プレー」と報じられたことから、阪神球団では翌23日に、高野栄一本部長が報道陣にプレーの経緯を説明する事態に至った。メッセンジャー自身は、「第1打席では、モスコーソのスライダーを待つために、あえて打つ気配を見せなかった。第2打席では、犠打のサインを見逃したため、自分の判断でバスターを試みた」という言い分で、前述の報道を否定している。この年のメッセンジャーは、上記の試合を含めて、横浜スタジアムでの公式戦4試合にオール先発で登板。セントラル・リーグの本拠地球場では唯一の未勝利(0勝2敗)で、防御率4.15、3被本塁打を記録するなど、マウンドとの相性の悪さを露呈していた。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「ランディ・メッセンジャー」のニューストピックワード