ランドマーク ニュース&Wiki etc.

ランドマーク()は、目印となる地理学上の特徴物を指す。元来の意味としては、探検家などの人が一定の地域を移動中にまたそこに戻ってくるための目印である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ランドマーク」のつながり調べ

  • 日本二十六聖人記念館

    日本二十六聖人記念館から見たランドマーク

    記念館および隣接する聖堂の設計を手がけたのは今井兼次である。アントニ・ガウディの研究者でもあった今井は、これらの建築にガウディのスタイル(全体の形状や外壁面のタイル等)を意識的に取り入れることで、「スペインゆかりの地に立つ現代建築」という課題にこたえている。とりわけサグラダ・ファミリア教会を明確に意識した、聖堂の特徴ある双塔は長崎市のランドマークのひとつとなっている。なお、日本二十六聖人に捧げられた教会堂として建設された「日本26聖殉教者聖堂」を正式名称とする大浦天主堂が既に存在した関係で、聖堂の正式名称は、殉教者の一人フェリペ・デ・ヘススにちなんだ「日本二十六聖人記念聖堂 聖フィリッポ教会」である。(日本二十六聖人記念館 フレッシュアイペディアより)

  • サンシャインシティ

    サンシャインシティから見たランドマーク

    サンシャインシティは池袋のランドマーク的役割を果たしている。1958年、首都圏整備計画に沿って閣議において東京拘置所の移転が決定されるが、東京都の財政難や移転先の用地難などから計画の進捗は滞っていた。その後1964年10月に開催される東京オリンピックを控え、池袋の再開発計画も俎上に載り、副都心計画(TKプラン)は、民間事業とした上で児童センターを核として事業を進展させることとなった。また事業の推進にあたっては西武百貨店が実務の中心を担うことも決定し、計画の具体化が進められた。(サンシャインシティ フレッシュアイペディアより)

「ランドマーク」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ランドマーク」のニューストピックワード