373件中 91 - 100件表示
  • 安芸大橋

    安芸大橋から見たランドマークランドマーク

    この地区のランドマーク的な扱いである。この両岸の河川敷にはゴルフ場がある。安芸大橋 フレッシュアイペディアより)

  • 松住町架道橋

    松住町架道橋から見たランドマークランドマーク

    御茶ノ水方面から松住町架道橋を潜ると電気街が広がっており、トラス構造による二重アーチが印象的で、緑色に塗られて目立つため、秋葉原のランドマーク的な要素も持ち合わせている。また、総武線隅田川橋梁・神田川橋梁とともにデザインも優れているため、日本の鉄道橋の象徴的存在にもなっている。松住町架道橋 フレッシュアイペディアより)

  • ツインハープ橋

    ツインハープ橋から見たランドマークランドマーク

    河川で分断された緑ヶ丘・緑ヶ丘東・旭神と東光・豊岡地区を結び、旭川市のランドマークとして親しまれており、市民によるボランティア団体が落書き消しなどの清掃活動を行っている。ツインハープ橋 フレッシュアイペディアより)

  • 地名集

    地名集から見たランドマークランドマーク

    朝鮮では、学者は中国の地方誌の構成を大幅に取り入れた地名集を発行していた。中国の地方誌のように国、道、地方で分割して地名を記し、地理情報、人口動態、橋、学校、寺院、墓、城、展示館、その他のランドマーク、文化習慣、地方の名産品を載せていたほか、地方部族の名前、有名な人物に関する短い伝記などの地方の情報も記述していた。後者の例として、1530年に出版された「新増東国輿地勝覧」では朴堧 (1378?1458)についての短い記述があり、世宗の治世における雅楽復興の功績について触れている。世宗は李氏朝鮮の最初の地方誌を1432年に出版した。この地方誌は「新撰八道地理志」と呼ばれた。追加情報と誤記を訂正して、この地方誌は1454年に「世宗実録地理志」と改題して出版され、1531年に「新増東国輿地勝覧」というタイトルに変えて再版され、1612年に増補版が出版された。李氏朝鮮では国際地名集も作成していた。1451年から1500年にかけて編纂された「新増東国輿地勝覧」では、15世紀当時李氏朝鮮で知られていた369の外国に関する少量の記述を行なっている。地名集 フレッシュアイペディアより)

  • オスターブルケン

    オスターブルケンから見たランドマークランドマーク

    オスターブルケンの中心にカトリックのキリアン教会がある。歴史的な鐘塔は、1846年の先代の建築から引き継いだ部分である。この教会は、1970年から1974年に、コンクリートのファサードに何枚ものレリーフ彫刻を埋め込んだコンクリート建築として建設された新しい建物である。教会の近くに建つ15世紀の基礎をもつ市塔は、この町のランドマークである。この他のオスターブルケンに遺る歴史的建造物には、1748年にかつては貧困者墓地の建物であったブルネン地区の八角形のキリアン礼拝堂や、その近くに中世から建つ市の水車小屋などがある。オスターブルケン フレッシュアイペディアより)

  • 中国銀行タワー

    中国銀行タワーから見たランドマークランドマーク

    鋼鉄製のトラスの枠組みをデザインに生かし、幾何学的なイメージを連想させる。青いハーフミラーガラスの壁面を持ち、意匠は発展する香港の街を成長の早い植物の竹に見立てて起草された。地上72階建てで高さが367.4mであり、完成当時は香港のみならずアジアでも最高の高さを誇った。またそれまでの香港で最も高いビルは、香港島北部の湾仔 (Wan Chai) 地区で建設され1980年に完成したホープウェル・センター(合和中心:Hopewell Centre:216.0m)であったが、中国銀行タワーはアジアで初めてとなる高さ300m超の超高層ビルである。その特異な形状とも相まって、香港を象徴する建物であると同時に香港のイメージをも変えるランドマークとなった。中国銀行タワー フレッシュアイペディアより)

  • 長江センター

    長江センターから見たランドマークランドマーク

    長江センターは、中環 (Central) の金鐘地区の香港ヒルトンホテル跡地に、1999年に完成した。香港のランドマークとなっている超高層ビルとしては珍しく、尖塔型ではない箱型のモダニズム建築である。香港の総合企業である長江集団(Cheung Kong Group)により建設され、テナントオフィスビルとして利用されている。地上70階建て、高さ282.9mである。2010年1月現在、香港で7番目に高い超高層ビルである。長江センター フレッシュアイペディアより)

  • リーバ・ハウス

    リーバ・ハウスから見たランドマークランドマーク

    1992年、ニューヨーク市歴史建造物保存委員会はリーバ・ハウスを市の公式なランドマークの一つであると指定した。しかしその時点までにリーバ・ハウスの当初の輝きは経年劣化で大部分失われていた。ビル前面の青緑色のガラスファサードは、長年厳しい風雪にさらされてきたことと建設当時の工法や材質の限界のために劣化していた。グレージング・ポケット(ガラスをはめる部分)の中と周りの炭素鋼が錆びたり膨張したりしたために、水が窓の縦仕切りとなるステンレス鋼の後ろにまでしみ出していた。この腐食のため、窓の横仕切りが曲がり、スパンドレルのガラスパネルの大半が割れていた。1990年代半ば、リーバ・ハウスはドイツの不動産王アビー・ローゼンが率いるRFRホールディングスに売却された。彼のもとで、買収後すぐさま大規模な改修工事が行われ、建設時のガラスはわずか1%を残して全部取り替えられた。劣化していた鋼材のサブフレームは最新式のカーテンウォール工法を応用し、オリジナルとまったく見た目の変わらないアルミ製のガラス枠材に置き換えられた。腐食していた縦仕切りやキャップも新しく見た目が同じのステンレス製品に代えられた。ガラスのほとんども、オリジナルとほとんど同じ見た目で、現在のエネルギー基準に合ったパネルに代えられている。リーバ・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • フュッセン

    フュッセンから見たランドマークランドマーク

    1486年から1505年にかけてアウクスブルク司教領主は中世都市の上にホーエ・シュロス(高い城館)を建造した。当時の後期ゴシック様式の城館は、その後は聖界領主の夏の離宮として用いられた。アルゴイ地方では大きな城で、ゴシック建築の城郭建築として大変良く保存されている。フュッセンのランドマークとなっているこの城館は、バイエルン州の絵画コレクションの展示支所となっており、ゴシック様式後期およびルネサンス期の美術品を中心に展示している。カトリックの都市であったフュッセンは、シュマルカルデン戦争の際にはプロテスタントの傭兵隊長ゼバスティアン・シェルトリン率いる高地ドイツ都市軍によって、1546年7月10日に占領された。現在の修道院教会は1701年から1726年に建設された。フュッセン フレッシュアイペディアより)

  • カナダプレース

    カナダプレースから見たランドマークランドマーク

    白い船の帆のような建物は、バンクーバーのランドマークとして使われることが多く、シドニーのシドニーオペラハウスのような存在となっている。カナダプレース フレッシュアイペディアより)

373件中 91 - 100件表示

「ランドマーク」のニューストピックワード