291件中 91 - 100件表示
  • 代官山町

    代官山町から見たランドマークランドマーク

    渋谷区南西部に位置する。北で渋谷、東から南にかけて恵比寿西、西で猿楽町と隣接する。住宅地のほか、ブティック、洋菓子店、レストラン、カフェなどの商業施設も多く見られる。東急東横線の代官山駅があり、代官山駅北側には1996年(平成8年)まで、全部で36棟の同潤会代官山アパートメントがあった。これらは再開発によって取り壊され、2000年(平成12年)に複合施設「代官山アドレス」として開業したが、同施設にあるタワーマンション、「代官山アドレス ザ・タワー」は付近唯一の超高層建築としてランドマークとなっている。代官山町 フレッシュアイペディアより)

  • バート・ヴィンプフェン

    バート・ヴィンプフェンから見たランドマークランドマーク

    ヴィンプフェンのシュタウフェン家の居城は、以前とは比べものにならないほど小さくなってしまったイム・タールの町を見下ろす、クライヒガウ丘陵の麓に築かれた。居城とその周辺の町はその後大いに発展し、シュタウフェン家が築いたヴィンプフェン・アム・ベルクは、大変に長い歴史のあるイム・タールの町よりも重要な意義をすぐに獲得したのだった。西暦1200年頃には、居城の今日まで遺されている建造物のほとんどが建造された。この町のランドマークにもなっている青の塔が、西の主塔として建てられたのもこの頃で、この塔は20世紀の初めまで見張り塔として用いられていた。バート・ヴィンプフェン フレッシュアイペディアより)

  • 大津プリンスホテル

    大津プリンスホテルから見たランドマークランドマーク

    琵琶湖のほとりに建つ38階の高層ホテルで、高さは地上133m。滋賀県で最も高いビルであり、ランドマークとなっている。大津プリンスホテル フレッシュアイペディアより)

  • CITICプラザ

    CITICプラザから見たランドマークランドマーク

    CITIC プラザ(、、)とは、中国の広州市にある超高層ビル。広州のランドマークでもある。2010年4月現在、世界で11番目、アジアで8番目、中国本土で5番目に高いビルとなっている。1997年の竣工時には中国で最も高いビルであり、現在でも華南(香港を除く)で最も高い。また世界最高層の鉄筋コンクリートによる超高層ビルでもあり、高い耐震性を誇る。中国有数の金融グループ・中国中信集団公司(CITIC、旧中国国際信託投資公司)により開発され、同グループが本拠を置くほか、世界の大企業が拠点を置いている。CITICプラザ フレッシュアイペディアより)

  • いのちの塔

    いのちの塔から見たランドマークランドマーク

    1990年4月1日に開幕した国際花と緑の博覧会(花の万博)のシンボルタワーとして、「地球ふしぎ・生命ふしぎ」をテーマに、生命の大樹・いのちの塔出典実行委員会により「生命の大樹・いのちの塔」のパビリオン名で出展された。いのちの塔 フレッシュアイペディアより)

  • ロサ会館

    ロサ会館から見たランドマークランドマーク

    戦後映画館として営業していた土地を生かし、1968年に竣工オープン。コンセプトは「モダーンセンス アミューズメントセンター」。当時都内でも15000?以上の大型商業施設がない時代に誕生し、池袋のランドマークとして大変話題となった。飲食店、漫画喫茶、スポーツ施設など様々な店舗が入居した老舗の複合娯楽施設である。また、ROSAとはスペイン語で「薔薇」の意味である。ロサ会館 フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ヴァグナー

    マルティン・ヴァグナーから見たランドマークランドマーク

    1928年、当時のポツダム広場、アレクサンダー広場はひしめき合う交通で麻痺していたためとにかくスムーズな交通の流れと空地の確保を課題とし、アレクサンダー広場についてアメリカ資本をもとにした事業を目論み、自身がモデル案を作成した後、数人の建築家によるコンペティションを催す。広場については自案の模型が知られているが、東西ベルリン統一後の1990年代に、多数の世界的建築家たちを集めて、ランドマークとなる高層建築を置く大規模な開発が進んだこの先駆をヴァグナーの模型に見ることができる。マルティン・ヴァグナー フレッシュアイペディアより)

  • 日本二十六聖人記念館

    日本二十六聖人記念館から見たランドマークランドマーク

    記念館および隣接する聖堂の設計を手がけたのは今井兼次である。アントニ・ガウディの研究者でもあった今井は、これらの建築にガウディのスタイル(全体の形状や外壁面のタイル等)を意識的に取り入れることで、「スペインゆかりの地に立つ現代建築」という課題にこたえている。とりわけサグラダ・ファミリア教会を明確に意識した、聖堂の特徴ある双塔は長崎市のランドマークのひとつとなっている。なお、日本二十六聖人に捧げられた教会堂として建設された「日本26聖殉教者聖堂」を正式名称とする大浦天主堂が既に存在した関係で、聖堂の正式名称は、殉教者の一人フェリペ・デ・ヘススにちなんだ「日本二十六聖人記念聖堂 聖フィリッポ教会」である。日本二十六聖人記念館 フレッシュアイペディアより)

  • オスターブルケン

    オスターブルケンから見たランドマークランドマーク

    オスターブルケンの中心にカトリックのキリアン教会がある。歴史的な鐘塔は、1846年の先代の建築から引き継いだ部分である。この教会は、1970年から1974年に、コンクリートのファサードに何枚ものレリーフ彫刻を埋め込んだコンクリート建築として建設された新しい建物である。教会の近くに建つ15世紀の基礎をもつ市塔は、この町のランドマークである。この他のオスターブルケンに遺る歴史的建造物には、1748年にかつては貧困者墓地の建物であったブルネン地区の八角形のキリアン礼拝堂や、その近くに中世から建つ市の水車小屋などがある。オスターブルケン フレッシュアイペディアより)

  • 明石市立天文科学館

    明石市立天文科学館から見たランドマークランドマーク

    館の南側をJR西日本山陽本線(JR神戸線)と山陽電鉄本線が通っており、これらの鉄道路線からよく見えることから、明石のランドマークになっている。明石市立天文科学館 フレッシュアイペディアより)

291件中 91 - 100件表示

「ランドマーク」のニューストピックワード