291件中 11 - 20件表示
  • ヴレロ・ボスネ

    ヴレロ・ボスネから見たランドマークランドマーク

    ヴレロ・ボスネ(Vrelo Bosne,Врело Босне)はボスニア・ヘルツェゴビナ中央部、サラエヴォの南西12kmにある自然公園及び泉である。ヴレロ・ボスネ(ボスナの泉)のその名が示すようにボスナ川の源泉となっており、ボスニア・ヘルツェゴビナの自然的なランドマークとなっている。ヴレロ・ボスネはサラエヴォ郊外にあり、イリジャの近くに位置する。サラエヴォ都市圏にありながら、この地域ではもっとも美しい自然景観の一つとして有名であり、ボスナ川の源流であるためボスニア・ヘルツェゴビナ国内でも重要な水源の一つにもなっている。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が起こった1990年代、周辺部の整備は放置されていたが2000年代に入ると国際自然保護団体や地元のティーンエイジャーによって清掃活動などが行われるなど、大規模な再建プロジェクトが進められている。今日では泉周辺は再び海外からの観光客を集める観光地して復活し自然を楽しんだり、地元の人がリラックスする場となっている。夏場の週末などは多くの人で賑わっている。レストランやカフェがあり、ピクニックが楽しめる他、小さな流れや小島は橋で結ばれているため散策にはちょうど良い。多くの動物もおり、カモやハクチョウなども訪れる。ヴレロ・ボスネ フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・ケベック・クレーター

    ニュー・ケベック・クレーターから見たランドマークランドマーク

    この清らかな水を湛えた湖は長いあいだ地元のイヌイットにだけ知られていた。彼らはこの地を崇拝し、その透明な水から「ヌナヴィクの水晶の眼」と呼んでいた。第二次世界大戦当時には偵察飛行をしていたパイロットが、このほぼ真円の湖をランドマークとして使っていたという記録が残っている。ニュー・ケベック・クレーター フレッシュアイペディアより)

  • ニツ島

    ニツ島から見たランドマークランドマーク

    夏季に多くの海水浴客で賑わいを見せる磯原海岸の沖合に大小2つの島が海中からそびえ立つ姿が特徴で茨城百景にも選定されており、北茨城市のランドマーク的な存在となっている。ニツ島 フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロハイマート

    門司港レトロハイマートから見たランドマークランドマーク

    「門司港レトロハイマート」は、現在、門司港レトロ地区のランドマークともなっているが、景観をめぐって裁判が争われた末に建設されたものである。当初、ここには15階建てのマンションが計画され、1994年に建築確認が申請された。申請を受けた市は、マンションの規模や形態が景観保全をめざす地区にそぐわないとして、都市景観条例に基づいて計画を見直すよう行政指導を行い、外観がレトロ調に改められた。しかし、マンションの基本的な形は修正されなかったため、市は建築確認を行わず、これを不服とした建築主が提訴したため、争いが法廷の場へと移された。門司港レトロハイマート フレッシュアイペディアより)

  • ヒルフィギュア

    ヒルフィギュアから見たランドマークランドマーク

    ヒルフィギュアは定期的な保守作業を続けないと、風化・埋没して消滅してしまう。そのため「古いヒルフィギュア」とは、地域のランドマークとして長年に亘り定期的な手入れをされ続けてきたものであることを意味する。ヒルフィギュア フレッシュアイペディアより)

  • 彦岳 (大分県)

    彦岳 (大分県)から見たランドマークランドマーク

    大分県南部を代表する山のひとつである。四浦半島の稜線に連なってその付け根に位置しており、頂上が特徴的なドーム状となっているため、周辺のランドマークとなっている。頂上には、彦岳権現社があり、東に津久見湾、佐伯湾のリアス式海岸や豊後水道、西に祖母山、九重連山が一望できる。彦岳 (大分県) フレッシュアイペディアより)

  • 3・6街

    3・6街から見たランドマークランドマーク

    3・6街を南北に貫く昭和通の中央分離帯には、「ツインピラー」という2本のイルミネーションタワーが建っている。ピラーは3・6街名物「カクテル」に因んでカクテルグラスの形状を模しており、「人と人とが出会う場所」「男と女が出会う場所」という意味合いを込めて2本のタワーが立てられたものである。オレンジ色と青緑色に輝く2本のピラーは、3・6街のランドマークとなっている。3・6街 フレッシュアイペディアより)

  • 花咲風力発電所

    花咲風力発電所から見たランドマークランドマーク

    花咲風力発電所(はなさきふうりょくはつでんしょ)は、北海道根室市花咲港にある風力発電所。同港のランドマークにもなっている。花咲風力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 布引滝 (京都府)

    布引滝 (京都府)から見たランドマークランドマーク

    伊根町のほぼ中心部に位置する丹後半島最大の滝。落差は約100mに及び、白布を長く垂れたように見えることから「布引滝」と呼ばれる。また、降雨時の雨量が多いときにしか流れが見えないため、「幻の滝」などとも称される。伊根町のランドマークの一つとして親しまれている。布引滝 (京都府) フレッシュアイペディアより)

  • 永源山公園

    永源山公園から見たランドマークランドマーク

    永源山公園の一角に1995年(平成7年)に設けられた、高さ24m、羽根の直径24.66mの、日本最大級の規模を誇るオランダ風風車。近くを通る国道2号周南バイパスからもよく見え、周南市のランドマークの一つとなっている。周南市が旧新南陽市時代からオランダ・フローニンゲン州デルフザイル市と姉妹都市提携を結んでいる事に由来する。永源山公園 フレッシュアイペディアより)

291件中 11 - 20件表示

「ランドマーク」のニューストピックワード