291件中 41 - 50件表示
  • 応物寺五重塔

    応物寺五重塔から見たランドマークランドマーク

    応物寺五重塔(おうぶつじごじゅうのとう)は、青森県三戸郡階上町の海潮山応物寺にあった仏塔。屋外の五重塔としては日本最小(高さ16.7mで室生寺のものより小さい)で、地域のランドマークとして学童の遠足などで親しまれた。応物寺五重塔 フレッシュアイペディアより)

  • 土井酒造場

    土井酒造場から見たランドマークランドマーク

    蔵元の近辺であることから、静岡県道38号掛川大東線沿いには「開運」の酒瓶の形をした巨大なPOP広告が設置されており、ランドマークとなっている。土井酒造場 フレッシュアイペディアより)

  • 金山南ビル

    金山南ビルから見たランドマークランドマーク

    名古屋の副都心とされる金山地区のランドマークとして建設され、1999年(平成11年)3月26日に名古屋都市センター、4月8日にホテルグランコート名古屋、4月17日に名古屋ボストン美術館がそれぞれオープンした。金山南ビル フレッシュアイペディアより)

  • 丸山総合公園 (加西市)

    丸山総合公園 (加西市)から見たランドマークランドマーク

    また、公園のランドマークである丘上の地球儀時計は世界一巨大なものとしてギネスブックの認定を受けている。丸山総合公園 (加西市) フレッシュアイペディアより)

  • 北品川

    北品川から見たランドマークランドマーク

    地域中西部。地域東部はJR線の線路に接し、北品川三丁目になる。地域西部は御殿山通りなどを境に、北品川五丁目になる。一体は「御殿山」と呼ばれる高級住宅地として知られる地域である。邸宅や高級マンションが見られるほか、JRの線路沿いには御殿山ガーデンという高級高層マンションとオフィスビル・ホテルなどが複合した建物群が建っており、付近のランドマークにもなっている。また、地域北東端の新八ツ山橋・八ツ山橋付近は幹線道路が集まっており交通の要所としても知られる。北品川 フレッシュアイペディアより)

  • 雨引駅

    雨引駅から見たランドマークランドマーク

    駅舎は廃止後に撤去され、2008年(平成20年)現在はホームのみが残っている。旧ホームには自転車道のつくばりんりんロードの休憩所が設置されている。他の多くの駅と同様にホーム脇の桜がランドマークとなっている。雨引駅 フレッシュアイペディアより)

  • セリー・オーク

    セリー・オークから見たランドマークランドマーク

    セリー・オークという地名の最も早い時期の記録は1746年のものであり、当時セリー地区が含まれていたノースフィールド・アンド・ウィーリーのマナー(荘園) (the Manor of Northfield and Weoley) の文書に現れる。セリー・オーク公園に移されたオークの古木の切り株を使った年輪年代学による分析の結果、この木が育ち始めたのは1710年から1720年にかけてのころであったことが判明している。したがって、この木がランドマークとなったのは、ウスターシャー州のブロムスグローヴ (Bromsgrove) からバーミンガムまで、現在のブリストル・ロードがターンパイク(有料道路)として開通した1727年の以降のことである。セリー・オーク フレッシュアイペディアより)

  • 住友生命千種ニュータワービル

    住友生命千種ニュータワービルから見たランドマークランドマーク

    錦通を今池方面から栄・名古屋駅方向に進んだ場合、JR中央線跨線橋である新千種橋越しに当ビルのガラス面がほぼ正対する形となる。この方面から見たビル正面に位置する施設はJR千種駅ホームとなり、千種駅が半掘割構造であり高台から当ビルを眺める形となることから、視界を遮るものは特になく千種区と東区の境に建つ地域のランドマークとして機能している。錦通を逆方向(栄方面)から進んだ場合については、手前に位置するメルパルク名古屋により当ビルが隠される形となるため、当ビルより住友生命千種ビルの与える印象の方が強い。詳細は住友生命千種ビルを参照。住友生命千種ニュータワービル フレッシュアイペディアより)

  • レバーハウス

    レバーハウスから見たランドマークランドマーク

    1992年、ニューヨーク市ランドマーク保存委員会 (en) はレバーハウスを市の公式なランドマークの一つであると指定した。しかしその時点までにレバーハウスの当初の輝きは経年劣化で大部分失われていた。ビル前面の青緑色のガラスファサードは、長年厳しい風雪にさらされてきたことと建設当時の工法や材質の限界のために劣化していた。グレージング・ポケット(ガラスをはめる部分)の中と周りの炭素鋼が錆びたり膨張したりしたために、水が窓の縦仕切りとなるステンレス鋼の後ろにまでしみ出していた。この腐食のため、窓の横仕切りが曲がり、スパンドレルのガラスパネルの大半が割れていた。1990年代半ば、レバーハウスは裕福な産業家でフィランソロフィスト、アート・コレクターのアビー・ローゼンに売却された。彼のもとで、買収後すぐさま大規模な改修工事が行われ、建設時のガラスはわずか1%を残して全部取り替えられた。劣化していた鋼材のサブフレームは最新式のカーテンウォール工法を応用し、オリジナルとまったく見た目の変わらないアルミ製のガラス枠材に置き換えられた。腐食していた縦仕切りやキャップも新しく見た目が同じのステンレス製品に代えられた。ガラスのほとんども、オリジナルとほとんど同じ見た目で、現在のエネルギー基準に合ったパネルに代えられている。レバーハウス フレッシュアイペディアより)

  • ベルドゥムール ランドマーク秋田

    ベルドゥムール ランドマーク秋田から見たランドマークランドマーク

    なお、ベルドゥムール ランドマーク秋田 (Belle Demeure Landmark AKITA) の Demeure は「住居」「邸宅」を意味するフランス語(女性名詞)で、Belle は「美しい」という意味である。ランドマークは英語。ベルドゥムール ランドマーク秋田 フレッシュアイペディアより)

291件中 41 - 50件表示

「ランドマーク」のニューストピックワード