373件中 61 - 70件表示
  • バーソルド・リュベトキン

    バーソルド・リュベトキンから見たランドマークランドマーク

    1931年、ロンドンに移住し、建築事務所テクトン(TECTON)を設立。TECTONの最初のプロジェクトは、ロンドン動物園でランドマークの建物を含むゴリラハウスとペンギンプール(その後明確に影響を及ぼしだすナウム・ガボらと)。リュベトキンとTECTONは、1936年には建築家と技術者の組織とした。バーソルド・リュベトキン フレッシュアイペディアより)

  • パンノンハルマの大修道院

    パンノンハルマの大修道院から見たランドマークランドマーク

    パンノンハルマの大修道院(パンノンハルマのだいしゅうどういん)は、ハンガリーでは最古級の歴史的建造物であり、パンノンハルマ市では最も有名なランドマークでもある。この大修道院は町に隣接する小高い丘(282m)の上にあり、トゥールの聖マルティヌスはこの丘の麓で生まれたと信じられている。そのため、この丘はかつて聖マルティヌスの丘(Márton-hegy)と呼ばれ、修道院もしばしばそれにちなむ名前(Márton-hegyi Apátság)で呼ばれることがあった。パンノンハルマの大修道院 フレッシュアイペディアより)

  • トゥクムス

    トゥクムスから見たランドマークランドマーク

    リヴォニア騎士団解散後、クールラント・ゼムガレン公国が成立し、他の多くの町と同じようにトゥクムスも多くの戦火に見舞われた。クールラント公ヤーコプ・ケトラーの時代にはトゥクムスは急速な好景気を経験し、その時期にクールラント・ゼムガレン公国の首都であったイェルガヴァへの通商路が作られ、その近くの湖にはダムが作られた。ダムでは製粉機や樽を作る窯が稼働しており、樽は外国へと輸出された。当時の町の人口は800人であり、町のランドマークとしては湖と1687年に建てられた教会の尖塔があった。トゥクムス フレッシュアイペディアより)

  • TOKYO TIMES TOWER

    TOKYO TIMES TOWERから見たランドマークランドマーク

    秋葉原電気街に立地し、秋葉原のランドマークとして名高い。秋葉原地区開発計画(土地区画整理事業)で神田青果市場跡地を再開発された区域内に建設された施設である。TOKYO TIMES TOWER フレッシュアイペディアより)

  • シギショアラ歴史地区

    シギショアラ歴史地区から見たランドマークランドマーク

    時計塔 (Stundturm / Turnul cu Ceas) はシギショアラ歴史地区でひときわ目立つランドマークである。自治権獲得の記念として14世紀半ばに建造された。塔の屋根に備わっている4つの小塔は、裁判の自治権を象徴するものである。シギショアラ歴史地区 フレッシュアイペディアより)

  • プエルタ・デ・エウローパ

    プエルタ・デ・エウローパから見たランドマークランドマーク

    チャマルティン駅の近くに位置する。チャマルティン駅の西のカステジャーナ通り沿いには、マドリードで最も高いトーレ・カハ・マドリッド(250m)など200mを越える超高層ビルが4棟建設され、マドリードの新たなランドマークとなったが(クアトロ・トーレス・ビジネス・エリア)、独特のデザインが異彩を放つプエルタ・デ・エウローパは今もマドリードを代表するランドマークになっている。プエルタ・デ・エウローパ フレッシュアイペディアより)

  • 越後平野

    越後平野から見たランドマークランドマーク

    日本海に面し、信濃川と阿賀野川の流域に広がる。中央部では弥彦山と新津丘陵にはさまれている。弥彦山は新潟平野のどこからでも見通すことができ、ここではランドマーク的な存在となっている。また、近代までは潟が多く存在したが、干拓によって大部分が消滅した。現存する潟としては鳥屋野潟や福島潟、佐潟などが有名で、毎年渡り鳥が飛来するなど豊かな生態系が保たれている。一方海岸には新潟砂丘と呼ばれる砂丘が発達している。かつて越後平野は、この砂丘に囲まれた入り江であった。越後平野 フレッシュアイペディアより)

  • エディフィシオ・コレオス

    エディフィシオ・コレオスから見たランドマークランドマーク

    エディフィシオ・コレオス(、「郵便局の建物」の意。)はコスタリカの首都・サンホセの郵便局であり著名なランドマークでもある。1917年に完成したこの建物は、ルイス・リャチにより折衷主義的に設計され、アメリカ合衆国の建設会社イングリッシュ・コンストラクション社が施工した。ピーグリーンの壁とコリント式のピラスター(付柱)が特徴的である。建物中央のアーチには両脇を天使に支えられたコスタリカの国章をかたどったレリーフが飾られている。建物正面には1824年から1828年まで大統領を務めたフアン・モラ・フェルナンデス()の像が建物に相対する形で立っている。1980年10月14日には歴史的建造物に指定された。建物内にはコレオス・デ・コスタリカの中央郵便局及び観光案内所が入居しており、日常業務を現在も行っている。また1985年からは2階にコスタリカ切手博物館が入居しており、ペニー・ブラックや1863年にコスタリカで初めて発行された切手をはじめとした貴重な収蔵品を公開している。また月に一度博物館主催の切手交換会が行われている。エディフィシオ・コレオス フレッシュアイペディアより)

  • 街づくり区画整理協会

    街づくり区画整理協会から見たランドマークランドマーク

    ランドマーク株式会社(東京都)街づくり区画整理協会 フレッシュアイペディアより)

  • 七釜温泉

    七釜温泉から見たランドマークランドマーク

    兵庫県北西部の岸田川畔に1955年に発見された天然湧出の温泉で、現在の浜坂温泉郷において最初の開湯となる。本格的なボーリングは1961年より行われ、1962年9月26日の七釜温泉公衆浴場オープンを期に、旅館・民宿が次々開業し、次第に温泉街が形成されていった。この七釜温泉公衆浴場に代わり2005年7月にオープンした七釜温泉ゆーらく館が新しいランドマークとなり、現在に至る。七釜温泉 フレッシュアイペディアより)

373件中 61 - 70件表示

「ランドマーク」のニューストピックワード

  • 酔春風(しゅんぷうによう)

  • 正月三が日は訓練しない…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

  • 市の将来像と発展の…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら