373件中 71 - 80件表示
  • ダニエル・ビュラン

    ダニエル・ビュランから見たランドマークランドマーク

    時にアブストラクト・アートやミニマル・アートとしてカテゴリ分けされる彼の代表的な作品は一定の幅のカラーのストライプ模様を使ったものである。作品は主にサイトスペシフィックインスタレーションであり、可視表面と建築空間との統合を目的とし、それは特に歴史的、ランドマーク的建築物において発揮される。ダニエル・ビュラン フレッシュアイペディアより)

  • Google Goggles

    Google Gogglesから見たランドマークランドマーク

    Google Gogglesは、通常の検索で使われるテキスト入力などは必要とせず、デバイスで撮影した写真や画像をベースに検索する。主に缶やボトルのラベルやランドマークなどを識別することができる。ランドマークや絵画などの芸術作品を解析すれば、その名称や詳細などが検索される。また、ある製品のバーコードをGoogle Gogglesで解析し、同様の製品の価格を調べる機能を持つ。Google Goggles フレッシュアイペディアより)

  • フローレンス・ヨール給水塔

    フローレンス・ヨール給水塔から見たランドマークランドマーク

    給水塔はすぐにそれと分かるランドマークとなり、レイバー・デーに毎年開催されるフローレンス市の祭りもそれにあやかって「フローレンス・ヨール」フェスタと名づけられている。「フローレンス・ヨール」のグッズは増える一方で、シンプルな襟章、バンパー・ステッカー、マウスパッド、ポストカード、Tシャツに始まり、給水塔をモチーフにした首振り人形や地元野球チームフローレンス・フリーダムのインフレータブルバルーン着ぐるみマスコットの「給水塔のウォーリー」まで登場した。フローレンス市のゴルフ場であるワールド・オブ・ゴルフではミニチュアのコースに給水塔のレプリカを設置している。フローレンス・モールに新しくできたやわらかい遊具のキッズコーナーにもこの塔のレプリカが置かれている。フローレンス・ヨール給水塔 フレッシュアイペディアより)

  • バイヨーク・タワー

    バイヨーク・タワーから見たランドマークランドマーク

    バイヨーク・タワーとはタイ・バンコクにある高層ビルの一つ。1987年に完成した、43階建ての約150mのビルである。1996年にバイヨーク・タワーIIが完成するまでバンコクのランドマーク的存在であり、バンコク最高のビルディングといわれた。バイヨーク・タワー フレッシュアイペディアより)

  • 城山 (松山市)

    城山 (松山市)から見たランドマークランドマーク

    松山市の中心に位置し、標高131mの山頂に松山城本丸があることもあって、城とともに松山のシンボル、ランドマークの一つとなっている。東山麓には東雲神社やロープウェイ乗り場があり、南西麓には城山公園の一部である堀之内が接し、市民の文化と憩いの場となっている。周囲を市街地に囲まれ、南側は愛媛県庁舎や松山市役所、松山地方裁判所などのある官庁・ビジネス街で、さらにその外側に商店街・飲食街やマンション群が連なっており、北側には愛媛大学・松山大学のある学生街がある。このように、城山周辺は、松山市における都市機能の中核を担っている。城山 (松山市) フレッシュアイペディアより)

  • 電力ビル

    電力ビルから見たランドマークランドマーク

    本館のグリーンプラザや電力ホールなどの集客装置、あるいは、多くのバス系統が集まる「電力ビル前」バス停留所などにより、仙台市民にとっては知られたビルである。古くからの仙台市民にとっては、高度経済成長前にあたる1960年(昭和35年)の完成当時、北日本最大規模の床面積を誇る9階建ての電力ビルは、2階建て程度の建物しかなかった当時の東二番丁通りにおいてランドマークとなった。電力ビル フレッシュアイペディアより)

  • 黄金山 (広島市)

    黄金山 (広島市)から見たランドマークランドマーク

    東は坂町・呉方面、北は安佐南区方面、西は西区方面、南は広島湾と太田川デルタを一望することができる。このため、(TV塔を備えた山頂が2つ並び立つ)特徴的な形態ともあいまって、特に東方から道路・鉄道を通じて広島に入る際のランドマークともなっている。昼は憩いの場として、夜は広島市でも有数の夜景スポットとして親しまれている。山麓の旧道沿いは、原爆投下に際して大部分が山陰に入り爆風の被害を免れたため、土蔵など古い建造物が多く残っている。また桜並木が有名で、毎年桜の開花時期には登山道沿いに植えられた桜で山が桜色に染まり、花見の名所である。黄金山 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 上海レースクラブ

    上海レースクラブから見たランドマークランドマーク

    現在も残るレースクラブの建物は1934年にレーストラックの西側に建てられた。この堂々とした10階建ての塔は、長らく上海中心部のランドマークとなった。競馬場には100メートルの長さで3〜5層からなる大スタンドがあった。1934年築の建物は、以下のように書かれている。上海レースクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 駄菓子屋

    駄菓子屋から見たランドマークランドマーク

    これらの店舗は、子供らの文化に共通基盤を与えていた。これらでは、年齢層の違う子供らも一緒になって利用するため、そこには一種のコミュニティが成立したほか、長く続いた駄菓子屋では店の屋号以外に世代を超えて利用された愛称もあり、同じ地域で育った者なら共通認識やランドマークとして店の愛称が出る程となる。駄菓子屋 フレッシュアイペディアより)

  • ベイカー・ストリート駅

    ベイカー・ストリート駅から見たランドマークランドマーク

    メリルボーン・ロード出口の外には、シャーロック・ホームズの大きな像がベーカー街にあった架空の探偵事務所を記念している。この像は2005年に、アメリカのテレビ番組シリーズ『アメージング・レース』において、ランドマークとして大きく特集された。ベイカー・ストリート駅 フレッシュアイペディアより)

373件中 71 - 80件表示

「ランドマーク」のニューストピックワード