291件中 81 - 90件表示
  • サウンドスケープ

    サウンドスケープから見たランドマークランドマーク

    シェーファーは、「サウンドスケープ」という概念に基づいて、カナダを始め世界各地で音環境の調査をしている。彼は、地域の標識となる音を「サウンドマーク」と名付け、地域にとって特徴のある目印になるランドマークと同様に、その地域の特性を示している音をとらえる。風の一日の動きに合わせて村の音風景も変化し、その変化は時計回りであるという調査結果を得る。天候などを判断しながら暮らしている。このように暮らしの中で、音から情報を得たり、色々なことを判断したりしている共同体を「音響共同体」という言葉で表している。サウンドスケープ フレッシュアイペディアより)

  • ミーナ (商業施設)

    ミーナ (商業施設)から見たランドマークランドマーク

    mina tenjin(ミーナ天神、ミーナてんじん)は、福岡県福岡市中央区天神四丁目3番8号に所在する。マツヤレディスビルを一括賃借し、2005年(平成17年)10月29日にグランドオープンした都市型商業施設で、ダイエーショッパーズ福岡店に隣接する。「暮らし」「日常」「カジュアル」を軸に北天神地区の新たなランドマークを目指している。ミーナ (商業施設) フレッシュアイペディアより)

  • 三重塔

    三重塔から見たランドマークランドマーク

    日本では、各地の仏教寺院や神社などに木造の三重塔や五重塔があり、地区のランドマークとなっているものも多い。木造塔のほか、石、瓦、鉄製の塔もあり、近代以降は鉄筋コンクリート造の塔もある。多層塔としては他に七重塔、九重塔、十三重塔などがあるが(層の数は奇数にほぼ限定されている)木造の七重塔、九重塔の現存するものはない。奈良県の談山神社には木造十三重塔があるが、これは楼閣形の塔ではなく、二重から十三重までの屋根は密に重なっていて、屋根と屋根の間にはほとんど空間がない。三重塔 フレッシュアイペディアより)

  • レーニア山

    レーニア山から見たランドマークランドマーク

    名称は、イギリス海軍の艦船ディスカヴァリーの艦長で航海士、ジョージ・バンクーバーが1792年から1794年まで北太平洋沿岸を探検航行し、コロンビア川の河口から見えるカスケード山脈の高い山々に英語の名前をつけた際、海軍大将・ピーター・レーニアに由来して名付けたものである。もともとは、地元のインディアン部族のピュヤラップ族 (Puyallup) が「水の母」という意味の tacobet と呼んでおり、そこから転じてタホマまたはタコマと呼ばれていた。南側の裾野から山頂までの落差がK2のそれよりも高いくらい周囲からは際立っており、シアトル=タコマ地域の住人には単に「山 (The Mountain)」といえばレーニア山のことを指すくらいにランドマークとして親しまれている。この地に移民した日系人たちは、富士山のように高く長く裾野を引く姿がシアトルの沖合いからでも見えることから、「タコマ富士」と呼んでいた。レーニア山 フレッシュアイペディアより)

  • 琴滝

    琴滝から見たランドマークランドマーク

    京丹波町の南(旧丹波町)に位置する、高さ約40mの1枚岩の上部から流れ落ちる、落差約43mの水が、13弦の琴の糸のように見えることから「琴滝」と呼ばれる。この名前が付いた。京丹波町のランドマークの一つとして親しまれている。流れが静かで繊細なため、非常に美しい滝として知られる。琴滝 フレッシュアイペディアより)

  • キャロットタワー

    キャロットタワーから見たランドマークランドマーク

    キャロットタワー(Carrot Tower)は、東京都世田谷区太子堂にある商業施設、及びホール施設併設のオフィスビル。三軒茶屋駅周辺の再開発事業により1996年に完成した。東急世田谷線に直結、東急田園都市線三軒茶屋駅にも地下通路で接続されている。周囲に中低層の建物が多い中、レンガ調外壁の一際目立つ建築物で、周辺のランドマークにもなっている。キャロットタワー フレッシュアイペディアより)

  • 紀陽銀行

    紀陽銀行から見たランドマークランドマーク

    本店のある和歌山県を中心とし、大阪府・奈良県および東京都に支店・出張所を出店している。かつては海外や名古屋にも拠点を置いていた。大阪市内に店舗を数店構えているが、大阪府内の拠点は堺支店(堺市)である。堺市のメインストリートである大小路と大道筋の交差点に立地しており、界隈のランドマーク的役割を担っている(設計は安藤忠雄)。紀陽銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ピカデリーサーカス

    ピカデリーサーカスから見たランドマークランドマーク

    文学では、アンソニー・ホロヴィッツ()のスパイ小説『ストームブレイカー()』にロンドンのランドマークが多数登場し、その中の一つとしてピカデリーサーカスが登場する。日本では、萩尾望都の漫画作品『ポーの一族』(1972年-1976年)の一篇に、ピカデリーサーカス周辺を舞台とした「ピカデリー7時」(1975年)がある。ピカデリーサーカス フレッシュアイペディアより)

  • 東急プラザ

    東急プラザから見たランドマークランドマーク

    東急プラザは1961年(昭和36年)に「自由が丘東急プラザ」がオープンしたことにはじまる。駅から徒歩1分以内に位置している物件が多く、その街のランドマークの一つともなっている。ファッション、飲食、書店、カルチャースクール、医院など幅広い業種をテナントとしている。東急プラザ フレッシュアイペディアより)

  • 中目黒アトラスタワー

    中目黒アトラスタワーから見たランドマークランドマーク

    地上45階、地下2階建ての超高層マンションであり、中目黒駅の駅前再開発(上目黒一丁目地区市街地再開発事業)の中心施設として2009年(平成21年)10月に完成した。高さ164メートルは目黒区内の建築物として最高層であり、中目黒地区のランドマークとなっている。中目黒アトラスタワー フレッシュアイペディアより)

291件中 81 - 90件表示

「ランドマーク」のニューストピックワード