前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た大京

    1996年 - 元大京の松谷昌樹が株式会社ランドを設立。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た金融商品取引法

    2012年12月5日、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで強制調査に入った。その後、神奈川県警察と合同で捜査が行われている。容疑事実は、2011年2月期及び2012年2月期において債務超過であったにもかかわらず、有価証券報告書に資産超過である旨の虚偽表示を行ったというものであった。争点としては、2011年1月に不動産所有権移転登記を行った都内不動産2件について、「譲渡担保契約ではなく売買契約と認定し売却損を計上すべきだったのではないか」「(譲渡担保だったとしても)評価減が避けられない棚卸資産から、減損要否を判断しうる固定資産に振り替えたことは妥当か」「(振替が妥当としても)市場価格が著しく下落していたのであるから、減損処理すべきだったのではないか」の3点が挙げられた。2013年5月2日、第三者調査委員会は最終調査報告書を提出し、関係者からのヒヤリングが行えないため確定的な意見の提供は差し控えるが、固定資産への振替行為の適切性と減損会計の適用については重大な疑義があると指摘した。しかし会社側はセカンド・オピニオンを示すなどして、一連の会計処理は適切なものであったと主張している。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見たセカンド・オピニオン

    2012年12月5日、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで強制調査に入った。その後、神奈川県警察と合同で捜査が行われている。容疑事実は、2011年2月期及び2012年2月期において債務超過であったにもかかわらず、有価証券報告書に資産超過である旨の虚偽表示を行ったというものであった。争点としては、2011年1月に不動産所有権移転登記を行った都内不動産2件について、「譲渡担保契約ではなく売買契約と認定し売却損を計上すべきだったのではないか」「(譲渡担保だったとしても)評価減が避けられない棚卸資産から、減損要否を判断しうる固定資産に振り替えたことは妥当か」「(振替が妥当としても)市場価格が著しく下落していたのであるから、減損処理すべきだったのではないか」の3点が挙げられた。2013年5月2日、第三者調査委員会は最終調査報告書を提出し、関係者からのヒヤリングが行えないため確定的な意見の提供は差し控えるが、固定資産への振替行為の適切性と減損会計の適用については重大な疑義があると指摘した。しかし会社側はセカンド・オピニオンを示すなどして、一連の会計処理は適切なものであったと主張している。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た横浜市

    株式会社ランドは、神奈川県横浜市西区に本社を置く不動産会社。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た固定資産

    2012年12月5日、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで強制調査に入った。その後、神奈川県警察と合同で捜査が行われている。容疑事実は、2011年2月期及び2012年2月期において債務超過であったにもかかわらず、有価証券報告書に資産超過である旨の虚偽表示を行ったというものであった。争点としては、2011年1月に不動産所有権移転登記を行った都内不動産2件について、「譲渡担保契約ではなく売買契約と認定し売却損を計上すべきだったのではないか」「(譲渡担保だったとしても)評価減が避けられない棚卸資産から、減損要否を判断しうる固定資産に振り替えたことは妥当か」「(振替が妥当としても)市場価格が著しく下落していたのであるから、減損処理すべきだったのではないか」の3点が挙げられた。2013年5月2日、第三者調査委員会は最終調査報告書を提出し、関係者からのヒヤリングが行えないため確定的な意見の提供は差し控えるが、固定資産への振替行為の適切性と減損会計の適用については重大な疑義があると指摘した。しかし会社側はセカンド・オピニオンを示すなどして、一連の会計処理は適切なものであったと主張している。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た神奈川県警察

    2012年12月5日、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで強制調査に入った。その後、神奈川県警察と合同で捜査が行われている。容疑事実は、2011年2月期及び2012年2月期において債務超過であったにもかかわらず、有価証券報告書に資産超過である旨の虚偽表示を行ったというものであった。争点としては、2011年1月に不動産所有権移転登記を行った都内不動産2件について、「譲渡担保契約ではなく売買契約と認定し売却損を計上すべきだったのではないか」「(譲渡担保だったとしても)評価減が避けられない棚卸資産から、減損要否を判断しうる固定資産に振り替えたことは妥当か」「(振替が妥当としても)市場価格が著しく下落していたのであるから、減損処理すべきだったのではないか」の3点が挙げられた。2013年5月2日、第三者調査委員会は最終調査報告書を提出し、関係者からのヒヤリングが行えないため確定的な意見の提供は差し控えるが、固定資産への振替行為の適切性と減損会計の適用については重大な疑義があると指摘した。しかし会社側はセカンド・オピニオンを示すなどして、一連の会計処理は適切なものであったと主張している。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た売買

    2012年12月5日、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで強制調査に入った。その後、神奈川県警察と合同で捜査が行われている。容疑事実は、2011年2月期及び2012年2月期において債務超過であったにもかかわらず、有価証券報告書に資産超過である旨の虚偽表示を行ったというものであった。争点としては、2011年1月に不動産所有権移転登記を行った都内不動産2件について、「譲渡担保契約ではなく売買契約と認定し売却損を計上すべきだったのではないか」「(譲渡担保だったとしても)評価減が避けられない棚卸資産から、減損要否を判断しうる固定資産に振り替えたことは妥当か」「(振替が妥当としても)市場価格が著しく下落していたのであるから、減損処理すべきだったのではないか」の3点が挙げられた。2013年5月2日、第三者調査委員会は最終調査報告書を提出し、関係者からのヒヤリングが行えないため確定的な意見の提供は差し控えるが、固定資産への振替行為の適切性と減損会計の適用については重大な疑義があると指摘した。しかし会社側はセカンド・オピニオンを示すなどして、一連の会計処理は適切なものであったと主張している。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た棚卸資産

    2012年12月5日、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで強制調査に入った。その後、神奈川県警察と合同で捜査が行われている。容疑事実は、2011年2月期及び2012年2月期において債務超過であったにもかかわらず、有価証券報告書に資産超過である旨の虚偽表示を行ったというものであった。争点としては、2011年1月に不動産所有権移転登記を行った都内不動産2件について、「譲渡担保契約ではなく売買契約と認定し売却損を計上すべきだったのではないか」「(譲渡担保だったとしても)評価減が避けられない棚卸資産から、減損要否を判断しうる固定資産に振り替えたことは妥当か」「(振替が妥当としても)市場価格が著しく下落していたのであるから、減損処理すべきだったのではないか」の3点が挙げられた。2013年5月2日、第三者調査委員会は最終調査報告書を提出し、関係者からのヒヤリングが行えないため確定的な意見の提供は差し控えるが、固定資産への振替行為の適切性と減損会計の適用については重大な疑義があると指摘した。しかし会社側はセカンド・オピニオンを示すなどして、一連の会計処理は適切なものであったと主張している。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た減損

    2012年12月5日、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで強制調査に入った。その後、神奈川県警察と合同で捜査が行われている。容疑事実は、2011年2月期及び2012年2月期において債務超過であったにもかかわらず、有価証券報告書に資産超過である旨の虚偽表示を行ったというものであった。争点としては、2011年1月に不動産所有権移転登記を行った都内不動産2件について、「譲渡担保契約ではなく売買契約と認定し売却損を計上すべきだったのではないか」「(譲渡担保だったとしても)評価減が避けられない棚卸資産から、減損要否を判断しうる固定資産に振り替えたことは妥当か」「(振替が妥当としても)市場価格が著しく下落していたのであるから、減損処理すべきだったのではないか」の3点が挙げられた。2013年5月2日、第三者調査委員会は最終調査報告書を提出し、関係者からのヒヤリングが行えないため確定的な意見の提供は差し控えるが、固定資産への振替行為の適切性と減損会計の適用については重大な疑義があると指摘した。しかし会社側はセカンド・オピニオンを示すなどして、一連の会計処理は適切なものであったと主張している。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • ランド (不動産会社)

    ランド (不動産会社)から見た債務免除

    2009年2月期以降業績が悪化し、介護サービス付きのシニア住宅事業へのシフト、債務の株式化を含む第三者割当増資や債務免除等により再建を図っている。ランド (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示