前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見たたかの友梨

    2008年(平成20年)7月 - 第三者割当増資を美容研究家のたかの友梨が個人として引き受け、同社の筆頭株主となる。「業界唯一の上場企業である同社の業績悪化によって、エステティック業界全体の地盤沈下を防ぎたいという高野氏の意向と、美容家としてのプロデュース力に期待して迅速な業績回復を図りたい同社の考えが合致したため」としている。本社を、東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス4Fから、東京都渋谷区代々木5-58-3 に移転。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見た日本振興銀行

    2010年(平成22年)10月5日 - 民事再生手続開始を申し立て。負債額は27億円。経営再建のために日本振興銀行の株を保有し中小企業振興ネットワークに加入したが、日本振興銀行が倒産、融資が受けられなくなったほか特別損失が発生し連鎖倒産となった。これを受けて大阪証券取引所は5日、ラ・パルレ 株式を11月6日付で上場廃止にすると発表した。10月5日から11月5日までは整理銘柄に指定される。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見た大阪証券取引所

    2002年(平成14年)5月1日 - 大阪証券取引所ヘラクレス上場。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見たNISグループ

    2009年(平成21年)4月23日 - 借入返済資金と運転資金調達のため、株式会社インデックス・コミュニケーションズ、株式会社東京テレビランド、NISグループ株式会社の3社に対して、第三者割当増資を実施。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見た2009年

    2009年(平成21年)4月23日 - 借入返済資金と運転資金調達のため、株式会社インデックス・コミュニケーションズ、株式会社東京テレビランド、NISグループ株式会社の3社に対して、第三者割当増資を実施。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見たエステティックサロン

    ラ・パルレ(La PARLER)は、エステティックサロンのブランドである。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見た消費者金融

    2010年(平成22年)2月 - たかの友梨が保有していた株式14万株のうち13万株を、ネオラインホールディングス株式会社(消費者金融業社ネオラインキャピタル株式会社の親会社)に譲渡し、同社が筆頭株主がになる。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見たヘラクレス (有価証券市場)

    2002年(平成14年)5月1日 - 大阪証券取引所ヘラクレス上場。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見た湘南ベルマーレ

    湘南ベルマーレ(2010年シーズンオフィシャルパートナー。ユニホームの胸スポンサーでもあったが同年11月に契約解除し、別企業が胸スポンサーとなった。)ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見た特定商取引に関する法律

    生活に余裕のない若年者に高額な契約を結ばせたり、虚偽の説明を行うなどの悪質な行為があったとして、2008年3月24日、東京都は特定商取引に関する法律に基づき、翌25日から3ヶ月間新規契約の勧誘や締結を禁止する命令および東京都消費生活条例に基づく勧告を行った。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示