33件中 11 - 20件表示
  • タイガーマスク (プロレスラー)

    タイガーマスク (プロレスラー)から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    『週刊ゴング』2004年9月15日号に掲載された「マスクコレクション特集」でウルティモ・ドラゴンが取り上げられた際、このキャラクターの誕生秘話を、ドラゴン=浅井自身とオファーを出したA.ペーニャ(当時のEMLL企画部長)が証言している。EMLLからのオファーは浅井をマスクマンとして使うというものであり、少年時代から初代タイガーマスク・佐山聡に憧れていた浅井は、ここで夢を実現すべく「タイガーマスクになりたい」(当時2代目の三沢光晴がマスクを脱いでおり、3代目はまだいなかった)と希望を出していた。結局メキシコ人の日本人に対するイメージは虎ではなく龍であることを重視して、新キャラクターである「ウルティモ・ドラゴン」となった。しかし、その後も浅井はメキシコではドラゴン、日本(SWS)ではタイガーマスクと言うプランを考えていたが、ザ・グレート・カブキのアドバイスでドラゴン一本にしたとのこと。それから14年後、リアルジャパンプロレスのマットで念願のタイガーマスク(2代目ザ・タイガー)となっている。タイガーマスク (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ドロップキック

    ドロップキックから見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    『仮面ライダー』のライダーキックから着想された、片足でのミサイルキック。DDTプロレスリングや格闘探偵団バトラーツ、リアルジャパンプロレスなどにレギュラー参戦している、仮面シューター・スーパーライダー(修斗ウェルター級初代王者・渡部優一)が得意技にしていた。ザ・グレート・サスケはこの技をリング外に向けて放っていたが、受け身に失敗して負傷して以来、封印している。他にもアキバプロレスにて「仮面ライダーの主役オーディションを七回受けた」と語った美月凛音など、何人かの使い手がいる。ドロップキック フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ高石

    ペドロ高石から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    2005年12月16日、リアルジャパンプロレスの掣圏真陰流トーナメントに出場。細江俊裕(截空道総本部)に1R2分42秒でTKO負け。ペドロ高石 フレッシュアイペディアより)

  • スーパータイガー (2代目)

    スーパータイガー (2代目)から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    二代目スーパータイガーはリアルジャパンプロレスに登場する覆面レスラー。スーパータイガー (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 田山正雄

    田山正雄から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    以降はリアルジャパンプロレス、ZERO1、IGFなど様々な興行でレフェリーを行っている。田山正雄 フレッシュアイペディアより)

  • 小林邦昭

    小林邦昭から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    また、2007年9月21日には、リアルジャパンプロレスの後楽園大会で、佐山聡を相手に1試合限定の復帰戦を行った。これは「佐山選手の中の『野生の虎』を復活させるため」であった。その後は実行委員として参加していたが、「タイガーが覆面五番勝負をブチ上げて、オレの名前が出てこないことに憤慨した」として対戦を要求し2011年5月7日に試合が行われリングアウト負けとなった為、完全決着がつかず、9月23日「最後の一騎打ち」と銘打ってレジェンド・ザ・プロレスリングで再戦した。小林邦昭 フレッシュアイペディアより)

  • 垣原賢人

    垣原賢人から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    2012年9月21日、リアルジャパンプロレスにて「ミヤマ☆仮面」として復帰。垣原賢人 フレッシュアイペディアより)

  • 三州ツバ吉

    三州ツバ吉から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    ニックネームは、「銀座の鉄人」。スポーツインストラクター、アマチュア格闘家として活動する傍ら、36歳でプロレスデビューした。40歳を超えても、リアルジャパンプロレス、バトラーツ、地下プロレスEXITなど、様々なプロレス団体に出場し、また、間寛平を目標に、東京マラソンなどの各種マラソン大会にエントリーし続け、さらに、「銀座から富士山頂へ」を掲げて毎年数度富士山を登っている。富士山頂では2010年から2年連続してプロレスの試合を行っている。三州ツバ吉 フレッシュアイペディアより)

  • ユセフ・トルコ

    ユセフ・トルコから見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    近年は、佐山サトル(初代タイガーマスク)が主宰するリアルジャパンプロレスで、時折レフェリーを務めていた。80歳を超えた現在でも、2010年の雑誌インタビューでは「ユセフ・トルコ、当年とって80歳、おヘソの下は40歳!」、「猪木を殺すまで私は死ねない」などと語り、健在ぶりをアピールした。ユセフ・トルコ フレッシュアイペディアより)

  • 296 (プロレスラー)

    296 (プロレスラー)から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    全日本プロレス、健介オフィス、NOSAWA論外自主興行、リアルジャパンプロレスが主である。296 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「リアルジャパンプロレス」のニューストピックワード