33件中 21 - 30件表示
  • 折原昌夫

    折原昌夫から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    みちのくプロレスのシリーズ参戦中の2004年7月に突如、耳鳴り・呼吸困難・全身硬直等の症状に襲われ、職場放棄同然で失踪した。後日、週刊誌にて精神科で「ドメスティック・バイオレンス症候群」と診断されたことを告白。本当は格闘技が嫌いで、モルモットや小動物が好きな優しい性格なのに、求められていた悪役像を維持するために、全身にピアスの穴をあけ、全身に刺青をいれるなどの反動が出たという。その後、小学生相手にアマレスを教えるなどのリハビリを経て、2005年1月にインディー団体イーグルプロで復帰。現在は憧れの人物である、初代タイガーマスク・佐山聡の団体、リアルジャパンプロレスを主な戦場とし、同リングで鈴木みのるとのシングル、小野武志との「トンパチマシンガンズ」復活などを果たしている。2008年、数年ぶりにメビウス興行を復活。不祥事で活動自粛中だった金村キンタローを復帰させた。折原昌夫 フレッシュアイペディアより)

  • 倉持 明日香

    倉持明日香から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    その他、中邑真輔(新日本プロレス)、佐々木健介・北斗晶夫妻と中嶋勝彦(ダイヤモンド・リング)のファンでもある。ちなみに、間下隼人(リアルジャパンプロレス)は倉持の熱狂的ファンである。倉持明日香 フレッシュアイペディアより)

  • レジェンド・チャンピオンシップ

    レジェンド・チャンピオンシップから見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    レジェンド・チャンピオンシップ(Legend Championship)は、プロレスのタイトルである。リアルジャパンプロレスが管理している。レジェンド・チャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • タイガーシャーク (プロレスラー)

    タイガーシャーク (プロレスラー)から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    タイガーシャークはリアルジャパンプロレスに登場する覆面レスラー。タイガーシャーク (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    フーテン・プロモーション主催のバチバチ、リアルジャパンプロレス、イノキ・ゲノム・フェデレーション、Wrestling New Classic、KAIENTAI-DOJO、スポルティーバエンターテイメントなどと交流がある。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 川田 利明

    川田利明から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    高校ではレスリング部に所属。1年先輩に三沢光晴、およびリアルジャパンプロレスに参戦している仮面シューター・スーパー・ライダーがいた。1981年の茨城インターハイ準優勝、滋賀秋季国体優勝(階級はいずれも75kg級)。川田利明 フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    3月10日、リアルジャパンプロレスにてジュニア界の伝説・初代タイガーマスクと初対決。丸め込まれ敗れはしたものの、佐山(タイガー)を「日本のプロレスにはまだ凄いのがいる。」と驚かせた。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    佐山聡(初代タイガーマスク、1976年-1983年、リアルジャパンプロレス新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木みのる

    鈴木みのるから見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    12月12日のリアルジャパンプロレス後楽園大会では、初代タイガーマスクとシングルで対戦し勝利。鈴木みのる フレッシュアイペディアより)

  • 天龍源一郎

    天龍源一郎から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    2007年10月、曙に酷似した「モンスター・ボノ」とハッスルで対戦。2008年3月14日、リアルジャパンプロレス後楽園大会で初代タイガーマスクと初対戦した。以後も主にハッスルを主戦場としつつ他団体へも時折出撃する形で活動を続けてきたが、2009年の年末にハッスルが事実上活動を停止してしまったことから、天龍は主戦場となるマットを失ってしまった。天龍源一郎 フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「リアルジャパンプロレス」のニューストピックワード