41件中 31 - 40件表示
  • 小林邦昭

    小林邦昭から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    また、2007年9月21日には、リアルジャパンプロレスの後楽園大会で、佐山聡を相手に1試合限定の復帰戦を行った。これは「佐山選手の中の『野生の虎』を復活させるため」であった。その後は実行委員として参加していたが、「タイガーが覆面五番勝負をブチ上げて、オレの名前が出てこないことに憤慨した」として対戦を要求し2011年5月7日に試合が行われリングアウト負けとなった為、完全決着がつかず、9月23日「最後の一騎打ち」と銘打ってレジェンド・ザ・プロレスリングで再戦した。小林邦昭 フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    3月10日、リアルジャパンプロレスにてジュニア界の伝説・初代タイガーマスクと初対決。丸め込まれ敗れはしたものの、佐山(タイガー)を「日本のプロレスにはまだ凄いのがいる。」と驚かせた。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • 天龍源一郎

    天龍源一郎から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    2007年10月、曙に酷似した「モンスター・ボノ」とハッスルで対戦。2008年3月14日、リアルジャパンプロレス後楽園大会で初代タイガーマスクと初対戦した。以後も主にハッスルを主戦場としつつ他団体へも時折出撃する形で活動を続けてきたが、2009年の年末にハッスルが事実上活動を停止してしまったことから、天龍は主戦場となるマットを失ってしまった。天龍源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 自由ケ丘高等学校

    自由ケ丘高等学校から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    間下隼人 - プロレスラー(リアルジャパンプロレス自由ケ丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 最多観客動員記録 (プロレス・格闘技)

    最多観客動員記録 (プロレス・格闘技)から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    リアルジャパンプロレス→2014年4月16日に国立代々木競技場第二体育館で開催された「STRONG STYLE RETURNS PROJECT〜元大相撲関脇 貴闘力プロレスデビュー戦〜」が3,917人。最多観客動員記録 (プロレス・格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    2014年4月16日に、リアルジャパン代々木競技場第2体育館大会でリングネーム「貴闘力」として参戦し、大仁田厚とプロレスデビュー戦を行い勝利した。元々プロレス参戦はこの1戦のみのつもりであったことと「本業が忙しい。借金があるのではなくプロレスは好きでやっていた」という考えから第3戦となる2015年1月12日のレジェンドプロレス後楽園ホール大会を最後に引退し、のちに曙とプロレス対決が決定した。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    佐山聡(初代タイガーマスク)(タイガーマスク→ザ・タイガー→スーパータイガー→初代タイガーマスク→タイガーキング→ザ・マスク・オブ・タイガー→初代タイガーマスク)(1976年 - 1983年引退→1984年復帰→タイガージム→UWF→スーパータイガージム→修斗→U.F.O.→掣圏真陰流→リアルジャパンプロレス新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木みのる

    鈴木みのるから見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    12月12日のリアルジャパンプロレス後楽園大会では、初代タイガーマスクとシングルで対戦し勝利。鈴木みのる フレッシュアイペディアより)

  • 川田利明

    川田利明から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    高校ではレスリング部に所属。1年先輩に三沢光晴、およびリアルジャパンプロレスに参戦している仮面シューター・スーパー・ライダーがいた。1981年の茨城インターハイ準優勝、滋賀秋季国体優勝(階級はいずれも75kg級)。川田利明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原喜明

    藤原喜明から見たリアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス

    2007年、胃の噴門部(入り口)に近いほうに4センチ大の胃がんが見つかった。本当は全部摘出したほうがよかったが痩せてしまうため胃の2分の1を切除した。手術は3時間で終了したが、痛み止めの存在を知らず地獄の痛みに苦しむ。その後の病理検査でリンパ節転移が見つかったことを知らされ、病期は3a期と確定した。3期の5年生存率は41.8パーセントであった。術後18日目に、抗がん剤治療が始まった。TS-1(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)の単剤で4週間服用、2週間休薬を1クールとし、それを6クール行うというものだった。TS-1は胃がんの場合、奏効率は46パーセントと高く、副作用も抗がん剤の中では比較的強くないとされるが、87パーセントの患者に何らかの副作用が出るとのことだが、TS-1を予定通り、6クール続けたあと、薬が同じ5-FU系の経口抗がん剤UFT(一般名テガフール・ウラシル)の少量投与に変わり、副作用もほとんど無くなり、筋力トレーニングができるようになった。手術の後遺症としては、ダンピング症候群(食物が胃にとどまらずに、急速に腸まで落ちてしまうこと。胃の中で撹拌され、少しずつ腸に送り出されていた食物が、胃切除後は、未消化のままいちどに腸に流れ込むため、血糖値の変動や各種ホルモン分泌などによって、不快な諸症状が起こる)が出たがプロレスの試合に出られるまで回復した。現在も不定期ながらリアルジャパンプロレス、ドラディション、全日本プロレスなどのリングに上がっている。IGFにも参加し猪木に協力している。近年では新日本プロレスのレッスルキングダムにおけるニュージャパンランボーに2年連続で出場している。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示
[an error occurred while processing this directive]

「リアルジャパンプロレス」のニューストピックワード