152件中 11 - 20件表示
  • ザ・ドリーム

    ザ・ドリームから見たリアーナリアーナ

    2007年、リアーナの大ヒット曲「アンブレラ feat. Jay-Z」のソングライター及びプロデューサーとして注目される。同年、シングル「Shawty Is A 10」でデビュー。ザ・ドリーム フレッシュアイペディアより)

  • エミリー・サンデー

    エミリー・サンデーから見たリアーナリアーナ

    同曲はイギリスのシングルチャートで初のトップ10を記録しており、ラッパーWileyの曲『Never Be Your Woman』でもトップ10を記録している。サイモン・コーウェルは、彼女の歌を聞いたすぐ後に、エミリーはお気に入りのソングライターになったと述べている。2012年にはブリット・アワードで受賞。シェール・ロイドやスーザン・ボイル、ガブリエル、リアーナ、レオナ・ルイス、シェリル・コール、タイニー・テンパーなど多くのアーティストに楽曲を提供している。2010年にEMI Music Publishingと出版関連の契約を交わす。後に、ヴァージン・レコードとレコード関連の契約を交わしたことを発表した。2011年8月に初のソロシングル『Heaven』を発売。イギリスとアイルランドで『Read All About It』『Next to Me』『Beneath Your Beautiful』の3つのシングルで1位を獲得。エミリー・サンデー フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ブラウン (歌手)

    クリス・ブラウン (歌手)から見たリアーナリアーナ

    2009年2月、第51回グラミー賞のプレパーティーの帰りに恋人で歌手のリアーナへの暴行事件を起こす。車内で口論となり、暴行を加えてその場から立ち去ったが、後に出頭。ロサンゼルス市警はドメスティックバイオレンス容疑で逮捕、起訴したが、クリスが同日夜、保釈金5万ドルを支払い保釈された。クリスはグラミー賞に2部門ノミネートされており、授賞式でのパフォーマンスが予定されていたが欠席。リアーナも同様欠席した。その後、リアーナ負傷の映像や画像が報道されファンや音楽業界に衝撃を与えた。クリス・ブラウン (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • Canadian Hot 100

    Canadian Hot 100から見たリアーナリアーナ

    Canadian Hot 100(カナディアンホット100)はアメリカの音楽雑誌「ビルボード」がそれまでのに代わって2007年6月7日にスタートしたシングルチャートである。アメリカのHot 100に相当する。最初に1位を獲得したのはリアーナ feat. ジェイ・Zの『アンブレラ』であった。Canadian Hot 100 フレッシュアイペディアより)

  • アドバンスコープ

    アドバンスコープから見たリアーナリアーナ

    2013年(平成25年)7月から始まった「Morning Radio 83.5」は前番組を引き継いで番組開始時の曲が固定された。7月は引き続き竹田京右の「ひまわり」、8月はmiwa「ミラクル」、9月はJAY'ED「Shine」、10月は青山テルマ「Happiness」、11月はスキマスイッチ「冬の口笛」、12月は木村カエラ「A winter fairy is melting a snowman」。2014年(平成26年)1月は清水翔太「冬が終わる前に」、2月は加藤ミリヤ「Eyes on you」、3月はMIOSIC「幸せの法則」、4月は秦基博「Girl」、5月はDo As Infinity「Week!」、6月はMay J.「RAINBOW」。7月はキマグレン「最後の夏」、8月はAAA「風に薫る夏の記憶」、9月はMs.OOJA「JEWEL」、10月はさかいゆう「おはようサンシャイン」、11月はJUJU「Brand New Days Will Love You」、12月はSOULHEAD「キミノキセキ」。2015年(平成27年)1月はAce of Base「Beautiful Morning」、2月はRihanna「Hate That I Love You feat. Ne-Yo」、3月はAshanti・Beyonce・Carrie Underwood・Ciara・Fergie・Keyshia Cole・LeAnn Rimes・Leona Lewis・Mariah Carey・Mary J.Blige・Melissa Etheridge・Miley Cyrus・Natasha Bedingfield・Rihanna・Sheryl Crow「Just Stand Up!」、4月は秦基博「スプリングハズカム」、5月はDo As Infinity「陽のあたる坂道」、6月はLOVE PSYCHEDELICO「Good times,bad times」、7月はレミオロメン「スタンドバイミー」、8月はサザンオールスターズ「真夏の果実」、9月はいきものがかり「茜色の約束」、10月はKOKIA「The Power of Smile 〜a gentle breeze〜」、11月は星野源「夢の外へ」、12月はステファニー「Winter Gold」。2016年(平成28年)1月は高橋優「同じ空の下」、2月はCHEMISTRY「Life goes on」、3月は斉藤由貴「悲しみよこんにちは」、4月はLUNKHEAD「桜日和」、5月はコブクロ「YOU」。2017年(平成29年)3月は家入レオ「そばにいて、ラジオ」、4月はWEAVER「春色グラフィティ」アドバンスコープ フレッシュアイペディアより)

  • ケイティン兄弟

    ケイティン兄弟から見たリアーナリアーナ

    彼らがデザインした服は、50セント、ビル・カウリッツ、レニー・クラヴィッツ、カール・ラガーフェルド、ジャスティン・ティンバーレイク、リッキー・マーティン、リアーナ、クリスティーナ・アギレラ、ファーギー、マドンナを含む有名人によって着用されている。ケイティン兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 第59回グラミー賞

    第59回グラミー賞から見たリアーナリアーナ

    "Kiss It Better" - ジェフ・バスカー、Robyn Fenty、ジョン・グラス&Teddy Sinclair第59回グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • サンプリング

    サンプリングから見たリアーナリアーナ

    「SOS」/リアーナ(2006年、3週間1位)サンプリング フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ゲッタ

    デヴィッド・ゲッタから見たリアーナリアーナ

    現在は、ハウス・ミュージックに限らずポップ・ミュージックやヒップホップも手がけ、リアーナやカイリー・ミノーグ、マドンナらと共演している。デヴィッド・ゲッタ フレッシュアイペディアより)

  • ドレイク (ラッパー)

    ドレイク (ラッパー)から見たリアーナリアーナ

    かつて歌手のリアーナと交際していた時期があったが、ほどなくして破局している。女性誌『ELLE』によると、まだラッパーとしてデビューしたての頃に呼ばれた誕生日会にて初めてリアーナと出会い、彼女が彼自身に親しくしてくれた初めての有名人だった。そして、次第に交際へと発展したのだが、彼女にとってはあまり真剣な交際ではなく、ドレイク自身の意識とはかなり差があったそうである。ドレイク (ラッパー) フレッシュアイペディアより)

152件中 11 - 20件表示

「リアーナ」のニューストピックワード