101件中 21 - 30件表示
  • NAOMI YOSHIMURA

    NAOMI YOSHIMURAから見たリアーナリアーナ

    2007年 LUV SEAcret リアーナアフターパーティー出演 CROSS FM主催 NAOMI YOSHIMURAあっつい夜 イベント シングル「夢ミゴコチ ゆらり」を発売。NAOMI YOSHIMURA フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・マンドラー

    アンソニー・マンドラーから見たリアーナリアーナ

    多くの人気アーティストのPVの監督を務める。とくにリアーナのPVを度々担当し、2009年現在までに9作品のPVを制作した。アンソニー・マンドラー フレッシュアイペディアより)

  • リハブ (リアーナの曲)

    リハブ (リアーナの曲)から見たリアーナリアーナ

    「リハブ」は、バルバドスの歌手リアーナが2007年に発表したサード・アルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』からの楽曲で、イギリス及びアメリカ合衆国における同作からの8枚目のシングル。ジャスティン・ティンバーレイクとティンバランド、Hannon Laneが製作に関わっており、ティンバーレイクとティンバランドは曲のブリッジ部分でバックグラウンド・ボーカルとしても参加している。楽曲は2008年11月25日にポップ系ラジオ局のトップ20リストに入っている。2008年11月23日に行われたアメリカン・ミュージック・アワード 2008では、この楽曲のライブ・パフォーマンスを行った。リハブ (リアーナの曲) フレッシュアイペディアより)

  • アンブレラ (曲)

    アンブレラ (曲)から見たリアーナリアーナ

    「アンブレラ」は、バルバドスの歌手リアーナの楽曲。楽曲製作はテリウス・"ザ・ドリーム"・ナッシュ、トリッキー・スチュワート、クール・ハレル、ジェイ・Zによって行われており、プロデュースはザ・ドリームが担当している。この楽曲はリアーナが2007年に発表した3作目のスタジオ・アルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』に収録されている。客演にはジェイ・Zを迎えており、この楽曲はアルバムからのリード・シングルとして2007年の上半期後期に世界中でリリースされた。リリース以降、この楽曲「アンブレラ」は様々な複数のミュージシャンによってカヴァーされている。アンブレラ (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ポール

    ショーン・ポールから見たリアーナリアーナ

    ファーストアルバムの『ステージ・ワン』は、新人アーティストとしてはヒップホップ雑誌のソース誌でも高い評価を得ていたが、インターナショナルではセカンドアルバム『ダッティ・ロック』でブレイクした。また『ダッティ・ロック』からシングルカットされた『Get Busy』もヒットした。バスタ・ライムス、ビヨンセ、リアーナ、サンタナ等の作品でも活躍している。ショーン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • トースティング

    トースティングから見たリアーナリアーナ

    ジャマイカのディージェイ・トースティングにおけるリズミカルな韻は、アフリカ系アメリカ人のヒップホップによるラップの発展や、ダンスホール・スタイルの発展に影響を及ぼした(例えば、クール・ハークやア・トライブ・コールド・クエストのファイフ・ドウグら)。ジャマイカのディージェイ・トースティングは、ダンスミュージックの一形態としてジャングル、UKガラージ・アンド・2ステップ、レゲトン等にも影響を及ぼした。シャバ・ランクス、シャギー、ショーン・ポール、リアーナなどのシンガーは、トースティングに影響を受けたボーカルで国際的ヒット記録した。トースティング フレッシュアイペディアより)

  • 流派-R

    流派-Rから見たリアーナリアーナ

    ポン・デ・リプレイ / リアーナ流派-R フレッシュアイペディアより)

  • イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング

    イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロングから見たリアーナリアーナ

    アメリカでの4thシングル。アルバム・ヴァージョンとは異なり、シングルではリアーナをゲストに迎え、彼女とのデュエット曲としてリリースされた。日本ではシングル化されていない。イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング フレッシュアイペディアより)

  • ホワットエヴァー・ユー・ライク

    ホワットエヴァー・ユー・ライクから見たリアーナリアーナ

    アメリカ合衆国のビルボード総合シングルチャートBillboard Hot 100には、2008年8月23日付のチャートに99位で初登場した。登場2週目は71位まで順位をあげた。3週目には71位から1位へと急上昇し、マルーン5の「メイクス・ミー・ワンダー」の持っていた64位から1位というジャンプアップ記録を塗り替えた。総合シングルチャートの1位はT.I.の音楽キャリア上2度目で、1度目はジャスティン・ティンバーレイクが2006年に発表した楽曲「マイ・ラヴ」に客演で参加した際に獲得している。ソロでは自身初となった。なお、順位を大きくあげたのはデジタル・ダウンロードが解禁になったためで、この週のこの楽曲のダウンロード・セールスは205,000件を記録し、ビルボードのHot Digital Songsチャートでも1位を獲得した。この楽曲はそのまま3週間続けてHot 100の1位をキープし続けるが、4週目にはピンクの「ソー・ホワット」に1位を奪われてしまう。しかし翌週には、「ソー・ホワット」を蹴落とし再びHot 100の第1位への返り咲きを果たしている。これにより、「ホワットエヴァー・ユー・ライク」のHot 100第1位獲得週数は通算4週目となった。さらにその翌週も1位を獲得し、これによりHot 100第1位獲得週数を通算5週に延ばした。6週目の1位獲得に期待のかかった翌週は、リアーナを客演に迎えての自身のニュー・シングル「マイアヒ・ライフ」が第1位を獲得。この週、「ホワットエヴァー・ユー・ライク」は2位へとスライドダウンした。なお、同一ミュージシャンによる1位の奪取は2004年にアッシャーが達成して以来の快挙となった。そのまま2週間のあいだは連続で2位に、2008年11月1日付のHot 100では、ブリトニー・スピアーズの「ウーマナイザー」を蹴落とし、再びトップに返り咲いている。これにより、通算6週目の1位獲得を達成した。Hot R&B/Hip-Hop Songsチャートでは最高位1位を記録しており、この楽曲で通算13曲目のトップ10入り、また2曲目の第1位楽曲となった。Pop 100チャートでは最高位5位を記録し、ソロでは2番目に大きなヒットとなった。この楽曲は全米のラジオ局から絶大な人気を誇るラジオ・ヒットとなっており、Hot 100 Airplayチャートでも複数週にわたって第1位を記録している。この楽曲はこれまでに、9つのビルボードの展開するチャートでナンバー1を獲得している。ホワットエヴァー・ユー・ライク フレッシュアイペディアより)

  • DJ KAORI'S PARTY MIX

    DJ KAORI'S PARTY MIXから見たリアーナリアーナ

    ディスタービア den Broeder Remix / リアーナDJ KAORI'S PARTY MIX フレッシュアイペディアより)

101件中 21 - 30件表示

「リアーナ」のニューストピックワード