81件中 21 - 30件表示
  • リアーナ

    リアーナから見たシーア

    2012年8月、夏の音楽フェス「Summer Sonic 2012」にヘッドライナーとして登場。久々の来日公演となった。同年9月、Siaがソングライターとして関わったシングル「Diamonds」が世界中でナンバーワン・ヒットとなる大ヒットを記録すると、11月に同曲を収録した7thアルバム「アンアポロジェティック」をリリース。全米1位を記録し、これが彼女にとって初の全米ナンバーワンアルバムとなった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たケンドリック・ラマー

    2017年は個人名義の作品は無かったが、「Selfish」(Future)、「Wild Thoughts」(DJ Khaled)、「Loyalty」(Kendrick Lamar)、「Lemon」(N.E.R.D)にゲストボーカルとして参加。また、Pumaとのコラボアイテムの発表や自身の化粧品ブランド「Fenty Beauty」を立ち上げるなどポップ・アイコンとして大きな存在感を示した。2018年にはスティーブン・ソダーバーグ監督の「オーシャンズ」シリーズの女性版「オーシャンズ8」に出演することが決定している。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たN.E.R.D

    2017年は個人名義の作品は無かったが、「Selfish」(Future)、「Wild Thoughts」(DJ Khaled)、「Loyalty」(Kendrick Lamar)、「Lemon」(N\.E\.R\.D)にゲストボーカルとして参加。また、Pumaとのコラボアイテムの発表や自身の化粧品ブランド「Fenty Beauty」を立ち上げるなどポップ・アイコンとして大きな存在感を示した。2018年にはスティーブン・ソダーバーグ監督の「オーシャンズ」シリーズの女性版「オーシャンズ8」に出演することが決定している。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たエド・シーラン

    2016年1月、インターネット上に楽曲がリークされたことを受けて予定を早めて8枚目のアルバム「Anti」をストリーミングサービスTidalにて公開。全米1位を記録する。収録楽曲の中でもドレイクを客演に迎えた楽曲「Work」は全米年間チャート4位を記録する大ヒットとなり、後のドレイク「One Dance」、エド・シーラン「Shape of You」といった楽曲のメガヒットにも繋がるダンスホール・ポップの流れを決定付けた。3月から半年以上に及ぶワールドツアー「Anti World Tour」を開始。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たカルヴィン・ハリス

    2010年11月6日 スペイン・マドリードにおいて、MTV EMA(ヨーロッパ・ミュージック・アワード)のプレ・パーティー・ステージにて飛び入りでステージ・パフォーマンスに参加。名曲“Livin’ On A Prayer”を赤のセクシーなドレスで熱唱。2011年に6枚目のアルバム「トーク・ザット・トーク」を発売。このアルバムからのシングル「ウィー・ファウンド・ラヴ feat. カルヴィン・ハリス」は全米で1位を記録したほか、世界で大ヒットになった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たティンバランド

    2007年3月には、次のアルバムからのリードシングルとなる「アンブレラ」を発表。フィーチャリングアーティストとして同じレーベルメイトのジェイ・Zが参加した。このシングルは、アメリカ合衆国の主要チャートであるビルボードのビルボード・ホット・100チャート(Billboard Hot 100)で7週連続の1位を記録。またイギリスのUKシングルチャート(UK Singles Chart)では10週連続の1位、ヨーロッパ・シングルチャート(Eurochart Hot 100 Singles)でも11週連続1位、ワールドチャート(United World Chart)でも10週連続で1位を獲得するなど、大ヒットとなった。UK・シングル・チャートにおける10週連続の1位は、ウェット・ウェット・ウエット(Wet Wet Wet)が1994年に発表した「ラブ・イズ・オール・アラウンド」の持つ15週連続1位に次ぐ記録となった。2007年6月にジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨ、レネ・マーリンらのサポートを受けた3作目のアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』をリリースし、全米チャート(Billboard 200)で2位、カナダとイギリスのアルバムチャート(Canadian Albums Chart, UK Album Chart)で1位を獲得した。売り上げ枚数はアメリカ合衆国で100万枚、世界では270万枚。RIAAからはプラチナディスクに認定された。アルバム発売の1週間後には、アルバムからの2作目のシングルとなる「シャット・アップ・アンド・ドライブ」を発表。全米シングルチャート(Billboard Hot 100)では最高順位15位、全英シングルチャート(UK Singles Chart)では最高順位5位を記録した。その後7月20日にはアルバムからの3作目のシングル「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」を、8月21日にはニーヨをフィーチャリングしたアルバムからの4作目のシングル「ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー」を発表。「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」はヨーロッパ・シングル・チャート(Eurochart Hot 100 Singles)で3週連続の首位を記録した。第50回グラミー賞に主要2部門、その他4部門、計6部門にノミネートされた。結果は「アンブレラ」でノミネートされていた最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たアドリアナ・リマ

    2012年には米男性誌『コンプレックス』の企画による『最もセクシーなツイッター』ランキングで一位に指名されている。モデルのアドリアナ・リマや歌手のビヨンセをおさえての一位であった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たシャイア・ラブーフ

    2007年9月頃、俳優のシャイア・ラブーフと食事をする姿が目撃され、熱愛報道がされたが、リアーナは「ただの友達よ。お互いによく知りもしないの」と恋仲を否定した。また、同時に以前噂になっていたオマリオンとの関係についても否定した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たソフト・セル

    2006年4月、2作目のアルバム『ガール・ライク・ミー』を発表。発売週に115,000枚以上を売り上げ、全米チャート(Billboard 200)で初登場5位となる。ソフト・セルの大ヒット曲「汚れなき愛」をサンプリングしたシングル「SOS」は、ビルボードのビルボード・ポップ・100(Billboard Pop 100)、ホット・デジタル・ソングス(Hot Digital Songs)、ホット・デジタル・トラックス(Hot Digital Tracks)、ホット・ダンス・エアプレイ(Hot Dance Airplay)などの各種チャートで3週連続の1位を獲得。また、全米シングルチャート (Billboard Hot 100) では34位から1位への急上昇を記録し、「TOP40圏内における1位への最大ジャンプ・アップ記録」を42年ぶりに更新した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たレネ・マーリン

    2007年3月には、次のアルバムからのリードシングルとなる「アンブレラ」を発表。フィーチャリングアーティストとして同じレーベルメイトのジェイ・Zが参加した。このシングルは、アメリカ合衆国の主要チャートであるビルボードのビルボード・ホット・100チャート(Billboard Hot 100)で7週連続の1位を記録。またイギリスのUKシングルチャート(UK Singles Chart)では10週連続の1位、ヨーロッパ・シングルチャート(Eurochart Hot 100 Singles)でも11週連続1位、ワールドチャート(United World Chart)でも10週連続で1位を獲得するなど、大ヒットとなった。UK・シングル・チャートにおける10週連続の1位は、ウェット・ウェット・ウエット(Wet Wet Wet)が1994年に発表した「ラブ・イズ・オール・アラウンド」の持つ15週連続1位に次ぐ記録となった。2007年6月にジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨ、レネ・マーリンらのサポートを受けた3作目のアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』をリリースし、全米チャート(Billboard 200)で2位、カナダとイギリスのアルバムチャート(Canadian Albums Chart, UK Album Chart)で1位を獲得した。売り上げ枚数はアメリカ合衆国で100万枚、世界では270万枚。RIAAからはプラチナディスクに認定された。アルバム発売の1週間後には、アルバムからの2作目のシングルとなる「シャット・アップ・アンド・ドライブ」を発表。全米シングルチャート(Billboard Hot 100)では最高順位15位、全英シングルチャート(UK Singles Chart)では最高順位5位を記録した。その後7月20日にはアルバムからの3作目のシングル「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」を、8月21日にはニーヨをフィーチャリングしたアルバムからの4作目のシングル「ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー」を発表。「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」はヨーロッパ・シングル・チャート(Eurochart Hot 100 Singles)で3週連続の首位を記録した。第50回グラミー賞に主要2部門、その他4部門、計6部門にノミネートされた。結果は「アンブレラ」でノミネートされていた最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「リアーナ」のニューストピックワード