81件中 31 - 40件表示
  • リアーナ

    リアーナから見たオマリオン

    2007年9月頃、俳優のシャイア・ラブーフと食事をする姿が目撃され、熱愛報道がされたが、リアーナは「ただの友達よ。お互いによく知りもしないの」と恋仲を否定した。また、同時に以前噂になっていたオマリオンとの関係についても否定した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たスティーブン・ソダーバーグ

    2017年は個人名義の作品は無かったが、「Selfish」(Future)、「Wild Thoughts」(DJ Khaled)、「Loyalty」(Kendrick Lamar)、「Lemon」(N.E.R.D)にゲストボーカルとして参加。また、Pumaとのコラボアイテムの発表や自身の化粧品ブランド「Fenty Beauty」を立ち上げるなどポップ・アイコンとして大きな存在感を示した。2018年にはスティーブン・ソダーバーグ監督の「オーシャンズ」シリーズの女性版「オーシャンズ8」に出演することが決定している。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たザ・ドリーム

    その後、リアーナはジェイ・Zの新作アルバムからのリード・シングル「ラン・ディス・タウン」に客演で参加し、コラボレートした。同曲はBillboard Hot 100にて最高位2位を獲得、その他の国でもトップ10入りのヒットした。リアーナはザ・ドリームやトリッキー・スチュワート、スターゲイト、スラッシュ、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨ、エイコンらと共に制作された4作目のスタジオ・アルバム『Rated R(邦題:R指定)』を2009年11月23日にリリースした。このアルバムからのリード・シングル「ロシアン・ルーレット」は同年10月20日にリリースされ、同曲は『Xファクター』にてパフォーマンスされた。11月10日にはヤング・ジージーをフィーチャーしたオフィシャル・セカンド・シングル「ハード」をリリースした。当初、アルバムからのプロモ・シングルとされてきた「ウェイト・ユア・ターン」は一転、2010年初頭にオフィシャル・サード・シングルとしてのリリース予定がアナウンスされている。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たヤング・ジージー

    その後、リアーナはジェイ・Zの新作アルバムからのリード・シングル「ラン・ディス・タウン」に客演で参加し、コラボレートした。同曲はBillboard Hot 100にて最高位2位を獲得、その他の国でもトップ10入りのヒットした。リアーナはザ・ドリームやトリッキー・スチュワート、スターゲイト、スラッシュ、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨ、エイコンらと共に制作された4作目のスタジオ・アルバム『Rated R(邦題:R指定)』を2009年11月23日にリリースした。このアルバムからのリード・シングル「ロシアン・ルーレット」は同年10月20日にリリースされ、同曲は『Xファクター』にてパフォーマンスされた。11月10日にはヤング・ジージーをフィーチャーしたオフィシャル・セカンド・シングル「ハード」をリリースした。当初、アルバムからのプロモ・シングルとされてきた「ウェイト・ユア・ターン」は一転、2010年初頭にオフィシャル・サード・シングルとしてのリリース予定がアナウンスされている。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たルーペ・フィアスコ

    2008年:Glow in the Dark Tour(カニエ・ウェスト、N*E*R*D、ルーペ・フィアスコと共に)リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たグラミー賞

    2005年にリアーナはデビュー・スタジオアルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』を発表した。アルバムはBillboard 200で最高10位を記録し、ヒットシングル「ポン・デ・リプレイ」を生み出した。デビュー・アルバム発表から1年も経たないうちに2枚目のスタジオアルバム『ガール・ライク・ミー』を発表。アルバムはビルボード・アルバム・チャートで最高5位を記録、最初の全米首位獲得シングル「SOS」、Hot100で最高10位を記録した「アンフェイスフル」「ブレイク・イット・オフ」を生み出した。3枚目のスタジオ・アルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』(2007年)は、Billboard 200で最高2位を記録、「アンブレラ」「テイク・ア・バウ」「ディスタービア」という3つの全米首位獲得シングルと世界的なヒットシングル「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」を生み出した。アルバムはグラミー賞で9部門にノミネートし、「アンブレラ」が最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たサマーソニック

    2012年8月、夏の音楽フェス「Summer Sonic 2012」にヘッドライナーとして登場。久々の来日公演となった。同年9月、Siaがソングライターとして関わったシングル「Diamonds」が世界中でナンバーワン・ヒットとなる大ヒットを記録すると、11月に同曲を収録した7thアルバム「アンアポロジェティック」をリリース。全米1位を記録し、これが彼女にとって初の全米ナンバーワンアルバムとなった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たオタワ

    『Contemporary Black Biography book』第65巻で、「リアーナはカリブ海から世界に出てきた珍しいR&Bディーバである」と評されている。リアーナはR&Bとカリブ音楽(例えばレゲエ、ダンスホール)を混合させたスタイルで知られている。リアーナはデビュー当初、評論家から「バブルガム女王」といわれ、音楽は「ティーン・ポップ」と位置づけられていた。『サン』のラリー・メイラーは、バッドになっていくリアーナは非常に良いと述べ、力強くステージを揺るがした「ティーン・ポップ」のイメージを払いのけたと評した。2006年にオタワ公演を行った際に『カナダ・オンライン・エクスプローラー』のデニス・アームストロングはリアーナがライブツアーの間、新しいイメージを表す為にぴったりした革の衣装を身に付けていたことを批判した。『タイム』はリアーナのステージ衣装のスタイルをジャネット・ジャクソンのそれと比較した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たツイッター

    2012年には米男性誌『コンプレックス』の企画による『最もセクシーなツイッター』ランキングで一位に指名されている。モデルのアドリアナ・リマや歌手のビヨンセをおさえての一位であった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見た2009年

    2008年5月には、アルバムからの5作目のシングルとなる「テイク・ア・バウ」を発表。「アンフェイスフル」や、「ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー」と同様、ニーヨによるプロデュースで『グッド・ガール・ゴーン・バッド』の再発盤である『Good Girl Gone Bad: Reloaded』に収録される新曲である。Billboard Hot 100では、ダウンロード解禁を機にチャートをジャンプアップし、1位を獲得。なお、『Good Girl Gone Bad: Reloaded』には、マルーン5とのコラボ曲の「イフ・アイ・ネバー・シー・ユア・フェイス・アゲイン」も収録されている。同年6月には、『Good Girl Gone Bad: Reloaded』のリリースと同時にアルバムからの6作目のシングル「ディスタービア」をリリース。ビデオ公開後、ダウンロードセールスを伸ばし、全米シングルチャート(Billboard Hot 100)で自身4曲目の1位を獲得した。同年9月、リアーナは癌の研究を行う“Stand Up to Cancer”に資金援助をするためのキャンペーンに参加。癌に対しての意識向上と闘病支援、癌の研究や資金を援助する大型キャンペーンで、このキャンペーンの為に組まれたユニットに参加。マライア・キャリー、ビヨンセ、メアリー・J. ブライジなど知名度と人気の高いジャンルを超えた女性歌手15名で構成されるユニットで、9月2日にiTunes Storeでチャリティー・シングル「ジャスト・スタンド・アップ」が発売された。2009年1月、『グッド・ガール・ゴーン・バッド』からの7枚目のシングル「リアブ」が、全米シングルチャート(Billboard Hot 100)でトップ20入りを果たす。ジャスティン・ティンバーレイクが出演したPVが話題となりダウンロードセールスを伸ばし、アルバムからの7枚のシングル全てがトップ20入りという快挙を達成した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「リアーナ」のニューストピックワード