81件中 51 - 60件表示
  • リアーナ

    リアーナから見たニューヨーク

    リアーナは、1988年2月20日にバルバドス人の父と、ガイアナ人の母との間に生まれた。父方の祖母は、アイルランド人である。バルバドスの小学校チャールズ・F・ブルーム記念学校、そしてグラマースクールのコンバーミア中学校(アメリカの工業学校に類似した6学年制の学校)に通い、学校では2004年にミス・コンバーミア・ページェントで優勝、学園祭ではマライア・キャリーの「ヒーロー」を歌うなどした。15歳の時、リアーナの友人の一人が当時バルバドスに休暇で訪れていたニューヨークのプロデューサー、エヴァン・ロジャースにリアーナを紹介し、人生の転機を迎える。ロジャースとパートナーのカール・スターケンはアメリカ合衆国でリアーナの宣材用録音を手伝い、様々なレコーディング会社にデモを送った。その内の1つがデフ・ジャムのCEOであるジェイ・Zに届けられ、16歳の時にデフ・ジャムと契約することになった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たグッド・ガール・ゴーン・バッド

    2005年にリアーナはデビュー・スタジオアルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』を発表した。アルバムはBillboard 200で最高10位を記録し、ヒットシングル「ポン・デ・リプレイ」を生み出した。デビュー・アルバム発表から1年も経たないうちに2枚目のスタジオアルバム『ガール・ライク・ミー』を発表。アルバムはビルボード・アルバム・チャートで最高5位を記録、最初の全米首位獲得シングル「SOS」、Hot100で最高10位を記録した「アンフェイスフル」「ブレイク・イット・オフ」を生み出した。3枚目のスタジオ・アルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』(2007年)は、Billboard 200で最高2位を記録、「アンブレラ」「テイク・ア・バウ」「ディスタービア」という3つの全米首位獲得シングルと世界的なヒットシングル「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」を生み出した。アルバムはグラミー賞で9部門にノミネートし、「アンブレラ」が最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見た東京カワイイ★TV

    東京カワイイ★TV(NHK総合) 2012年4月21日リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見た第51回グラミー賞

    2009年2月8日、第51回グラミー賞授賞式当日に、当時恋人だった歌手のクリス・ブラウンと車内で口論となり暴行を受ける。クリスは暴行を加えてその場から立ち去ったが、後に出頭。逮捕されたものの、保釈金を払い保釈された。後日、クリスは「どれだけ申し訳なく、悲しく思っているか、とても言葉では説明できません。牧師や母、そして愛する人たちに助言を求めているところです。そして神の力を借り、より良き人間に変わることを誓います」と謝罪文を発表。また、Facebook等にクリスがリアーナを批判するような書き込みを行ったという報道があったが、それは自身が書き込んだものではないとした。19日、芸能サイトTMZにリアーナの暴行をうけた直後の顔写真が掲載される。顔中腫れ上がりあざができた痛々しい姿は衝撃を与えた。なお、この写真が流出したのはロサンゼルス市警の関係者のリークと考えられており、市警では内部調査が行われる。この写真流出をリアーナの父は「(ロサンゼルス市警の)だらしない仕事だ」と非難した。暴行をうけた直後からコメントを出さずに沈黙を続けていたリアーナだが、20日に公式コメントを発表。内容は「当局の要請により、リアーナがクリス・ブラウンに関する事件について言及することはありません。ファンの皆さんには、弱気になることはなく元気だということ、この辛い時期に皆さんから寄せられているサポートを深く感謝していることを、断言したいと申しております」。事件の影響は大きく、リアーナは予定されていたマレーシア公演をキャンセル。クリスも出演していたCMの出演中止、オール・スターNBAバスケット・ボール大会の出演もキャンセルとなった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見た首相

    2008年2月21日に行われた誕生日パーティで母国バルバドスの首相デーヴィッド・トンプソンから直々にバルバドスの名誉文化大使に任命された。バルバドス政府はこの日を「リアーナの日」とし、文化貢献を称え、セント・ジェームズ教区にある一等地をプレゼントし、この土地はリアーナの私有地となった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たスターゲイト

    その後、リアーナはジェイ・Zの新作アルバムからのリード・シングル「ラン・ディス・タウン」に客演で参加し、コラボレートした。同曲はBillboard Hot 100にて最高位2位を獲得、その他の国でもトップ10入りのヒットした。リアーナはザ・ドリームやトリッキー・スチュワート、スターゲイト、スラッシュ、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨ、エイコンらと共に制作された4作目のスタジオ・アルバム『Rated R(邦題:R指定)』を2009年11月23日にリリースした。このアルバムからのリード・シングル「ロシアン・ルーレット」は同年10月20日にリリースされ、同曲は『Xファクター』にてパフォーマンスされた。11月10日にはヤング・ジージーをフィーチャーしたオフィシャル・セカンド・シングル「ハード」をリリースした。当初、アルバムからのプロモ・シングルとされてきた「ウェイト・ユア・ターン」は一転、2010年初頭にオフィシャル・サード・シングルとしてのリリース予定がアナウンスされている。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たワールド・ミュージック・アワード

    2007年10月に放送されたMTVの番組での共演以降、俳優・ジョシュ・ハートネットとのニューヨークのクラブなどでの2ショットが度々目撃されたことで、2人の交際が噂された。ジョシュは当初肯定も否定もしない曖昧な返答を、リアーナは交際を否定していたが、その後11月初旬に行われたワールド・ミュージック・アワードでのインタビューの際、リアーナがジョシュとの交際を認める発言をした。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たフィーチャリング

    2007年3月には、次のアルバムからのリードシングルとなる「アンブレラ」を発表。フィーチャリングアーティストとして同じレーベルメイトのジェイ・Zが参加した。このシングルは、アメリカ合衆国の主要チャートであるビルボードのビルボード・ホット・100チャート(Billboard Hot 100)で7週連続の1位を記録。またイギリスのUKシングルチャート(UK Singles Chart)では10週連続の1位、ヨーロッパ・シングルチャート(Eurochart Hot 100 Singles)でも11週連続1位、ワールドチャート(United World Chart)でも10週連続で1位を獲得するなど、大ヒットとなった。UK・シングル・チャートにおける10週連続の1位は、ウェット・ウェット・ウエット(Wet Wet Wet)が1994年に発表した「ラブ・イズ・オール・アラウンド」の持つ15週連続1位に次ぐ記録となった。2007年6月にジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨ、レネ・マーリンらのサポートを受けた3作目のアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』をリリースし、全米チャート(Billboard 200)で2位、カナダとイギリスのアルバムチャート(Canadian Albums Chart, UK Album Chart)で1位を獲得した。売り上げ枚数はアメリカ合衆国で100万枚、世界では270万枚。RIAAからはプラチナディスクに認定された。アルバム発売の1週間後には、アルバムからの2作目のシングルとなる「シャット・アップ・アンド・ドライブ」を発表。全米シングルチャート(Billboard Hot 100)では最高順位15位、全英シングルチャート(UK Singles Chart)では最高順位5位を記録した。その後7月20日にはアルバムからの3作目のシングル「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」を、8月21日にはニーヨをフィーチャリングしたアルバムからの4作目のシングル「ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー」を発表。「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」はヨーロッパ・シングル・チャート(Eurochart Hot 100 Singles)で3週連続の首位を記録した。第50回グラミー賞に主要2部門、その他4部門、計6部門にノミネートされた。結果は「アンブレラ」でノミネートされていた最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たカナダ

    2007年3月には、次のアルバムからのリードシングルとなる「アンブレラ」を発表。フィーチャリングアーティストとして同じレーベルメイトのジェイ・Zが参加した。このシングルは、アメリカ合衆国の主要チャートであるビルボードのビルボード・ホット・100チャート(Billboard Hot 100)で7週連続の1位を記録。またイギリスのUKシングルチャート(UK Singles Chart)では10週連続の1位、ヨーロッパ・シングルチャート(Eurochart Hot 100 Singles)でも11週連続1位、ワールドチャート(United World Chart)でも10週連続で1位を獲得するなど、大ヒットとなった。UK・シングル・チャートにおける10週連続の1位は、ウェット・ウェット・ウエット(Wet Wet Wet)が1994年に発表した「ラブ・イズ・オール・アラウンド」の持つ15週連続1位に次ぐ記録となった。2007年6月にジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨ、レネ・マーリンらのサポートを受けた3作目のアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』をリリースし、全米チャート(Billboard 200)で2位、カナダとイギリスのアルバムチャート(Canadian Albums Chart, UK Album Chart)で1位を獲得した。売り上げ枚数はアメリカ合衆国で100万枚、世界では270万枚。RIAAからはプラチナディスクに認定された。アルバム発売の1週間後には、アルバムからの2作目のシングルとなる「シャット・アップ・アンド・ドライブ」を発表。全米シングルチャート(Billboard Hot 100)では最高順位15位、全英シングルチャート(UK Singles Chart)では最高順位5位を記録した。その後7月20日にはアルバムからの3作目のシングル「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」を、8月21日にはニーヨをフィーチャリングしたアルバムからの4作目のシングル「ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー」を発表。「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」はヨーロッパ・シングル・チャート(Eurochart Hot 100 Singles)で3週連続の首位を記録した。第50回グラミー賞に主要2部門、その他4部門、計6部門にノミネートされた。結果は「アンブレラ」でノミネートされていた最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • リアーナ

    リアーナから見たウィー・ファウンド・ラヴ

    2010年11月6日 スペイン・マドリードにおいて、MTV EMA(ヨーロッパ・ミュージック・アワード)のプレ・パーティー・ステージにて飛び入りでステージ・パフォーマンスに参加。名曲“Livin’ On A Prayer”を赤のセクシーなドレスで熱唱。2011年に6枚目のアルバム「トーク・ザット・トーク」を発売。このアルバムからのシングル「ウィー・ファウンド・ラヴ feat. カルヴィン・ハリス」は全米で1位を記録したほか、世界で大ヒットになった。リアーナ フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「リアーナ」のニューストピックワード