前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
221件中 1 - 10件表示
  • ラ・マシア

    ラ・マシアから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    育成組織としてのラ・マシアは世界で最も優れた育成組織のひとつとして称賛されており、2010年のFIFAバロンドール投票では最終候補の3人(MFシャビ、MFアンドレス・イニエスタ、FWリオネル・メッシ)をすべてラ・マシア出身選手で占めるという偉業を成し遂げた。ラ・マシア フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    左利きで小柄であること、ドリブルとスピードにおいてずば抜けていること、FCバルセロナでのプレー経験があること、アルゼンチン人であること、フル代表デビュー戦がハンガリー戦であることなど、リオネル・メッシとマラドーナにはいくつかの共通点がある。2007年4月18日のFCバルセロナ対ヘタフェCF戦において、メッシがマラドーナの「5人抜き」ドリブルそっくりのプレーを見せ、メッシは「ゴールはディエゴ(マラドーナ)に捧げる」と発言したが、マラドーナは「比較は大げさすぎる。僕のゴールとは関係ない」と冷たくあしらった。同年6月9日のバルセロナ・ダービーにおいてメッシは「神の手」ゴールそっくりのプレーを見せた。マラドーナはメッシと自分との比較について「僕のほうが上だと思うよ」と一旦は発言したが、後にこれを否定して「メッシの母親ならば、レオが一番と答えるだろうね」とペレの時と同じような発言をし、更に「僕は彼を愛している。自分の夢を語るならば、バルセロナ指揮官としてメッシを指導することだ」と述べている。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ラダメル・ファルカオ

    ラダメル・ファルカオから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    4月11日、レアル・マドリードとのマドリードダービーに初出場し、チーム唯一の得点を記録したが (1-4) で敗戦した。ヨーロッパリーグ準決勝のバレンシア戦 (4-2) で2得点を記録し、決勝進出に貢献。2012年5月9日、決勝戦のアスレティック・ビルバオ戦 (3-0) で先制の2ゴールを記録し、ポルト時代に続いての2季連続のヨーロッパリーグ制覇を成し遂げ、また自身も2季連続得点王に輝いた。リーグ戦ではリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ得点ランキング3位となる24得点を記録した。ラダメル・ファルカオ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2012年2月12日のレバンテUD戦でハットトリックを記録。サンティアゴ・ベルナベウでの通算4000点目でもあった3点目のミドルシュートは多くのメディアから賞賛された。3月24日のレアル・ソシエダ戦で2得点を挙げ、史上最速となる通算92試合目の出場でリーガ通算100得点を記録した。それまでの最速記録はフェレンツ・プスカシュの105試合であり、ロナウドは13試合と大幅に記録を更新したことになった。また、シーズン通算100試合目の出場となった5月5日のグラナダCF戦で得点し、リーガ通算100試合の出場で111得点とし、これまでの記録であったプスカシュの97得点を大幅に塗り替えた。2011-12シーズンは昨シーズンを超えるリーガ46得点、シーズン60得点を記録。得点王こそリオネル・メッシに譲ったものの、レアル・マドリードのリーガ史上初となる勝ち点100での優勝に大きく貢献した。また、リーガではプリメーラ・ディビシオンに参加している、レアル・マドリード以外の19クラブ全てから得点を奪った。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • サッカーアルゼンチン代表

    サッカーアルゼンチン代表から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2002 FIFAワールドカップ・南米予選では圧倒的な成績で本大会出場を決め、2002 FIFAワールドカップ開幕前の前評判は高かったが、日本と韓国で共催された本大会では「死の組」に組み込まれ、ライバルのイングランドに敗れるなどしてグループリーグ敗退に終わった。2004年のアテネオリンピック圧倒的な成績を残し、国際大会史上初となる全試合無失点で金メダルを獲得した。2005年にはFIFAコンフェデレーションズカップ2005に出場したが、決勝でブラジルに敗れて準優勝に終わった。ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップではグループリーグで美しいサッカーを見せたが、準々決勝で開催国のドイツに敗れた。コパ・アメリカ2007では決勝まで進んだが、決勝ではブラジルに0-3で敗れて準優勝に終わった。2008年の北京オリンピックにはリオネル・メッシなどが出場し、グループリーグから6連勝を記録して再び金メダルを獲得した。2010 FIFAワールドカップに先立ってマラドーナが監督に就任すると、南アフリカで開催された本大会ではグループリーグを3戦全勝で通過し、決勝トーナメント1回戦ではメキシコに勝利したが、準々決勝のドイツ戦に大敗して大会から去った。コパ・アメリカ2011ではウルグアイと対戦した準々決勝に敗れ、セルヒオ・バティスタ監督が解任されてアレハンドロ・サベーラが新監督に就任した。2014年のワールドカップブラジル大会では、南米予選を首位で突破し、出場した。攻撃陣にメッシ、アグエロ、イグアイン、ディ・マリアといった世界クラスの選手を擁し、大会前から、開催国であるブラジル、前回王者であるスペイン、そしてドイツと並ぶ優勝候補の一角に数えられた。グループステージではエースメッシが全試合でゴールを挙げる大活躍で3連勝し、決勝トーナメントに進出した。しかし、一転して決勝トーナメントでは攻撃陣が機能せず苦戦を強いられた。しかし、安定した守備がこれを支え、無失点で決勝進出を決めた。決勝ではドイツと対戦。互角の戦いを見せ、延長戦にまでもつれ込んだが、延長後半に失点し、準優勝に終わった。メッシはこの大会のMVPに輝いた。大会後にサベーラ監督は辞任した。サッカーアルゼンチン代表 フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・アグエロ

    セルヒオ・アグエロから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2005-06シーズンはチームの主力として前期・後期共に18試合出場9ゴールとブレイク。ワールドユースでの活躍も相まって世界で最も将来有望なサッカー選手の一人として認知され、「ニュー・メッシ」(このシーズン、メッシはFCバルセロナで大ブレイクを果たした)とも「マラドーナの後継者」(マラドーナ自身もその才能を認め「アグエロをA代表に招集すべき」と発言したこともある)とも呼ばれるようになった。彼の元には、早くから移籍金1200万ユーロで獲得に乗り出したビジャレアルCFの他、メッシの所属するFCバルセロナやバイエルン・ミュンヘンなど多くの欧州の強豪クラブからのオファーが届いたが、最終的にアトレティコ・マドリードへ同クラブ史上最高額(約2000万ユーロ)での移籍が決定した。セルヒオ・アグエロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マヌエル・マルティネス

    フアン・マヌエル・マルティネスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008-09シーズンの開幕とともにベレスに復帰し、クラウスーラ2009では9試合に出場して1得点を挙げて自身2度目のリーグ優勝を果たした。シーズン終盤にレギュラーのホナタン・クリスタルドが負傷したため、優勝のかかったラスト2試合はマルティネスが先発出場した。アペルトゥーラ2010は彼にとって最高のシーズンとなった。それまでにリーグ戦91試合に出場して6得点しか挙げておらず、決してレギュラーとはいえなかったが、このシーズンは前19試合に先発出場して10得点を記録した。10節のCAコロン戦 (6-0) ではアルゼンチンでは初となるハットトリックを達成し、ラシン・クラブ戦 (2-0) で見せたプレーは「(5人抜きドリブルで知られる)ディエゴ・マラドーナのようだ」と称えられた。その試合で彼は自陣からドリブルを始め、6人の相手選手を交わしてゴール前に到達し、ついにはゴールキーパーも振り切ってゴールを決めたのだった。このシーズンはエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタに次ぐ2位となった。2010年を通しての活躍から、マルティネスはアルゼンチンのスポーツジャーナリスト連盟が選ぶアルゼンチンリーグ最優秀選手に選ばれ、海外でプレーする最優秀アルゼンチン人選手のリオネル・メッシとともに表彰された。2011年1月、ベレスとの契約を2013年まで延長した。フアン・マヌエル・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2007年3月6日のUEFAチャンピオンズリーグ2nd Leg。アンフィールドで行われたリヴァプールFC相手に唯一ゴールを決め1-0で勝利したが、アウェーゴールのため敗退した。移籍初年度は全大会で12ゴールを記録するも3人の巨星であるロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、そしてリオネル・メッシはさらに多くのゴールを決めていた。しかし、CLではたった3ゴールだったが、クラブ内得点王になった。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のサッカー

    2016年のサッカーから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    【FIFA】2015年のFIFAバロンドール授賞式がスイスのチューリッヒで行われ、FCバルセロナのリオネル・メッシが3年ぶり5度目の受賞、女子最優秀選手賞にカーリー・ロイドが初受賞。2016年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ボージャン・クルキッチ

    ボージャン・クルキッチから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    そして、それから1ヵ月後の10月20日、リーガ第8節ビジャレアルCF戦で得点を挙げてクラブ最年少得点記録を更新した。この初ゴールのアシストは、それまでの記録保持者であるリオネル・メッシであった。この2007-08シーズンではリーガデビューからコンスタントに試合に出場し、リーガ10ゴールを挙げるなどトップチームに定着するに至った。これは同じく17歳でデビューしたラウル・ゴンサレスの9ゴールを抜きリーガ・エスパニョーラの新人記録となった。ボージャン・クルキッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
221件中 1 - 10件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード