前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    左利きで小柄であること、ドリブルとスピードにおいてずば抜けていること、FCバルセロナでのプレー経験があること、アルゼンチン人であること、A代表デビュー戦がハンガリー戦であることなど、リオネル・メッシとマラドーナにはいくつかの共通点がある。2007年4月18日のFCバルセロナ対ヘタフェCF戦においてリオネル・メッシがマラドーナの「5人抜き」ドリブルそっくりのプレーを見せ、メッシは「ゴールはディエゴ(マラドーナ)に捧げる」と発言したが、マラドーナは「比較は大げさすぎる。俺のゴールとは関係ない」と冷たくあしらった。同年6月9日のバルセロナ・ダービーにおいてメッシは「神の手」ゴールそっくりのプレーを見せた。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・マシア

    ラ・マシアから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    開所から30年で500人以上の選手がラ・マシアに在籍したが、その半数はカタルーニャ州出身であり、残りの半数はスペインのその他の地域出身である。スペイン国外出身選手もおり、15人はカメルーン出身、7人はブラジル出身、5人はセネガル出身、3人はアルゼンチン出身である。在籍した500人のうち約10%がトップチームに昇格を果たしている。世界で最も優れた下部組織のひとつとして称賛されており、2010年のFIFAバロンドール投票では最終候補の3人(MFシャビ、MFアンドレス・イニエスタ、FWリオネル・メッシ)をすべてラ・マシア出身選手で占めるという偉業を成し遂げた。ラ・マシア フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・アグエロ

    セルヒオ・アグエロから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2005-2006年シーズンはチームの主力として前期・後期共に18試合出場9ゴールとブレイク。ワールドユースでの活躍も相まって世界で最も将来有望なサッカー選手の一人として認知され、「ニュー・メッシ」(このシーズン、メッシはFCバルセロナで大ブレイクを果たした)とも「マラドーナの後継者」(マラドーナ自身もその才能を認め「アグエロをA代表に招集すべき」と発言したこともある)とも呼ばれるようになった。彼の元には、早くから移籍金1200万ユーロで獲得に乗り出したビジャレアルCFの他、メッシの所属するFCバルセロナやバイエルン・ミュンヘンなど多くの欧州の強豪クラブからのオファーが届いたが、最終的にアトレティコ・マドリードへ同クラブ史上最高額(約2000万ユーロ)での移籍が決定した。セルヒオ・アグエロ フレッシュアイペディアより)

  • UEFA欧州最優秀選手賞

    UEFA欧州最優秀選手賞から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    バロンドールは欧州最優秀選手賞として設立されたものの2007年度より対象が世界に拡大し、2010年度よりFIFA最優秀選手賞に統合されFIFAバロンドールとなった。これにより選考方法はバロンドールに由来するジャーナリストによる投票に、FIFA最優秀選手賞に由来する各国代表の主将、監督による投票が加えられるものとなっていた。2010年のバロンドールの受賞者発表後、プラティニはリオネル・メッシの受賞に不満を示し、「FIFAワールドカップが開かれた年に優勝国の選手、監督が評価されない」ことに苦言を呈すとともに、「旧来のバロンドール精神」を受け継いだ新たな賞の設立を表明した。実際、2010年のFIFAバロンドールの投票では記者投票で1位だったヴェスレイ・スナイデルが各国代表選手、監督による投票を加えると上位3人にも残らなくなるなど、その選考方法には疑問がなされていた。UEFA欧州最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    RCDマヨルカとのリーグ開幕戦は途中出場だったものの、ホーム初戦である第2節のCAオサスナ戦では先発に名を連ねて質の高いプレーを披露、交代の際には観客からスタンディングオベーションを浴びた。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では移籍後初ゴールも挙げた。初のコパ・デル・レイとなった12月22日のレバンテUD戦でも得点を挙げ、8-0での勝利に貢献した。2011年3月6日のラシン戦では2つのアシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。この試合後、母国ドイツを始め欧州や南米のメディアから「フットボールのモーツァルト」と高い評価を受けた。シーズンを通してプレーし、計53試合に出場し10得点を記録。特にアシストではリオネル・メッシを抑えて欧州最多となる26アシストを記録した。メスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マヌエル・マルティネス

    フアン・マヌエル・マルティネスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008-09シーズンの開幕とともにベレスに復帰し、クラウスーラ2009では9試合に出場して1得点を挙げて自身2度目のリーグ優勝を果たした。シーズン終盤にレギュラーのホナタン・クリスタルドが負傷したため、優勝のかかったラスト2試合はマルティネスが先発出場した。アペルトゥーラ2010は彼にとって最高のシーズンとなった。それまでにリーグ戦91試合に出場して6得点しか挙げておらず、決してレギュラーとはいえなかったが、このシーズンは前19試合に先発出場して10得点を記録した。10節のコロン・デ・サンタフェ戦(6-0)ではアルゼンチンでは初となるハットトリックを達成し、ラシン・クラブ戦(2-0)で見せたプレーは「(5人抜きドリブルで知られる)ディエゴ・マラドーナのようだ」と称えられた。その試合で彼は自陣からドリブルを始め、6人の相手選手を交わしてゴール前に到達し、ついにはゴールキーパーも振り切ってゴールを決めたのだった。このシーズンはエストゥディアンテスに次ぐ2位となった。2010年を通しての活躍から、マルティネスはアルゼンチンのスポーツジャーナリスト連盟が選ぶアルゼンチンリーグ最優秀選手に選ばれ、海外でプレーする最優秀アルゼンチン人選手のリオネル・メッシとともに表彰された。2011年1月、ベレスとの契約を2013年まで延長した。フアン・マヌエル・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • セスク・ファブレガス

    セスク・ファブレガスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    FCバルセロナのカンテラで育つ。ここでリオネル・メッシやジェラール・ピケらと共にプレーした。2003年のU-17世界選手権にU-17スペイン代表の一員として出場し準優勝を果たす。自身も5ゴールを挙げて得点王に輝くと共に、大会最優秀選手に選出された。FCバルセロナでも才能は認められていたものの、トップチームにはシャビやイニエスタなどの同ポジションの選手がいたため、大会後間もなく才能に惚れ込んだアーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルがスペイン、イングランドの労働法の隙間やFCバルセロナの会長選という期間を狙って無料で獲得。しかし、その後裁判所からFCバルセロナへの85万7000ユーロ(約1億2000万円=当時)の支払い命令が下る。セスク・ファブレガス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ロドリゲス・レデスマ

    ペドロ・ロドリゲス・レデスマから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    カナリア諸島テネリフェ島サンタ・クルス・デ・テネリフェ出身であるが、幼少時代から熱狂的なFCバルセロナのファンであった。セグンダ・ディビシオンB(3部)のCDサン・イシドロ・デ・テネリフェでプレーしていた16歳の時にFCバルセロナの下部組織(ラ・マシア)に加入した。リオネル・メッシと同い年だが、メッシは飛び級により上位チームでプレーしていたため、同じチームでプレーしたことはない。ペドロ・ロドリゲス・レデスマ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    復帰戦はウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦で、72分から途中出場した試合を3-0の勝利で飾った。インタビューで古巣アトレティコへの復帰に興味を持っていると言い、「僕がアトレティコで現役引退するかどうかはわからない。でもアトレティコで何かをやってから引退したいと思っている」と語った。11月のチャンピオンズリーグ、マルセイユ戦の1-0勝利後にまたもやハムストリングを痛め、プレー不可を余儀なくさせられた。当初は2?3週間の離脱と見られていたが、専門医の診断により離脱期間は4週間に延びた。12月にはFIFA最優秀選手の候補に選ばれ、C・ロナウドとリオネル・メッシに次ぐ3位の位置を得た。負傷からの復帰戦は彼にとって初めてのFAカップ出場となった2009年1月3日のプレストン・ノースエンドFC戦であり、途中出場して2-1で勝利した。2月1日のチェルシー戦では試合終盤に2得点を決めて2-0での勝利を飾った。加入してから1年半しか経っていないにも関わらず、タイムズ紙による「リヴァプールFCの歴代最優秀選手50人」に選ばれ、これだけの短期間で彼が見せつけた衝撃を増強させている。フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • ボージャン・クルキッチ

    ボージャン・クルキッチから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    そして、それから1ヵ月後の10月20日、リーガ第8節ビジャレアルCF戦で得点を挙げてクラブ最年少得点記録を更新した。この初ゴールのアシストは、それまでの記録保持者であるメッシであった。この2007-08シーズンではリーガデビューからコンスタントに試合に出場し、リーガ10ゴールを挙げるなどトップチームに定着するに至った。これは同じく17歳でデビューしたラウル・ゴンサレスの9ゴールを抜きリーガ・エスパニョーラの新人記録となった。ボージャン・クルキッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード