133件中 101 - 110件表示
  • デビッド・ベッカム

    デビッド・ベッカムから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008年4月にフランス・フットボール誌が発表した世界のサッカー選手の年収ランキング(年俸などに加え、スポンサー収入も含める)で第1位3100万ユーロ(約50億円)に選ばれた。2010年3月23日に発売された同誌によると世界のサッカー選手の年収ランキングでベッカムは第2位3040万ユーロ(約37億円)に転落している(ちなみに、第1位はリオネル・メッシの3300万ユーロ(約40億円)、第3位はクリスティアーノ・ロナウドの3000万ユーロ(約36億円)だった)。デビッド・ベッカム フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ガゴ

    フェルナンド・ガゴから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2005年にはU-20アルゼンチン代表としてオランダで開催された2005 FIFAワールドユース選手権に出場し、リオネル・メッシらとともに優勝を果たした。2006年にドイツで開催された2006 FIFAワールドカップの出場メンバーには登録されなかったが、2007年2月7日のフランス戦でアルゼンチンA代表デビューを飾り、同年のコパ・アメリカ2007にも出場した。フェルナンド・ガゴ フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    翌シーズンは再びレフトバックの位置でプレーし、2010-11シーズン前のプレシーズンマッチ、エルクレスCF戦ではキャプテンを務めた。その後、新たに監督に就任したジョゼ・モウリーニョの指導もあって、長らくの課題とされてきた守備を大幅に向上させ信頼を獲得、ディエゴ・マラドーナからは「メッシとクリスティアーノと別として、現状でマルセロがリーガで最高の選手だと思う」との賛辞を受けた。また、マアマドゥ・ディアッラのASモナコ移籍後は、イケル・カシージャス、セルヒオ・ラモスに次ぐ第3キャプテンとなった。2011年3月16日のUEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント第1戦のオリンピック・リヨン戦2ndレグでは先制点を挙げると共に2点目の起点となり、レアル・マドリードの7年ぶりのベスト8進出に大きく貢献、前年の雪辱を果たした。マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008年2月3日のCAオサスナ戦に出場し、FCバルセロナでの公式戦通算200試合出場を達成した。しかし、2007-08シーズンは全体的に負傷に苦しめられ、4月3日には右足の筋肉断裂により一足早くシーズンを終えた。5月19日、ラポルタ会長は「ロナウジーニョは新たなチャレンジを必要としている」と発言し、トップ選手としてやっていくためには移籍が必要であると主張した。6月6日、マンチェスター・シティFCのタクシン・シナワットオーナーはロナウジーニョの獲得に興味を示した。6月28日、ロナウジーニョとリオネル・メッシはベネズエラで開催された人種差別撲滅のための親善試合でそれぞれのチームのキャプテンを務め、試合は7-7の引き分けに終わった。彼は2得点2アシストを記録したが、この試合がFCバルセロナの選手としての最後の試合となった。2010年のジョアン・ガンペール杯前日、FCバルセロナのファンと選手たちに対して「FCバルセロナでの5年間が最高の時期であった」とする手紙を公開した。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリク・ラーション

    ヘンリク・ラーションから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2005年12月28日に、2005-06シーズンいっぱいでバルセロナを退団し、母国スウェーデンへ戻ることを発表した。2006年7月から古巣ヘルシンボリIFに復帰。ハビエル・サビオラ、サミュエル・エトオ、リオネル・メッシの三名のフォワードを欠くバルセロナが再獲得を目指すとの報道がなされたが、2006年12月にマンチェスター・ユナイテッドが3ヶ月間の期限付きで獲得することが発表された。これはスウェーデン国内リーグの開催期間が4月?10月と短い点を突いた「裏ワザ」的な獲得であり、前線の駒不足に悩んでいたマンチェスター・ユナイテッドの救世主となった。ファーガソン監督からは直接残るように要請を受け、サポーターからも残留を希望する声が聞こえていたが、退団後はヘルシンボリでプレーした。ヘンリク・ラーション フレッシュアイペディアより)

  • ニューウェルズ・オールドボーイズ

    ニューウェルズ・オールドボーイズから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    イギリス系移民によって設立されたため、スペイン語圏のアルゼンチンにあってクラブに英語を使用している。スペイン語では"s"は濁らずスと発音されるため、現地ではニューウェルス・オールド・ボーイスと発音される。選手育成力には定評があり、全国ユースリーグではボカ・ジュニアーズに次ぐ成績を収めている。1980年代以降では、アベル・バルボ(1987年デビュー)、ガブリエル・バティストゥータ(1988年デビュー)、ガブリエル・エインセ(1996年デビュー)、マキシ・ロドリゲス(1999年デビュー)、リオネル・メッシ(1995年から2000年まで下部組織に在籍)などのニューウェルズ出身選手がヨーロッパのビッグクラブに羽ばたいている。ニューウェルズ・オールドボーイズ フレッシュアイペディアより)

  • バロンドール

    バロンドールから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2009年度受賞のリオネル・メッシを攻撃の中核に据えたは準々決勝でドイツに敗れベスト8。メッシ自身も無得点に終わった。バロンドール フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008年には自身2度目のUEFAベストイレブンにも輝いた。彼にバロンドールを求める署名活動が起こり、1万人以上の署名が集まった。結果的に、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、フェルナンド・トーレスに次ぐゴールキーパーとして最高位の4位に入った。2008-09シーズンにはリーグ戦全試合に出場した。2008年冬の移籍市場でマンチェスター・シティはカシージャス引き抜きの為に違約金として史上最高額となる約175億円を用意したが、カシージャスはこの申し出を断った。2009年2月7日のラシン・サンタンデール戦で、フランシスコ・ブーヨが保持していたクラブのゴールキーパー最多出場記録(454試合)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤学

    齋藤学から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2012年シーズンから横浜FMに復帰し、中村俊輔からは「和風メッシ」と称された。齋藤学 フレッシュアイペディアより)

  • オアシス (バンド)

    オアシス (バンド)から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    意外な所では、メタリカのラーズ・ウルリッヒ、サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ、サッカーポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、元サッカーイタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロ、元サッカー日本代表の松田直樹、お笑い芸人の東野幸治らもオアシスのファンとして有名である。マリリン・マンソンとも交遊があり、ライブにノエルとリアムが招待された。オアシス (バンド) フレッシュアイペディアより)

133件中 101 - 110件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード