221件中 11 - 20件表示
  • ペドロ・ロドリゲス・レデスマ

    ペドロ・ロドリゲス・レデスマから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    カナリア諸島のテネリフェ島にあるサンタ・クルス・デ・テネリフェ出身であるが、幼少時代から熱狂的なFCバルセロナのファンであった。セグンダ・ディビシオンB(3部)のでプレーしていた16歳の時にFCバルセロナの下部組織(ラ・マシア)に加入した。リオネル・メッシと同い年だが、メッシは飛び級により上位チームでプレーしていたため、同じチームでプレーしたことはない。ペドロ・ロドリゲス・レデスマ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・テベス

    カルロス・テベスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2010 FIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦の対メキシコ戦で、前半26分にリオネル・メッシからのパスを受けて先制ゴールを決める。パスを受けたのはオフサイドポジションだったが、判定によりテベスのゴールが認められた。この試合でテベスはミドルシュートでもう1得点を挙げ、大会選定のマンオブザマッチに選出された。カルロス・テベス フレッシュアイペディアより)

  • ウイニングイレブン 2018

    ウイニングイレブン 2018から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    スアレス、 メッシ、イニエスタ、ジェラール ピケ、セルジ ロベルトの5名が描かれている。ウイニングイレブン 2018 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ロマン・アラルコン

    フランシスコ・ロマン・アラルコンから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    ロシアW杯予選のイタリア戦では、シュート決定率100%(2得点)にパス成功率95%の数値を記録。マルコ・ヴェッラッティは「メッシでもあのレベルに達していない」とコメントした。フランシスコ・ロマン・アラルコン フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    RCDマヨルカとのリーグ開幕戦は途中出場だったものの、ホーム初戦である第2節のCAオサスナ戦では先発に名を連ねて質の高いプレーを披露、交代の際には観客からスタンディングオベーションを浴びた。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では移籍後初ゴールも挙げた。初のコパ・デル・レイとなった12月22日のレバンテUD戦でも得点を挙げ、8-0での勝利に貢献した。2011年3月6日のラシン戦では2つのアシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。この試合後、母国ドイツを始め欧州や南米のメディアから「フットボールのモーツァルト」と高い評価を受けた。シーズンを通してプレーし、計53試合に出場し10得点を記録。特にアシストではリオネル・メッシを抑えて欧州最多となる26アシストを記録した。メスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • ネイマール

    ネイマールから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2017年5月、アメリカのESPNは世界で最も有名なアスリート100名を発表し、ネイマールは6位に選出された。サッカー選手ではクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシに次ぐ3位。ネイマール フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008-09シーズン、監督に就任したジョゼップ・グアルディオラの意向により一度戦力外通告を受けるが、最終的に残留する形で踏み止まると、10月25日の第8節UDアルメリア戦でバルサ史上最短の23分間でのハットトリックを達成し(この時点で8試合9得点を記録、バルサ在籍中の得点率が1.34試合となり、バルサ歴代2位につく)、リオネル・メッシ、アンリとともに世界最強ともいわれる3トップを組むと、自己最多、リーガ2位の30ゴールを記録し、チャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では決勝点を挙げた。3シーズンぶりのリーガ制覇とチャンピオンズリーグ、さらにはコパ・デル・レイをも制し、スペイン勢史上初の3冠獲得に大きく貢献した。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • セスク・ファブレガス

    セスク・ファブレガスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    FCバルセロナのカンテラで育つ。ここでリオネル・メッシやジェラール・ピケらと共にプレーした。2003年のU-17世界選手権にU-17スペイン代表の一員として出場し準優勝を果たす。自身も5ゴールを挙げて得点王となると共に、大会最優秀選手に選出された。FCバルセロナでも才能は認められていたものの、トップチームにはシャビやイニエスタなどの同ポジションの選手がいたため、大会後間もなく才能に惚れ込んだアーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルがスペイン、イングランドの労働法の隙間やFCバルセロナの会長選という期間を狙って移籍金なしで獲得した。その後、裁判所からFCバルセロナへの85万7000ユーロ(約1億2000万円=当時)の支払い命令が下った。セスク・ファブレガス フレッシュアイペディアより)

  • 2014 FIFAワールドカップ・決勝

    2014 FIFAワールドカップ・決勝から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    アルゼンチンはグループFに入り、初戦のボスニア・ヘルツェゴビナ戦を2-1で勝利し、2戦目のイラン戦では、相手の堅守に苦しめられるも後半アディショナルタイムのFWリオネル・メッシの得点で辛くも勝利、1戦を残して決勝トーナメント進出を決めた。グループリーグ最終戦のナイジェリア戦は打ち合いとなるも3-2で勝利し、3戦全勝でのグループ1位通過を決めた。決勝トーナメント1回戦ではスイスに対して最後まで決めきれず延長戦へ。しかし延長後半、アルゼンチンはFWアンヘル・ディ・マリアがゴールを挙げ勝利し、準々決勝へ駒を進めた。準々決勝ではベルギーと対戦。前半開始早々のFWゴンサロ・イグアインのゴールを守り切り1-0で勝利。24年ぶりとなる準決勝進出を決めた。準決勝は直前に亡くなったアルフレッド・ディ・ステファノを悼んで喪章をつけて臨んだ。試合は、2大会連続の決勝進出を目論んだオランダを相手に、延長戦を終えてスコアレスドロー。PK戦ではGKセルヒオ・ロメロが2本のPKを止める活躍。決勝進出に大いに貢献した。2014 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーアルゼンチン代表

    サッカーアルゼンチン代表から見たメッシリオネル・メッシ

    2002 FIFAワールドカップ・南米予選では圧倒的な成績で本大会出場を決め、2002 FIFAワールドカップ開幕前の前評判は高かったが、日本と韓国で共催された本大会では「死の組」に組み込まれ、ライバルのイングランドに敗れるなどしてグループリーグ敗退に終わった。2004年のアテネオリンピック圧倒的な成績を残し、国際大会史上初となる全試合無失点で金メダルを獲得した。2005年にはFIFAコンフェデレーションズカップ2005に出場したが、決勝でブラジルに敗れて準優勝に終わった。ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップではグループリーグで美しいサッカーを見せたが、準々決勝で開催国のドイツに敗れた。コパ・アメリカ2007では決勝まで進んだが、決勝ではブラジルに0-3で敗れて準優勝に終わった。2008年の北京オリンピックにはリオネル・メッシなどが出場し、グループリーグから6連勝を記録して再び金メダルを獲得した。2010 FIFAワールドカップに先立ってマラドーナが監督に就任すると、南アフリカで開催された本大会ではグループリーグを3戦全勝で通過し、決勝トーナメント1回戦ではメキシコに勝利したが、準々決勝のドイツ戦に大敗して大会から去った。コパ・アメリカ2011ではウルグアイと対戦した準々決勝に敗れ、セルヒオ・バティスタ監督が解任されてアレハンドロ・サベーラが新監督に就任した。2014年のワールドカップブラジル大会では、南米予選を首位で突破し、出場した。攻撃陣にメッシ、アグエロ、イグアイン、ディ・マリアといった世界クラスの選手を擁し、大会前から、開催国であるブラジル、前回王者であるスペイン、そしてドイツと並ぶ優勝候補の一角に数えられた。グループステージではエースメッシが全試合でゴールを挙げる大活躍で3連勝し、決勝トーナメントに進出した。しかし、一転して決勝トーナメントでは攻撃陣が機能せず苦戦を強いられた。しかし、安定した守備がこれを支え、無失点で決勝進出を決めた。決勝ではドイツと対戦。互角の戦いを見せ、延長戦にまでもつれ込んだが、延長後半に失点し、準優勝に終わった。メッシはこの大会のMVPに輝いた。大会後にサベーラ監督は辞任した。サッカーアルゼンチン代表 フレッシュアイペディアより)

221件中 11 - 20件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード