133件中 21 - 30件表示
  • アンチフットボール

    アンチフットボールから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2007年、イギリスのデイリー・テレグラフは、かつてジョゼ・モウリーニョ監督に率いられたチェルシーFCのプレースタイルを表現する際にこのフレーズを使った。ガーディアン・アンリミテッドのスポーツブログでもファビオ・カペッロ監督の下でのレアル・マドリードのプレースタイルをこう呼んだ。2007年10月23日、FCバルセロナのリオネル・メッシはUEFAチャンピオンズリーグで対戦した(アイブロックス・スタジアムでの試合は0-0の引き分けに終わった)レンジャーズFCのプレースタイルをアンチフットボールであると言及した。レンジャーズFCはFCバルセロナ戦の数週間前に行われたオリンピック・リヨン戦で3-0の勝利を収めていたが、この際のアラン・ペラン監督のチームもアンチフットボールであると非難されていた。アンチフットボール フレッシュアイペディアより)

  • マルセイユ・ルーレット

    マルセイユ・ルーレットから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    マルセイユ・ルーレット()は、サッカーの試合に固有の特殊なドリブル技術の一つである。マルセイユ・ターン、360、マラドーナ (Maradona)、ルーレット、グリンゴ (Gringo)、360ターンとしても知られている。リオネル・メッシ、ロナウジーニョ、クリスティアーノ・ロナウド、ジネディーヌ・ジダン、ティエリ・アンリ、カカ、ロビーニョ、ロナウドを含む数多くの著名なサッカー選手がマルセイユ・ルーレットを使用することが知られている。「マルセイユ」の名は、この技術がトレードマークとなっているジダンの出身地に由来する。マルセイユ・ルーレット フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ルベン

    マルコ・ルベンから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008年夏に開催された北京オリンピックにおける代表招集に際して、本来の代表選手であるリオネル・メッシの招集が危ぶまれた時に、その代役としてルベンの北京行きが検討された。グアテマラとのプレマッチでは得点も挙げたが、結局本大会のメンバーには選ばれなかった。マルコ・ルベン フレッシュアイペディアより)

  • トニ・カルボ

    トニ・カルボから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    1998年に11歳でバルセロナに入団。アレビンAカテゴリーからスタートする。同年代の選手たち(ジェラール・ピケやリオネル・メッシ、セスクなど)とシーズン無敗という黄金のカデッテBチームを形成した。トニ・カルボ フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックにおけるサッカー競技

    北京オリンピックにおけるサッカー競技から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    男子サッカーでは前回王者であり、2005年と2007年のFIFA U-20ワールドカップを連覇した時のメンバーであるメッシやアグエロらを擁し、オーバーエイジでマスチェラーノ、リケルメらを加えたメンバーで前評判が最も高かったアルゼンチン代表の戦いぶりと、オリンピックでは一度も金メダルを獲得をしたことがなく、オーバーエージ枠でロナウジーニョらを招集し臨戦態勢で臨んだブラジル代表の戦いぶりが注目を集めた。両チームは準決勝で対戦してアルゼンチンが圧勝、その後アルゼンチンは決勝でナイジェリアを下して連覇を達成した。一方ブラジル代表は3位決定戦でベルギー代表に勝利し銅メダルを獲得した。得点王には4得点をあげたイタリア代表のジュゼッペ・ロッシ。北京オリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のサッカー

    2011年のサッカーから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    【UEFA】新設されたUEFA欧州最優秀選手賞の決選投票がモナコで行われ、FCバルセロナのリオネル・メッシが選出された。2011年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・バラス・エレラ

    ハビエル・バラス・エレラから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2010-11シーズン中盤戦以降はパロップを控えに追いやってレギュラーポジションを獲得し、リーグ戦21試合に出場した。2011年夏のマルセリーノ・ガルシア・トラル監督就任後もレギュラーを維持し、10月2日のアトレティコ・マドリード戦ではラダメル・ファルカオやホセ・アントニオ・レジェスのシュートをセーブして勝ち点1獲得につなげ、10月17日のスポルティング・ヒホン戦でもオスカル・トレホやアルベルト・ボティアの決定機を防いだ。10月22日のFCバルセロナ戦では、それまでのリーグ戦7試合26得点のリーグ王者を相手に90分間無失点で凌いだ。後半ロスタイムのリオネル・メッシのPKを含む7本のシュートをセーブし、0-0の引き分けに持ち込むマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を見せた。しかし、2012年2月6日にマルセリーノが解任されてミチェル監督が就任するとパロップに再び定位置を奪われるようになった。さらに5月22日にはビジャレアルCFで長く守護神を務めてきたディエゴ・ロペス・ロドリゲスが加入し一転して立場が危うくなってしまった。ハビエル・バラス・エレラ フレッシュアイペディアより)

  • ガエル・カクタ

    ガエル・カクタから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    意外性のあるプレーに優れたドリブルテクニックを兼ね備えた攻撃的なミッドフィールダー。その技術の高さからフランク・ランパードに絶賛された。チェルシー・リザーブでは主にウイングやトップ下で起用されていた。小柄で俊敏なドリブルテクニックをもち、左を利き足とするところから、「フランスのメッシ」と呼ばれる。ガエル・カクタ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・ダレッサンドロ

    アンドレス・ダレッサンドロから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    リオネル・メッシの台頭まではディエゴ・マラドーナ本人に「後継者」と指名されていた選手。アンドレス・ダレッサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たメッシリオネル・メッシ

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

133件中 21 - 30件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード