133件中 31 - 40件表示
  • ペドロ・ムニティス

    ペドロ・ムニティスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2006年7月にラシン・サンタンデールに復帰し、2006-07シーズンはセルビア代表のFWニコラ・ジギッチと身長差が40cm近くあるコンビを組んだ。2007-08シーズンはUEFAカップ出場権を獲得する素晴らしいシーズンを送り、2009年4月19日のRCDエスパニョール戦ではラシン・サンタンデールでリーグ戦200試合出場を達成した。2009-10シーズンは再びチームに不可欠な存在となったが、2010年4月14日のRCDエスパニョール戦で膝を負傷し、一足早くシーズンを終えた。29試合に出場して無得点に終わったが、アシスト数ではFCバルセロナのFWリオネル・メッシに次ぐリーグ2位にランクインした。2009年春から得点がなかったが、2010年10月17日のUDアルメリア戦で30mの距離からのミドルシュートを決め、約1年半ぶりの得点でファンを喜ばせた。2010-11シーズンはミゲル・アンヘル・ポルトゥガル監督の下で再びレギュラーに返り咲いた。2011年12月3日のビジャレアルCF戦に出場してラシン・サンタンデールでのプリメーラ・ディビシオン出場試合数を285試合とし、主に1990年代に活躍したホセ・マリア・セバージョのクラブ記録を更新した。2012年夏にラシン・サンタンデールを退団した。ペドロ・ムニティス フレッシュアイペディアより)

  • マルク・バリエンテ

    マルク・バリエンテから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    1997年に10歳でFCバルセロナのカンテラに入団。アレビンAからスタートし以後各カテゴリーを順調にステップアップ。同世代にはセスク・ファブレガス、リオネル・メッシ、ジェラール・ピケ、ビクトール・バスケス、トニ・カルボ、フランク・ソンゴォなどがおり、彼らと共に黄金のカデッテチーム形成した。2005-06シーズンにはフベニルAからFCバルセロナCへステップアップするも、そのシーズンのほとんどをさらに上のカテゴリーであるFCバルセロナBで過ごす。2006-07シーズンにはセグンダ・ディビシオンB(3部)に所属するFCバルセロナBへ正式に昇格。ボージャン・クルキッチやジョバニ・ドス・サントス、ジェフレン・スアレス、バスケスら有望な選手を揃えるもチームは不振に喘ぎテルセーラ・ディビシオン(4部)へと降格した。マルク・バリエンテ フレッシュアイペディアより)

  • サッカー個人シーズンゴール数ランキング

    サッカー個人シーズンゴール数ランキングから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    リオネル・メッシ 60ゴール 2011/12シーズンサッカー個人シーズンゴール数ランキング フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・レシャック

    カルロス・レシャックから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    その後は2001年から2002年にかけて再度バルセロナの監督を務めた。特筆すべき成績は残せなかったが、レシャック時代には後にバルセロナの最年少得点記録を作ったリオネル・メッシが入団した。入団テストを受けているメッシを見たレシャックは「天才だ」と驚愕し、「紙ナプキンでも何でもいいから持ってきて、今すぐ契約書を作る」と言ったエピソードがある。カルロス・レシャック フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    前半43分、クロスボールに飛び込んだリオネル・メッシはGKイドリス・カルロス・カメニのパンチングより先に左手でボールに触れ、マラドーナの「神の手」ゴールを再現するようなゴールを決めた。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずのハンマープライス

    とんねるずのハンマープライスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    放送終了後から13年後に起きた2011年、東北地方・太平洋沖地震の発生を受け、その復興支援を目指し、とんねるずの冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』内で数回にわたって「とんねるずのハンマーオークション」が開催されている。出品者はとんねるずのほか、北野武、武豊、長友佑都、リオネル・メッシ、AKB48、ジョニー・デップなど。落札された金額は全額被災地への義援金としてユニセフ、日本赤十字社に寄付される。とんねるずのハンマープライス フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2004-05シーズンの決勝でリヴァプールFCが5度目の優勝を飾って優勝トロフィーの永久保持権を得たため、2005-06シーズンの優勝クラブには新たに製作された優勝トロフィーが与えられる。FCバルセロナはエトオの後ろにロナウジーニョ、MFデコ、FWリュドヴィク・ジュリを並べる4-2-3-1フォーメーションで臨むことが予想された。FWリオネル・メッシは準決勝のチェルシーFC戦セカンドレグで腿の筋肉を痛め、それ以来試合に出場していなかったため、決勝に出場できる健康状態か疑問視されていたが、22人の登録メンバーには入っていた。ところがフランク・ライカールト監督は彼の離脱を明言し、メッシは決勝には出場しなかった。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ハーバライフ

    ハーバライフから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    ハーバライフは世界40カ国以上のスポーツイベントに協賛しているほか、FCバルセロナ、インテルナツィオナーレ・ミラノ、ロサンゼルス・ギャラクシー、リオネル・メッシやカロリーナ・コストナーなどオリンピック代表選手を含む多くのアスリートやチームをサポートしている。ハーバライフ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ペロッティ

    ディエゴ・ペロッティから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2009年11月14日に行われるスペイン代表との親善試合に向けたアルゼンチン代表に初招集され、同試合の83分にリオネル・メッシとの交代で代表デビューを飾った。ディエゴ・ペロッティ フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・アルベロア

    アルバロ・アルベロアから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2007年1月31日、イングランド・プレミアリーグのリヴァプールFCに移籍し、約400万ユーロの移籍金がデポルティーボとレアル・マドリードに半分ずつ支払われた。2月10日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦でMFジャーメイン・ペナントとの途中交代でデビューした。UEFAチャンピオンズリーグのFCバルセロナ戦(アウェー)で初めてフル出場し、中央に切り込むことが得意なFWリオネル・メッシを止める役割を任せられて左サイドバックとして試合終了までプレーした。アルベロアはラファエル・ベニテスの期待に応えてメッシに良いプレーをさせず、前年度優勝チーム相手に2-1の勝利を収めた。移籍後初得点を挙げたのは4月7日のレディングFC戦であった。UEFAチャンピオンズリーグでは決勝に進出し、ACミラン戦に途中出場したが、1-2で敗れて準優勝に終わった。2007年夏には背番号が2から17に変更された。2007-08シーズンは好調なチームに合わせてアルベロアも調子を維持し、トップチームでの立ち位置を固めた。2009年5月18日のウェストブロムウィッチ・アルビオンFC戦では軽率なディフェンスをしたことでチームメイトのDFジェイミー・キャラガーと口論になり、副キャプテンであるキャラガーは「僕らは無失点を継続したい。レイナにゴールデン・グローブ賞を獲ってほしいんだ」と説明したが、ベニテス監督は事件に対するコメントを拒否した。リヴァプールFCでは2シーズンでリーグ戦66試合に出場した。アルバロ・アルベロア フレッシュアイペディアより)

133件中 31 - 40件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード