133件中 41 - 50件表示
  • ジエゴ・アウヴェス

    ジエゴ・アウヴェスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    PKストッパーとして知られる。2007-08シーズンから2010-11シーズン途中までの3年間に19本のPKを受けているが、そのうち10本をセーブし、さらに2本はキッカーが枠外に外しているため、この間のPKセーブ率は63%にも上る。クリスティアーノ・ロナウドがリーガ・エスパニョーラでPKを唯一外した際のキーパーはジエゴであるし、2011-12シーズンのコパ・デル・レイ準決勝FCバルセロナ戦ファーストレグではリオネル・メッシのキックを止めて引き分けに持ち込んだ。自身のアイドルはブラジル代表の英雄クラウディオ・タファレルとスペイン代表の守護神イケル・カシージャスである。ジエゴ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2006-07、2007-08シーズンと連続してリーグ優勝を逃したためにフランク・ライカールト監督が辞任し、かつてのチームメイトであるジョゼップ・グアルディオラが監督に就任した。2008-09シーズンは個人的にもクラブにとっても素晴らしいシーズンであり、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成したチームの中で重要な役割を担った。2008年12月20日、クラブとの契約を2014年まで延長し、クラブで最も高額な部類となる年俸750万ユーロに昇給した。2009年2月14日のベティス戦のフル出場で公式戦通算452試合フル出場を達成し、クラブ歴代2位のFWカルロス・レシャックのフル出場記録に並び、ランクの上にはDFミゲリ(548試合フル出場)しかいない。5月2日に行われたレアル・マドリードとのエル・クラシコでは4アシスト(プジョルとアンリに対して1アシスト、メッシに対して2アシスト)を決め、6-2と大勝してリーグタイトル獲得を決定づけた。ビルバオとのコパ・デル・レイ決勝では駄目押しとなる直接フリーキックを決めた。マンチェスター・ユナイテッドとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝では69分にリオネル・メッシの得点をアシストし、ペナルティエリアの外からゴールポストを叩くシュートを放った。最終的に2-0で勝利して自身2度目の優勝を果たし、同大会の最優秀MFに選出された。2008-09シーズンのリーグ戦ではリーグ最多の20アシストを記録し、UEFAチャンピオンズリーグでも最多の7アシストを記録した。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・ゴールデンシュー

    ヨーロッパ・ゴールデンシューから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    1967-68シーズンに表彰が始まり、1991年に一時中断。1996-97シーズンから各国リーグ間のレベル差を考慮したポイント制となり再開した。最多受賞回数は旧方式・現行ともにエウゼビオ、ゲルト・ミュラー、ドゥドゥ・ゲオルゲスク、フェルナンド・ゴメス(以上旧方式)、マリオ・ジャルデウ、ティエリ・アンリ、ディエゴ・フォルラン、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ(以上現行)の2回。ヨーロッパ・ゴールデンシュー フレッシュアイペディアより)

  • 田代 沙織

    田代沙織から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    趣味・特技は落語・なぞかけ以外にも読書(特にミステリー)、ダンス(HIP HOP、ベリーダンス、バレエ、かっぽれ)、映画鑑賞、キックボクシング(自身のイメージDVDでミット打ちやシャドーボクシングを披露している)、サッカー観戦等。特に、FCバルセロナの選手・リオネル・メッシのファンである。田代沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 国際Aマッチ

    国際Aマッチから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    従って、2012年12月25日の現時点においては、男子の場合、国際Aマッチデーではない日に行われる国際Aマッチ及び世界大会などの公式戦を含めた年代別代表の全ての試合(但し五輪男子本大会を除く)において、クラブ側は所属する選手の代表招集を拒否できる。現在の五輪男子サッカーの規定は、「本大会時点で23歳以下の選手の大会」であり、「本大会においては、24歳以上のオーバーエイジ3人を加えることが出来る」となっており、五輪男子サッカーは年代別代表の世界大会である。北京五輪男子サッカーのメッシ招集問題で、FCバルセロナの訴えを受けたスポーツ仲裁裁判所(CAS)が2008年8月6日、「クラブには選手を五輪男子サッカーに解放すべき法的な義務はない」と結論づけた。その為、例え五輪男子本大会でもクラブ側が代表招集を拒否出来ることになっていた。その後、FIFAは2012年3月29日?30日のFIFA理事会で、五輪男子本大会に出場する五輪男子代表に選出された「23歳以下の選手」の代表招集をクラブ側は拒否できないと決めた。なお、FIFAはこの五輪男子派遣義務決定事項は既存のFIFA規則で強制力を持たせられるとの考えを示した。強制力の根拠として、選手の地位に関するFIFA規則の「FIFA理事会の特別決議に基づく、選手の派遣義務」を引用している。但し、オーバーエイジの選手に関しては、クラブ側が五輪男子代表招集を拒否できる。国際Aマッチ フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010

    ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    イメージキャラクターはリオネル・メッシとフェルナンド・トーレス。実況は前作に続き、ジョン・カビラ。今回のキーワードは2つ。「突破せよ。」「速攻をかけろ。」ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011

    ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011』(英語表記:WORLD SOCCER Winning Eleven 2011、欧州名:Pro Evolution Soccer 2011)は、コナミデジタルエンタテインメントから発売されるウイイレシリーズの14作目(PS、PS2、PS3の通算。Jリーグ版、ファイナルエヴォリューション等は除く)。略称は『ウイイレ 2011』。イメージキャラクターはリオネル・メッシワールドサッカー ウイニングイレブン 2011 フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・パレッタ

    ガブリエル・パレッタから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2004年にCAバンフィエルドでプロデビュー。2005年には、U-20アルゼンチン代表としてリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロらとともにFIFAワールドユース選手権優勝に貢献する。ガブリエル・パレッタ フレッシュアイペディアより)

  • カンテラ

    カンテラから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    1990年代以降にはシャビやリオネル・メッシ、イニエスタ、ビクトール・バルデス、カルレス・プジョル、ジェラール・ピケなどを輩出し、現にトップチームで活躍する選手の多くはカンテラ出身である。ほか、アーセナルFCのセスク・ファブレガス(2011年に古巣・バルセロナに移籍)、リバプールFCのホセ・マヌエル・レイナなどのように他チームで開花する選手も多い。現・バルセロナ監督のジョゼップ・グアルディオラもカンテラ出身である。カンテラ フレッシュアイペディアより)

  • ティキ・タカ

    ティキ・タカから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    ヨハン・クライフがFCバルセロナの指揮をとった1988-1996年の間に後のティキ・タカの元となるプレースタイルが創られ、後任を務めたルイ・ファン・ハールとフランク・ライカールトが発展させ、このスタイルがスペインリーグの他のチームにも広まっていった。そして、グアルディオラがバルセロナの指揮をとった2008年から2012年の間にシャビ、アンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガス、リオネル・メッシなどの、肉体的な強さはないがボールを扱う技術に長けた選手達により、さらに発展したものとなったティキ・タカを用いた場合、選手達は選手間で複数のパスコースを確保しながらパスを回し、ゴールへの道筋を作る。ティキ・タカ フレッシュアイペディアより)

133件中 41 - 50件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード