221件中 51 - 60件表示
  • ハビエル・バラス・エレラ

    ハビエル・バラス・エレラから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2010-11シーズン中盤戦以降はパロップを控えに追いやってレギュラーポジションを獲得し、リーグ戦21試合に出場した。2011年夏のマルセリーノ・ガルシア・トラル監督就任後もレギュラーを維持し、10月2日のアトレティコ・マドリード戦ではラダメル・ファルカオやホセ・アントニオ・レジェスのシュートをセーブして勝ち点1獲得につなげ、10月17日のスポルティング・デ・ヒホン戦でもオスカル・トレホやアルベルト・ボティアの決定機を防いだ。10月22日のFCバルセロナ戦では、それまでのリーグ戦7試合26得点のリーグ王者を相手に90分間無失点で凌いだ。後半ロスタイムのリオネル・メッシのPKを含む7本のシュートをセーブし、0-0の引き分けに持ち込むマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を見せた。しかし、2012年2月6日にマルセリーノが解任されてミチェル監督が就任するとパロップに再び定位置を奪われるようになった。さらに5月22日にはビジャレアルCFで長く守護神を務めてきたディエゴ・ロペスが加入し一転して立場が危うくなってしまった。ハビエル・バラス・エレラ フレッシュアイペディアより)

  • ハーバライフ

    ハーバライフから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    ハーバライフは世界40カ国以上のスポーツイベントに協賛しているほか、FCバルセロナ、インテルナツィオナーレ・ミラノ、ロサンゼルス・ギャラクシー、リオネル・メッシやカロリーナ・コストナーなどオリンピック代表選手を含む多くのアスリートやチームをサポートしている。現在はクリスチアーノ ロナウドとスポンサー契約をしお互いの信頼関係に基づいて活動を行う。また、ロナウドとの共同開発により【24】シリーズを発売 2016年夏には日本上陸しヘルシーアクティブライフスタイルに貢献している。ハーバライフ フレッシュアイペディアより)

  • マルク・バリエンテ

    マルク・バリエンテから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    1997年に10歳でFCバルセロナのカンテラに入団。アレビンAからスタートし以後各カテゴリーを順調にステップアップ。同世代にはセスク・ファブレガス、リオネル・メッシ、ジェラール・ピケ、ビクトール・バスケス、トニ・カルボ、フランク・ソンゴォなどがおり、彼らと共に黄金のカデッテチーム形成した。2005-06シーズンにはフベニルAからFCバルセロナCへステップアップするも、そのシーズンのほとんどをさらに上のカテゴリーであるFCバルセロナBで過ごす。2006-07シーズンにはセグンダ・ディビシオンB(3部)に所属するFCバルセロナBへ正式に昇格。ボージャン・クルキッチやジョバニ・ドス・サントス、ジェフレン・スアレス、バスケスら有望な選手を揃えるもチームは不振に喘ぎテルセーラ・ディビシオン(4部)へと降格した。マルク・バリエンテ フレッシュアイペディアより)

  • UEFA欧州最優秀選手賞

    UEFA欧州最優秀選手賞から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    バロンドールは欧州最優秀選手賞として設立されたものの2007年度より対象が世界に拡大し、2010年度よりFIFA最優秀選手賞に統合されFIFAバロンドールとなった。これにより選考方法はバロンドールに由来するジャーナリストによる投票に、FIFA最優秀選手賞に由来する各国代表の主将、監督による投票が加えられるものとなっていた。2010年のバロンドールの受賞者発表後、プラティニはリオネル・メッシの受賞に不満を示し、「FIFAワールドカップが開かれた年に優勝国の選手、監督が評価されない」ことに苦言を呈すとともに、「旧来のバロンドール精神」を受け継いだ新たな賞の設立を表明した。実際、2010年のFIFAバロンドールの投票では記者投票で1位だったヴェスレイ・スナイデルが各国代表選手、監督による投票を加えると上位3人にも残らなくなるなど、その選考方法には疑問がなされていた。UEFA欧州最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    、後半にリオネル・メッシ、ダビド・ビジャのゴールでバルセロナが勝ち越し、結果バルセロナが通算4度目となるチャンピオンズ・リーグ優勝を成し遂げたUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • オレクサンドル・アリエフ

    オレクサンドル・アリエフから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    在籍中にアリエフはU-20ウクライナ代表に選出され、2005 FIFAワールドユース選手権に出場。得点王となったリオネル・メッシに次ぐ5得点を挙げた。オレクサンドル・アリエフ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ルベン

    マルコ・ルベンから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008年夏に開催された北京オリンピックにおける代表招集に際して、本来の代表選手であるリオネル・メッシの招集が危ぶまれた時に、その代役としてルベンの北京行きが検討された。グアテマラとのプレマッチでは得点も挙げたが、結局本大会のメンバーには選ばれなかった。マルコ・ルベン フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    6月24日 - リオネル・メッシ(アルゼンチン、サッカー)1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    前半43分、クロスボールに飛び込んだリオネル・メッシはGKイドリス・カルロス・カメニのパンチングより先に左手でボールに触れ、マラドーナの「神の手」ゴールを再現するようなゴールを決めた。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 池笑然

    池笑然から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    池 笑然 (チ・ソヨン、ハングル: 、ラテン翻字: JI So-yun、1991年2月21日 - ) は、大韓民国ソウル特別市出身の女子サッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィルダー。韓国では「女メッシ」の異名を持つ。池笑然 フレッシュアイペディアより)

221件中 51 - 60件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード

  • プレイステーション

  • プレイステーション クラシック SCPH−1000R

  • 物価が弱めで推移しているにもかかわらず、事あるごとに(金融緩和を縮小させる)いわゆる出口観測が高まる