221件中 61 - 70件表示
  • ペドロ・ムニティス

    ペドロ・ムニティスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2006年7月にラシン・サンタンデールに復帰し、2006-07シーズンはセルビア代表のFWニコラ・ジギッチと身長差が40cm近くあるコンビを組んだ。2007-08シーズンはUEFAカップ出場権を獲得するシーズンを送り、2009年4月19日のRCDエスパニョール戦ではラシン・サンタンデールでリーグ戦200試合出場を達成した。2009-10シーズンは再びチームに不可欠な存在となったが、2010年4月14日のRCDエスパニョール戦で膝を負傷し、一足早くシーズンを終えた。29試合に出場して無得点に終わったが、アシスト数ではFCバルセロナのFWリオネル・メッシに次ぐリーグ2位にランクインした。2009年春から得点がなかったが、2010年10月17日のUDアルメリア戦で30mの距離からのミドルシュートを決め、約1年半ぶりの得点でファンを喜ばせた。2010-11シーズンはミゲル・アンヘル・ポルトゥガル監督の下で再びレギュラーに返り咲いた。2011年12月3日のビジャレアルCF戦に出場してラシン・サンタンデールでのプリメーラ・ディビシオン出場試合数を285試合とし、主に1990年代に活躍したホセ・マリア・セバージョのクラブ記録を更新した。2012年夏にラシン・サンタンデールを退団した。ペドロ・ムニティス フレッシュアイペディアより)

  • どぉーだ!Presents タカトシ牧場

    どぉーだ!Presents タカトシ牧場から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    タカ社長が「リオネル・メッシ」より命名。どぉーだ!Presents タカトシ牧場 フレッシュアイペディアより)

  • カンテラ

    カンテラから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    1990年代以降にはシャビやリオネル・メッシ、イニエスタ、ビクトル・バルデス、カルレス・プジョル、ジェラール・ピケなどを輩出し、現にトップチームで活躍する選手の多くはカンテラ出身である。ほか、アーセナルFCのセスク・ファブレガス(2011年に古巣・バルセロナに移籍)、SSCナポリのホセ・マヌエル・レイナなどのように他チームで開花する選手も多い。また、2011-2012シーズンまでのバルセロナ監督のジョゼップ・グアルディオラもカンテラ出身である。カンテラ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2004-05シーズンの決勝でリヴァプールFCが5度目の優勝を飾って優勝トロフィーの永久保持権を得たため、2005-06シーズンの優勝クラブには新たに製作された優勝トロフィーが与えられる。FCバルセロナはエトオの後ろにロナウジーニョ、MFデコ、FWリュドヴィク・ジュリを並べる4-2-3-1フォーメーションで臨むことが予想された。FWリオネル・メッシは準決勝のチェルシーFC戦セカンドレグで腿の筋肉を痛め、それ以来試合に出場していなかったため、決勝に出場できる健康状態か疑問視されていたが、22人の登録メンバーには入っていた。ところがフランク・ライカールト監督は彼の離脱を明言し、メッシは決勝には出場しなかった。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • フワヨ・テンボ

    フワヨ・テンボから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2013-14シーズンはヨーロッパリーグ2回戦のオモニア・ニコシア(キプロス)戦、3回戦のFK ASトレンチーン(スロバキア)戦で4試合連続で得点に絡み、3得点1アシストを記録した。しかし、8月22日のマッカビ・ハイファFC(イスラエル)とのプレーオフ1stレグに続いて、国内リーグでも同25日のFCペトロルル・プロイェシュティ戦に敗れると、責任を負わされる形でクラブとの関係が悪化、次の試合からベンチ外になった。この連敗の後、アストラ代表者のヨアン・ニクラエがテレビでテンボを批判し、1ユーロで放出する(実質的な契約解除)と報道されていたが、テンボがルーマニア紙とのインタビュー記事で「メッシも調子が悪いときがある。」などと応戦したことにより、ニクラエが態度を豹変させ、「移籍金120万ユーロでのオファーがなければ契約満了となる2015年6月30日までアストラにいる」と言う趣旨の発言(事実上の飼い殺し宣言)をした。このときチームメートの瀬戸貴幸がテンボをチームに戻すようにニクラエに電話で懇願したと言う記事がルーマニア紙に掲載されたが、瀬戸本人は公式Twitterで否定して自分ではなく、ケヒンデ・ファタイのことだと投稿した。。フワヨ・テンボ フレッシュアイペディアより)

  • レアンドロ・デペトリス

    レアンドロ・デペトリスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    ニューウェルズ・オールドボーイズのユースでキャリアをスタートし、当時チームメイトであったリオネル・メッシと共に将来を嘱望された。イタリアの名門クラブ、ACミランに12歳にして入団した。この当時は10代の少年の移籍は多くなかったため、世界中で話題となった。その後一旦帰国し、母国の名門CAリーベル・プレートに入団、ユース選手としてプレーしていたが2005年に再びイタリアに渡り、セリエBのブレシア・カルチョに入団。18歳未満のユーロ域外の選手の登録を禁ずるFIFAの条約によりしばらくは出場できなかったが、デビューするとたちまち好プレーを披露した。レアンドロ・デペトリス フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ナッシュ

    スティーブ・ナッシュから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    サッカー一家に育ち、自身も少年時代はサッカーに熱中していたことから、NBAでも屈指のサッカーフリークとして知られる。お気に入りのチームはプレミアリーグのトッテナム・ホットスパーFC。これはナッシュの父の出身がロンドンのトッテナムであり、熱狂的なサポーターであったことからである。マーベリックス時代のチームメイト、ダーク・ノヴィツキーとは、サッカーを通して親交を深めている。また世界的なサッカー選手であるアレッサンドロ・デル・ピエロ、ティエリ・アンリ、オーウェン・ハーグリーヴス、マッシモ・アンブロジーニ、スティーブ・マクマナマン、リオネル・メッシ、ハビエル・マスチェラーノらとも個人的な親交を持っており、毎年オフに開催されるナッシュのチャリティーサッカーゲームには多数の現役サッカー選手が参加している。スティーブ・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のサッカー

    2011年のサッカーから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    【UEFA】新設されたUEFA欧州最優秀選手賞の決選投票がモナコで行われ、FCバルセロナのリオネル・メッシが選出された。2011年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のサッカー

    2012年のサッカーから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    【スペイン】レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドとFCバルセロナのリオネル・メッシがともにこの日のリーグ戦でシーズン41得点目を決め、スペイン1部リーグのシーズン最多得点記録を更新した。2012年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のサッカー

    2013年のサッカーから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    【FIFA】FIFAバロンドールが発表され、男子はリオネル・メッシ、女子はアビー・ワンバックがそれぞれ受賞した。2013年のサッカー フレッシュアイペディアより)

221件中 61 - 70件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード