133件中 71 - 80件表示
  • アンデルソン・ソアレス・ダ・シルバ

    アンデルソン・ソアレス・ダ・シルバから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2007年よりオエステFCに所属し、同クラブのサポーターによって「黒いメッシ (Messi Black)」というニックネームを付けられる。アンデルソン・ソアレス・ダ・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス (サッカー選手)

    ラファエル・マルケス (サッカー選手)から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2006 FIFAワールドカップ後、マルケスは2010年6月までの延長契約にサインした。2006-07シーズンに負傷したにも関わらず2007年夏には他クラブへの移籍が噂され、クラブでの未来は漠然としたものであった。コパ・アメリカ2007でトップフォームを取り戻し、大会有数のディフェンダーとして3位というまずまずの結果を得た。2007-08シーズンは素晴らしいスタートを切り、キャプテンのカルレス・プジョルの負傷離脱中は新加入のガブリエル・ミリートと強固な信頼関係を築いた。しかし、度重なる怪我によりフォームを崩た後半戦はほとんどチームに貢献できず、チームもビジャレアルCFに追い抜かれてリーグ戦3位に終わった。2008年夏にはアメリカのヒューストンで開催された「フリーキックマスターズ2008」という大会に出場し、ロナウジーニョ、リオネル・メッシ、ロマーリオら多くの名フリーキッカーを抑えて優勝し、優勝トロフィーと共に賞金100万ドル(約1億円)を獲得した。ラファエル・マルケス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・アウヴェス

    ダニエウ・アウヴェスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    8月13日のUEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦のヴィスワ・クラクフ戦でデビューを飾り、8月31日のヌマンシア戦でリーグデビューを飾った。2008-09シーズンはレギュラーとしてリオネル・メッシとともに右サイドから攻撃を展開。自己最多となる5ゴールを挙げるなど、バルセロナのリーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイの3冠獲得に貢献した。ただし、UEFAチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦には累積警告により出場できなかった。ダニエウ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

  • 南泰煕

    南泰煕から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    憧れている選手は朴智星、リオネル・メッシである。南泰煕 フレッシュアイペディアより)

  • オレクサンドル・アリエフ

    オレクサンドル・アリエフから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    在籍中にアリエフはU-20ウクライナ代表に選出され、2005 FIFAワールドユース選手権に出場。得点王となったリオネル・メッシに次ぐ5得点を挙げた。オレクサンドル・アリエフ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    、後半にリオネル・メッシ、ダビド・ビジャのゴールでバルセロナが勝ち越し、結果バルセロナが通算4度目となるチャンピオンズ・リーグ優勝を成し遂げたUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカーダイジェスト

    ワールドサッカーダイジェストから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    現在はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと同代表FWセルヒオ・アグエロがWSD誌上で文通する「レオ&クンのAmigo Mio(スペイン語で「マイフレンド」の意)」が連載(偶数月)されている。ワールドサッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • ポゼッションフットボール

    ポゼッションフットボールから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    ショートパスを多用するということはそれだけ攻めあがるのに時間がかかるということであり、その間に相手チームのディフェンスラインが整ってしまう。そのためゴール前までは繋げてもその後の最後の一手(ゴール)が決まりづらくなるという欠点もある。前述のFCバルセロナではその欠点をリオネル・メッシという不世出のストライカーの個人技で補っている。ポゼッションフットボール フレッシュアイペディアより)

  • 大竹洋平

    大竹洋平から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    FC東京の下部組織からの生え抜き選手。左足を活かした鋭いドリブル突破や、スルーパスで攻撃をリードする姿から関係者には「東京のメッシ」とも呼ばれている。2009年に背番号を「30」から「19」に替えたのもメッシにちなんでのものである。大竹洋平 フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・クラニチャール

    ニコ・クラニチャールから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    U-16、17、19、21と各年代の代表を経験し、2004年8月18日に行われたイスラエル代表との親善試合でA代表デビューを飾った。2006 FIFAワールドカップの予選ではレギュラーとして9試合に出場し、2ゴールを挙げ、eurosport.comが選出するワールドカップで注目の若手選手にリオネル・メッシ、ルーカス・ポドルスキ、サリー・ムンタリといった選手たちとともに選ばれた。ワールドカップではグループステージ3試合に出場し、印象的な活躍を見せた。ニコ・クラニチャール フレッシュアイペディアより)

133件中 71 - 80件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード