221件中 81 - 90件表示
  • ディエゴ・ペロッティ

    ディエゴ・ペロッティから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2009年11月14日に行われたスペインとの親善試合に向けたアルゼンチン代表に初招集され、同試合の83分にリオネル・メッシとの交代で代表デビューを飾った。ディエゴ・ペロッティ フレッシュアイペディアより)

  • 南泰煕

    南泰煕から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    憧れている選手は朴智星、リオネル・メッシである。南泰煕 フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・アルベロア

    アルバロ・アルベロアから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2月10日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦でMFジャーメイン・ペナントとの途中交代でデビューした。UEFAチャンピオンズリーグのFCバルセロナ戦(アウェー)で初めてフル出場し、中央に切り込むことが得意なFWリオネル・メッシを止める役割を任せられて左サイドバックとして試合終了までプレーした。アルベロアはラファエル・ベニテスの期待に応えてメッシに良いプレーをさせず、前年度優勝チーム相手に2-1の勝利を収めた。アルバロ・アルベロア フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・エル・シャーラウィ

    ステファン・エル・シャーラウィから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    プレースタイルはクリスティアーノ・ロナウドと比較され、カカを手本としている。ジョゼ・アルタフィーニは「ネイマールやリオネル・メッシのように重力を感じさせず、まるでボールが足にくっついているようだ。彼は既に偉大な選手で、過度な負担を掛けないことが大事だ。」と評する。ステファン・エル・シャーラウィ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・レシャック

    カルロス・レシャックから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    スペイン帰国後は2001年から2002年にかけて再びバルセロナの監督を務めた。特筆すべき成績は残せなかったが、後にバルセロナの最年少得点記録を作ったリオネル・メッシが入団テストを受けに来た際に、当時13歳に満たなかった彼の才能を見出し、「彼は天才だ。紙ナプキンでも、なんでもいいからサインさせろ」と言って契約を結ばせたエピソードが知られる。カルロス・レシャック フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・シルヴェストル

    ミカエル・シルヴェストルから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    アーセナルへ加入した当初は負傷の影響から試合に出られない状況が続き、2008年10月のリザーブでのストーク・シティ戦で初出場、センターバックを務めた18日のエヴァートン戦で待望の公式戦初出場を飾ると、2試合目の出場となったUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09でのフェネルバフチェSK戦では、ダニエル・グイサのシュートが当たってしまい不運な形でオウンゴールとなったが、後半にアレクサンドル・ソングの得点をアシストした。10月29日のトッテナムとのノース・ロンドン・ダービー(4-4)で移籍後初得点を挙げているが、守備の甘さから試合後に他2名と共にアーセン・ヴェンゲル監督に名指しで非難された。2010年4月6日のUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10でのFCバルセロナ戦でソル・キャンベルとウィリアム・ギャラスが体調不良や負傷の影響から先発しているが、リオネル・メッシのパスを防ぐも、跳ね返ったところをペナルティーエリア外からメッシに決められて失点に関与し、4月15日のトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーではガレス・ベイルへの守備の甘さに加え、ジャーメイン・デフォーのベイルへのパスを簡単に通らせてしまったことに加え、ベイルへのマークの甘さによってまたしても失点に関与してしまい、チームの僅かながらの優勝の可能性が潰えた。シーズン終了後の6月に契約満了に伴い退団が決定となり、アーセナルの2季でUEFAチャンピオンズリーグに9試合、リーグ戦に先発21試合出場した。ミカエル・シルヴェストル フレッシュアイペディアより)

  • ホナス・グティエレス

    ホナス・グティエレスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    A代表デビューは、2007年2月に行われたフランス代表との親善試合であり、2キャップ目は、9月11日のオーストラリア代表戦で記録した。2008年から2010年までアルゼンチン代表監督を務めたディエゴ・マラドーナは「今の代表チームは、マスチェラーノ、メッシ、ホナスと8人の選手によるチームだ」と表現し、グティエレスを重用した。初ゴールは2009年2月11日に行われたフランス代表との親善試合で、前半に記録した。2010 FIFAワールドカップでは右サイドバックとして出場し、グループリーグ初戦と第2戦では先発出場したがともに警告を受けてしまい、第3戦は累積警告で出場停止となり、これ以降はニコラス・オタメンディにスタメンを奪われた。ホナス・グティエレス フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリク・ラーション

    ヘンリク・ラーションから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2005年12月28日に、2005-06シーズンいっぱいでバルセロナを退団し、母国スウェーデンへ戻ることを発表した。2006年7月から古巣ヘルシンボリIFに復帰。ハビエル・サビオラ、サミュエル・エトオ、リオネル・メッシの3名のフォワードを欠くバルセロナが再獲得を目指すとの報道がなされたが、2006年12月にマンチェスター・ユナイテッドが3ヶ月間の期限付きで獲得することが発表された。これはスウェーデン国内リーグの開催期間が4月?10月と短い点を突いた「裏ワザ」的な獲得であり、前線の駒不足に悩んでいたマンチェスター・ユナイテッドの補強となった。デビュー戦となったFAカップ、3rdラウンドのアストンビラ戦でゴールを決めた 。1月31日のワットホード戦でプレミアリーグでの唯一のゴールを決めた。チームやファーガソン監督からは直接残るように要請を受けたが、退団後はヘルシンボリでプレーした。ヘンリク・ラーション フレッシュアイペディアより)

  • 駒井善成

    駒井善成から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    「古都のメッシ」とも称されるドリブラー。細かく軽やかなステップと一瞬の速さで相手を抜き去る独特のドリブルで、サイドからの突破を得意としている。京都ジュニアユースで指導を受けた中村順の助言によりその技術に磨きをかけた。駒井善成 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のサッカー

    2017年のサッカーから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    【不祥事】スペイン最高裁判所、リオネル・メッシ(FCバルセロナ)が、2007年から2009年にかけ発生した肖像権収入約410万ユーロを脱税したとして、実父ともども、同国バルセロナ地方裁判所から200万ユーロの罰金および1年9か月の禁錮刑を科されていた件で、地裁判決を支持し、メッシ側の上訴を棄却、刑が確定するも、執行猶予で収監は免れる見込み。2017年のサッカー フレッシュアイペディアより)

221件中 81 - 90件表示

「リオネル・メッシ」のニューストピックワード