リカルジーニョ ニュース&Wiki etc.

リカルジーニョことヒカルド・アウヴェス・ペレイラ(Ricardo Alves Pereira "Ricardinho"、1988年8月8日 - )は、ブラジル出身のプロサッカー選手。JリーグのFC東京所属。ポジションはフォワード。 (出典:Wikipedia)

「リカルジーニョ」最新ニュース

「リカルジーニョ」Q&A

  • Q&A

    フットサルについてリカルジーニョやファルカンは日本でも有名ですが、他にも注目すべき選…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2011年1月4日 00:54

  • Q&A

    来季、横浜FCの「ホベルト選手」がFC東京に移籍するようですが彼のプレーはリカルジー…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2010年12月31日 09:15

  • Q&A

    リカルジーニョは、もう日本にはいないのですか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2010年12月30日 22:10

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「リカルド・アウベス・ペレイラ」のつながり調べ

  • 大竹洋平

    大竹洋平から見たリカルド・アウベス・ペレイラ

    2010年、5月22日のナビスコカップ予選リーグ第3節アルビレックス新潟戦で14か月ぶりとなるゴールを決める。相手GKのタイミングをずらしてのシュートに、城福監督から「指導者が指導できない発想で点を取ってくれた」と称えられた。同年第24節は城福に替わり大熊清監督が指揮を執ったが、怪我人の復帰に伴うメンバー再編や、FWのリカルジーニョが大竹と同じ攻撃的MFにポジションを変えたことなどから、大熊就任以降のリーグ戦での出場機会は3試合にとどまった。しかし、控え組主体で臨んだ天皇杯4回戦ジェフ千葉戦では2ゴールの活躍。「最後まで(フル出場しても)運動量が落ちなかった」「自分に自信をもってプレーできている」と成長を実感したそうだ。(大竹洋平 フレッシュアイペディアより)

  • FC東京

    FC東京から見たリカルド・アウベス・ペレイラ

    2002年からユニフォームの胸スポンサーだったENEOSが撤退。2010年は、それが強化資金に影響を及ぼし、理想通りの補強が進まなかった。前述のとおり浅利が引退、藤山がコンサドーレ札幌に移籍。さらに、茂庭照幸に戦力外を通告、契約交渉で折り合わずブルーノ・クアドロスが退団、佐原秀樹が期限付き移籍期間満了に伴い川崎フロンターレに復帰した。退団が相次いだセンターバックには大分トリニータから森重真人、全州大学校からキム・ヨングンを、また、アルビレックス新潟から松下年宏を、ABC FCからリカルジーニョを期限付き移籍で獲得。これにより、選手の平均年齢はJ1で2番目の若さとなり、登録選手はJ1最小の26人となった。シーズン開幕直前、米本拓司が前十字靭帯・半月板を損傷。梶山陽平も左足首手術からのコンディション調整に苦しみ、序盤は昨年のレギュラーボランチ二名を欠く厳しい選手構成となった。開幕戦こそ4年ぶりに勝利を収めたが(1-0 対横浜FM・味スタ)、J1中断期間前までは得失点ともに少なく引き分ける試合が多かった。(FC東京 フレッシュアイペディアより)

「リカルド・アウベス・ペレイラ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「リカルジーニョ」のニューストピックワード