前へ 1 次へ
3件中 1 - 3件表示
  • FC東京

    FC東京から見たリカルド・アウベス・ペレイラリカルド・アウベス・ペレイラ

    2002年からユニフォームの胸スポンサーだったENEOSが撤退。また、浅利悟が引退、藤山竜仁が札幌へ移籍。茂庭照幸に戦力外を通告、契約交渉で折り合わずブルーノ・クアドロスが退団、佐原秀樹が期限付き移籍期間満了に伴い、川崎に復帰した。退団が相次いだセンターバックには大分から森重真人、全州大学校からキム・ヨングンを、また、新潟からMF松下年宏を、ブラジルのABC FCからFWリカルジーニョを期限付き移籍で獲得するも、登録選手はJ1最少の26人、選手の平均年齢はJ1で2番目の若さという陣容だった。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹洋平

    大竹洋平から見たリカルド・アウベス・ペレイラリカルド・アウベス・ペレイラ

    2010年、5月22日のナビスコカップ予選リーグ第3節新潟戦で14か月ぶりとなる得点を決める。相手GKのタイミングをずらしてのシュートに、城福監督から「指導者が指導できない発想で点を取ってくれた」と称えられた。同年第24節からは城福に替わり大熊清監督が指揮を執ったが、怪我人の復帰に伴うメンバー再編や、FWのリカルジーニョが大竹と同じ攻撃的MFにポジションを変えたことなどから、大熊就任以降のリーグ戦での出場機会は3試合にとどまった。しかし、控え組主体で臨んだ天皇杯4回戦千葉戦では2得点の活躍。「最後まで(フル出場しても)運動量が落ちなかった」「自分に自信をもってプレーできている」と成長を実感。大熊は2011年の指揮を執るにあたって「狭いところでパスを出せる田邉草民と大竹洋平をホントに鍛え、戦力にしたい」と名指して期待を示したが、田邉が出場機会を増やす一方で大竹は途中出場が続いた。大竹洋平 フレッシュアイペディアより)

  • リカルジーニョ

    リカルジーニョから見たリカルド・アウベス・ペレイラリカルド・アウベス・ペレイラ

    リカルド・アウベス・ペレイラ (Ricardo Alves Pereira) - ブラジル出身のサッカー選手の登録名。FC東京に所属した。リカルジーニョ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
3件中 1 - 3件表示

「リカルジーニョ」のニューストピックワード