リコー ニュース&Wiki etc.

株式会社リコー(英:Ricoh Company, Ltd. )は、東京都大田区中馬込一丁目にある事務機器、光学機器などの製造を行っているメーカーである。主に複写機、ファクシミリ、レーザープリンターやそれらの複合機、デジタルカメラなどの製造・販売を手掛ける。創業者は市村清。 (出典:Wikipedia)

「リコー」マーケット概況 / 関連情報

チャート

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「リコー」のつながり調べ

  • レンズマウント

    レンズマウントから見たリコー

    当時のバヨネット式マウントとしては比較的後発のマウントであったため始めから機械式絞り値連動機能を持ち、絞り優先AEが可能である。ユニバーサルマウントを目指し規格を公開したため、マニュアルフォーカス時代には、リコー、チノン、コシナ等々、国内外の様々なメーカーに採用された。後にマルチモードに対応のために電子接点が追加され、その拡張マウントの規格は非公開となったものの、マニュアルフォーカス時代には大きな影響はなかった。大半の電子接点がマウント表面に設けられているのが特徴的。基本的な連動機構が機械的に行われているため新旧機種同士の互換性の保持が容易であり、そのままオートフォーカス化も実現した。オートフォーカス対応レンズも初代Kマウント機でマニュアルフォーカスレンズとして使用可能であるが、最新のデジタル専用レンズでは絞り環が省略され、イメージサークルの違いもあり、旧銀塩機種での使用は保障されていない。逆に初期のマニュアルフォーカスレンズは一部制約があるが、最新のデジタル一眼レフカメラでも使用可能である。(レンズマウント フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad 235

    ThinkPad 235から見たリコー

    リコーとIBMとの共同出資による会社であるライオス・システムが開発した、いわゆるチャンドラ2のIBM版である。前モデルのチャンドラはThinkPad 535シリーズとの競合等の理由でThinkPadとして発売されることはなかったが、本モデルはライオス・システムやそのOEM先としてのフロンティア神代(RT166mini)、日立(FLORA Prius note 210)、エプソンダイレクト(Endevor TK-300)や日本オフィス・システム(NP-40N)からの先行発売が好評だったこと等を受け、IBMからもThinkPad 235として発売されるに至った。(ThinkPad 235 フレッシュアイペディアより)

「リコー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

関連サイト

「リコー」
地図情報

「リコー」のニューストピックワード