234件中 11 - 20件表示
  • アンスコ

    アンスコから見たリコーリコー

    初期には自製し高級木製カメラメーカーとして有名になったが、アグフアとの合併後はアグフア・ゲバルト、ミノルタ(現コニカミノルタホールディングス)、リコー、チノンなどからのOEMが主体となりまた大衆向けとなった。日本国内の代理店はシュリロ貿易(現シュリロトレーディング)だったが駒村商会でも取り扱いがあった。アンスコ フレッシュアイペディアより)

  • マイティーチャー

    マイティーチャーから見たリコーリコー

    マイティーチャー(MY TEACHER)とは、リコー教育機器株式会社(現:リコーエレメックス株式会社)より、製造・開発された家庭用学習材の一種であり、現在、製造・販売はされていない。マイティーチャー フレッシュアイペディアより)

  • レンズマウント

    レンズマウントから見たリコーリコー

    ペンタックスKマウント - 口径約45mm、フランジバック45.46mm、装着角65度(右回転)。旭光学工業(現ペンタックス)より1975年に発売されたアサヒペンタックスK2以降の35mm判一眼レフカメラに採用。名称の由来は「King of SLR」。従来のプラクチカスクリュー (M42)マウントの連動機能の限界から開発された。当時のバヨネット式マウントとしては比較的後発のマウントであったため始めから機械式絞り値連動機能を持ち、絞り優先AEが可能である。ユニバーサルマウントを目指し規格を公開したため、マニュアルフォーカス時代には、リコー、チノン、コシナ等々、国内外の様々なメーカーに採用された。後にマルチモードに対応のために電子接点が追加され、その拡張マウントの規格は非公開となったものの、マニュアルフォーカス時代には大きな影響はなかった。大半の電子接点がマウント表面に設けられているのが特徴的。基本的な連動機構が機械的に行われているため新旧機種同士の互換性の保持が容易であり、そのままオートフォーカス化も実現した。オートフォーカス対応レンズも初代Kマウント機でマニュアルフォーカスレンズとして使用可能であるが、最新のデジタル専用レンズでは絞り環が省略され、イメージサークルの違いもあり、旧銀塩機種での使用は保障されていない。逆に初期のマニュアルフォーカスレンズは一部制約があるが、最新のデジタル一眼レフカメラでも使用可能である。また一部のデジタル一眼では、マニュアルフォーカスレンズの使用時に焦点距離の選択や、絞り込み測光の設定項目が現れるなど特別なサポート機能が存在する。レンズマウント フレッシュアイペディアより)

  • あぶない刑事

    あぶない刑事から見たリコーリコー

    「RETURNS」ではPC関係の機材協力がNECだったのに対し当時舘は富士通のCMに出ていたことから、タカが指を舐めて画面操作しようとしたところをユージに「指タッチじゃねぇんだぞ」と突っ込まれている。なお、電気機器関係機材協力はテレビ第1作目〜またまたまでが番組メインスポンサーのリコー(同社が当時持たない録音機材などは主にソニーを使用)、もっと〜もっとも、FOREVER THE MOVIEが三菱電機(もっとでは、番組スポンサーも兼ねていた)、RETURNSがNEC、FOREVER TV SPECIAL'98、まだまだが富士通であった。あぶない刑事 フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たリコーリコー

    1970年代まではゼロックス・コーポレーションが保有するゼログラフィー技術の特許により乾式普通紙複写機の市場を独占していたが、特許の独占権の失効以後は低価格・小型化を武器とするキヤノン・リコー・コニカミノルタ・三田工業(現在の京セラドキュメントソリューションズ)などの日本企業に次第に市場を侵食され、高速機や大型機では強みを発揮し続けているものの国内販売台数シェアではキヤノン、リコーに続く第3位の地位に甘んじている。しかし、コピー/プリント枚数(コピー・ボリューム、ドキュメント・ボリューム)では高速機市場での強みを活かし、依然として国内シェアはトップである。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 女流王座戦

    女流王座戦から見たリコーリコー

    リコー杯女流王座戦(リコーはいじょりゅうおうざせん)は、リコーが主催・日本経済新聞社が特別協力する将棋の女流タイトル戦。2011年創設。10月頃から挑戦手合制の五番勝負が行われ、勝者には女流王座の称号が与えられる。優勝賞金は女流棋戦ではマイナビ女子オープンと並ぶ最高額の500万円、準優勝賞金は150万円である。女流王座戦 フレッシュアイペディアより)

  • 芙蓉グループ

    芙蓉グループから見たリコーリコー

    またグループ共同提供テレビ番組としてフジテレビ系で「ザ・ドキュメント タイム&タイド」→「ドキュメント日本人」→「満足!迷い旅」(この3つは日曜朝8:30?9:00で長らく放送。現在この枠は「新報道2001」の後半枠と「千葉の贈り物〜まごころ配達人〜」)→「感動エクスプレス」(祝祭日を中心に不定期で放送)、「FISワールドカップジャンプ札幌大会」(北海道放送・TBS系列と札幌テレビ・日本テレビ系列・隔年ごとに放送。現在はリコーを中心とした複数社提供)などのテレビ番組を提供していたが、現在では提供番組は存在していないなどグループとしての対外活動も以前より低下している。芙蓉グループ フレッシュアイペディアより)

  • 池田市

    池田市から見たリコーリコー

    市の南西部には、ダイハツ工業やとよすの本社・工場、リコーの池田事業所、第一屋製パンの大阪空港工場等が立地している。また、江戸時代中期頃に、伊丹酒と並んで有名であった池田酒の伝統を引き継ぐ、呉春酒造も健在である。池田市 フレッシュアイペディアより)

  • 環境コミュニケーション大賞

    環境コミュニケーション大賞から見たリコーリコー

    環境報告優秀賞 - シャープ、西友、積水化学工業、大栄環境グループ、リコー、リコー福井事業所、ワタミ環境コミュニケーション大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル・マウント

    ユニバーサル・マウントから見たリコーリコー

    エルンスト・ライツ(現ライカ)が制定し多数のメーカーが採用したライカLマウントやライカMマウント、イハゲーがキネエクサクタ用に制定して東京光学(現トプコン)が採用したエクサクタマウント、ツァイス・イコンがコンタックスS用に制定し旭光学工業(現ペンタックス)、富士フイルム、リコー、マミヤ光機(現マミヤ・オーピー)等多数のメーカーが採用したM42マウント、旭光学工業(現ペンタックス)が制定しリコー、コシナ、ケンコー等が採用したKマウント等がこれに当たる。デッケルが開発したが機種識別爪をつけてしまったため当時としては互換性がなかったデッケルマウントもユニバーサルマウントと呼ぶ場合がある。ユニバーサル・マウント フレッシュアイペディアより)

234件中 11 - 20件表示

「リコー」のニューストピックワード